脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 家庭用脱毛器とサロン脱毛、徹底比較!

ムダ毛処理は家派?サロン派?

家庭用脱毛器とサロン脱毛、徹底比較!

家庭用脱毛器 脚の脱毛 自己処理 脱毛器 料金

脱毛エステサロンもこのところ価格が安くなり、 家庭用脱毛器も性能が上がっています。 脱毛を始める時「結局、どちらがいいのだろう?」と悩む方も多いのではないでしょうか? 人によって毛の多い少ないがあるため、単純に比較はできませんが、ワキ、アンダー、うで、すね、全身脱毛をした場合、どちらがお得なのでしょうか? それぞれの特徴と共に比較します。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家庭用脱毛器とサロン脱毛、徹底比較!

脱毛エステと家庭用脱毛機、自分はどちら向き?

脱毛を始める時、脱毛エステと家庭用脱毛機のどちら自分に向いているのか分らなくて悩みますよね。

脱毛に関する考え方や毛量、気になる部位は人によって違います。ここでは、一般的な悩みと特徴からエステと家庭用脱毛機のどちらがその方に向いているかを一覧にしました。

エステと家庭用脱毛機で、どちらにしようか迷っている人は自分の特徴と比べ、参考にしてください。

脱毛エステがオススメの方

●部分脱毛を考えている方

両脇だけやVラインなど小さいパーツの部分脱毛であれば、今ならキャンペーンで500円など低価格での脱毛が可能。

●背中やOゾーンなど、自分では難しい個所の脱毛を考えている方

自分一人では手の届かない部位は専門のスタッフに任せた方が安心・確実です。

●毛が少ない、脱毛個所が少ない方

毛が少ない、脱毛個所が少ない方は、エステでも価格を抑えられるため有利です。

●もの凄く毛量が多く濃い方

毛が多く、脱毛個所も多い方は、脱毛回数無制限、無期限で通えるエステが有利です。
何よりエステサロンの機械方が家庭用より照射エネルギーが大きく、剛毛にも対応しています。

●過去に脱毛サロンに通っており少しだけ生えてきた方

既に脱毛が完了して、ちょろちょろっと生えて来ているような場合、1ショットから受けられるエステが有利です。

●美意識が高く、比較的時間とお金に余裕がある方

総合的に肌をメンテナンスしてくれるエステは仕上がりも綺麗です。またいざという時、肌トラブルにも対応してくれます。

●肌についての知識があまりない方

自分で脱毛をするためには肌や毛周期、美容についての知識が必要ですが、脱毛エステなら、代わりにそれらをスタッフが持っています。

●おおざっぱな方

機械での脱毛は照射面も小さく、広い範囲を脱毛したい場合にはたくさんの回数光を当てる必要があります。
自分でこまめな施術が必要なほか、良く冷やす必要などもあり手間はかかりますが、脱毛エステなら、そういった手間もなく続けられますね。

家庭用脱毛器がオススメな方

●毛が多く脱毛個所も多く、低価格に脱毛がしたい方

家庭用脱毛器は、比較的毛量の多い方はにとりお得に脱毛ができます。気になる部位を全部脱毛ができるし、追加料金もちろん必要ありません。

●早くVIO脱毛をすませたい方

生理の周期で、突然施行ができなくなるケースの多いVIOライン。それに2カ月に一度の脱毛を受けていては何年もかかる部位です。もちろん人に見られることに抵抗のある人もいるでしょう。
家庭用脱毛器なら自分の好きなタイミングで脱毛できます。
そしてIOは粘膜ぎりぎりまで施行して欲しいですが、やけどの心配があるため、サロンによって照射範囲に差があり、毛が残りやすい場所です。

●近くに脱毛エステがない方

通いたくても近くに脱毛エステがない方にとって自宅で手軽にできる家庭用脱毛器はお勧めです。遠くまで時間とお金をかけて通う必要もありません。

●家族など複数人で使用したい方

女性はもちろん男性のひげなどの脱毛も可能なので、親子や兄弟・姉妹で使用するなら、さらにリーズナブル。手の届かないところはお互い施術し合うなど、一人よりももっと便利に使用できます。

●肌についての知識がある方

自分で脱毛するためには肌や毛周期、美容やケアについての知識が必要です。
知識に自信がある方であれば、セルフケアにありがちなトラブルにも対応していけるでしょう。

●こまめな方

機械での脱毛は照射面も小さく、広い範囲を脱毛したい場合、たくさんの回数光を当てる必要があり、こまめな施術が必要です。
良く冷やす、清潔にするなど一定の知識も個人にも求められます。「脱毛を受けたことがない!」という方にはあまりおすすめができません。

●過去に脱毛サロンに通っており、残った脱毛部位をしたい方

既に多くの部位の脱毛が完了して、でもまだ残った部位がある。脱毛に関する知識もあり、もうあまり大きな金額を費やしたくないという方にお勧めです。

家庭用脱毛機、脱毛エステのお得度チェック!

脱毛を始める時、高い買い物になるのでエステと家庭用脱毛機のどちらが安く脱毛できるか考えますよね?

チェーン展開を行っている大手脱毛サロンでは、価格の安い脱毛のキャンペーンが増えています。500円や600円でワキとV両方永久脱毛できたりします。

「これぐらい安ければ、高価な家庭用脱毛機よりサロンの方が安く脱毛できるんじゃない?」と思われるかもしれません。

では、どこまで脱毛をするならそれぞれが有利になのでしょうか?

ワキとVライン以外に脱毛が必要となるひざ下とひじ下、そしてVIOを、効果が感じられる8回受けた場合にミュゼとジェイエステで比較してみました。

人気の家庭用脱毛機ケノン

今回比較のために用いる家庭用脱毛器は、楽天の週間脱毛器ランキングで260週連続1位を獲得している超売れ筋脱毛器「ケノン」です。この機械は脱毛が終わっても美顔機として使用できます。

金額

全身脱毛と美顔ができ価格は69,990円でした。
使用した機械でもヤフオクで高額取引されるほどの人気ぶりです。(2017年3月調べ25,500円)

購入特典、キャンペーンやお得な時期

時期によりいろいろなキャンペーンが行われています。
そのため本体購入時にプレゼントは少なめの、カートリッジは3つとなります。
このカートリッジは、ケノン公式販売サイトで最大で5つのプレゼントされることもあるようです。

プレゼントが増える時期は?

このプレゼントが増える時期は、これまで
●大型連休前
●クリスマスなどのイベント前
●消費税増税前
などの時に特典が増えたようです。
ケノン購入を検討しているなら、平日と連休前の価格の違いや時期によるプレゼント内容の違いを確認してみてくださいね。

脱毛エステと家庭用脱毛機ケノンの金額を比較

脱毛エステはワキとVラインの脱毛が、とにかく安いのが特徴です。
ですがそれ以外の個所は、キャンペーンでもそれなりに高額となります。

              

どれぐらい脱毛エステを受けたら、家庭用脱毛機のほうがお得になるの?

もしワキとVライン以外に脱毛をしたい個所が「1か所」までならミュゼやジェイエステのキャンペーンを使い脱毛するとお得です。

ワキ以外にも脱毛したい部位が「2か所」以上ある場合は、家庭用脱毛機がお得になります。

ですが毛量が多く「全身を脱毛がしたい」のであれば、最近安くなってきた月額制の全身脱毛をオススメします。理由は全身を自分一人で行うのは大変すぎるからです。

●全身脱毛なら脱毛エステがオススメの理由

・全身を自分一人で行うのには時間がかかりすぎる。
・家庭用脱毛器は1回の照射範囲が狭い。
・自分では見えない部分のお手入れが困難。

脱毛エステと家庭用脱毛器、それぞれのメリット!

脱毛エステと家庭用脱毛器は、同じように思えますが実はメリットに違いがあります。
メリットを知って自分にあった方法で行うことで高い満足感を得ることができます。
ではそれぞれの違いを見てみましょう。

脱毛サロンのメリット

脱毛エステとは、脱毛を専門に行っているエステサロンであり、専門知識が豊富なエスティシャンによって私たちの肌を処理してもらうことができます。
そのため安全で確実に綺麗に脱毛できることが特徴です。

●メリット
・専門知識のエスティシャンによって処理してもらえるため、安全で確実に脱毛できる
・背中など手の届かない所まで脱毛が可能
・脱毛効果が高い
・アフターケアまで行ってくれるため肌へのダメージが少ない

またエステで使われる光は、照射エネルギーが高いため脱毛効果も高いです。アフターケアまで行ってくれるため肌へのダメージが少ないので、デリケートな肌の方に向いています。
VIOや手の届かない背中などのムダ毛は、自己処理は難しく、すぐにのびてくるムダ毛をこまめに処理するのは大変ですよね。そういった点を解消してくれるのが、脱毛エステです。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットと言えば、やはりいつでも好きな時に脱毛ができるということです。
忙しいスケジュールを調整することなく自分の好きな時間に脱毛ができ、サロンへ出かける手間も不要です。
また恥ずかしいVIOなどのデリケートゾーンも人の目を気にせず処理ができます。
そして何と言っても回数や脱毛範囲を気にせず安く脱毛できるのが特徴です。

●メリット
・好きな時にお手入れが可能
・出向く手間が無い
・人の目を気にせずデリケートゾーンの処理ができる
・安く脱毛ができる

脱毛エステと家庭用脱毛器、悩みを解決してくれるのはどっち?

値段やメリット以外で、選ぶ際に決め手となるのは「その人のかかえる不安や悩みを解決してくれる」ことでしょう。
では、脱毛エステと家庭用脱毛器と、どちらがより多く解決してくれるのでしょう?
それでは疑問ごとに見てみましょう

Q.仕上がりはどちらが綺麗?

◎脱毛エステ △家庭用脱毛器
脱毛エステの場合、専用のケアアイテムを使用し処理後の乾燥や赤みもケアしてもらえるため、つるつるのお肌が手に入ります。
家庭用脱毛機の場合、素人が行うためどうしても毛周期や肌の状態についての知識が少なく、やればやるだけ毛が無くなると思い、過剰に光を照射してしまう方もいます。
また冷却や保湿を怠り、痒みなどトラブルが出る人もいます。

Q.アフターケアは?

◎脱毛エステ △家庭用脱毛器
脱毛サロンですと照射時にオリジナルジェルを使ってくれます。また終わった後、保湿ジェルで保護してくれます。家庭用脱毛機は照射時に何もつける必要はないとされており、アフターケアは個人で買い求め保湿剤で塗布を行う事になります。そのため保湿を怠ればトラブルの原因となります。

Q.脱毛効果は?

◎脱毛エステ ○家庭用脱毛器
最近は「エステに導入されている業務用脱毛機器と同程度の出力が出せる」などと謳った家庭用脱毛器も登場しています。
しかし、やはり家庭用脱毛器は、技術的なトレーニングを受けていない一般人が使用するため、出力に制限がかけられています。
そのため濃い部分に効果が出にくいといった意見も見られます。
効果はエステや脱毛サロンより、家庭用脱毛器のほうが低いと考えておきましょう。

Q.失敗やトラブルの責任は?

◎脱毛エステ △家庭用脱毛器
家庭用脱毛器は安全性に考慮した設計になっていますが、知識不足により火傷や炎症などの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。
この場合、家庭用脱毛器の使用には、自己責任が問われます。
エステやクリニックであれば、肌トラブルに対する経験が蓄積されており迅速な対処・対応が望めます。

Q.時間が自由になるのは?

△脱毛エステ ◎家庭用脱毛器
忙しい現代女性にとって、自分の好きなタイミングで脱毛をできるというのは、とても大きなメリットです。そこで時間と場所を選ばないという点は、家庭用脱毛器最大の魅力の一つと言えるでしょう。

Q.カウンセリングや勧誘は?

○脱毛エステ ◎家庭用脱毛器
家庭用脱毛器なら勧誘にあうリスクがないですね。
でも脱毛エステのメリットは、専門知識を持つプロによるカウンセリングや施術が受けられるところにあります。それらを考慮し脱毛エステか家庭用脱毛器を選ぶといいでしょう。

Q.VIOなどデリケートゾーンは?

◎脱毛エステ ○家庭用脱毛器
IOラインは自分では見えづらい個所のため、脱毛エステが向いています。
ですがVIOといったデリケートゾーンを他人に見られたり触られることに抵抗があるという女性も多いようです。その場合家庭用脱毛器を選ぶといいでしょう。

Q.予約や脱毛間隔は?

△脱毛エステ ◎家庭用脱毛器
脱毛サロンだと2カ月に一回の施行になりますが、家庭用脱毛機であれば2週間に1回照射ができます。
また人気のサロンなら3カ月後まで予約がいっぱいなこともありますが、家庭用脱毛機であればいつでも可能です。

Q.手間はどっちが楽?

◎脱毛エステ △家庭用脱毛器
脱毛サロンですと予約や通う必要がありますが、施行自体は専門のスタッフがしてくれるため寝ているだけで終わります。家庭用脱毛機は自宅で手軽にいつでも脱毛できますが、自分で光を当てるため結構大変です。

さて、自分の悩みを解決してくれるのはどちらでしたでしょうか?
是非、選ぶ参考にして下さい。

まとめ

家庭用脱毛機と脱毛エステサロンは、長期で多数の個所脱毛をする場合、金額的に差が出てきます。もちろん通うことで交通費や時間もかかりますが、それでもサロンに通う方が後を絶たない理由の一つに、ほとんどの女性にとってエステに通う事は楽しい!というプラスの側面があります。

脱毛エステサロンは、楽しくリフレッシュしたい、手軽に綺麗になりたいという女性に向いています。

一方では家庭用脱毛機でのセルフケアには手間や知識が必要ですが、美に関することが好きな人は、脱毛の知識を覚えたり、セルフケアが楽しさや癒しに繋がる場合もあります。そういった女性には家庭用脱毛機が向いています。

どちらにしても綺麗になって行く過程は、女性にとってとても幸福感をもたらしてくれます。最終的には、それぞれ自分の体質や経済状態、自分の好みにあった方法を選ぶといいですね。