カミソリと家庭用脱毛器の違いについて | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ カミソリと家庭用脱毛器の違いについて

ムダ毛処理のキホン!

カミソリと家庭用脱毛器の違いについて

家庭用脱毛器光脱毛黒ずみ埋没毛毛抜きカミソリ自己処理

女性にとってムダ毛の処理は頭を悩ます問題の1つですが、処理の方法は人それぞれですよね。ムダ毛を自分で処理をしているという人や脱毛サロンに通っているという人など、自分に合った処理の方法を行なっていると思いますが、自己処理を行う際に手軽に処理が行えるカミソリを使ってるという人も多いのではないでしょうか。また、家庭用脱毛器を使って脱毛処理をしているという人も多いと思いますが、それぞれの処理方法にはメリットとデメリットがあるのです。意外に知っている人も少ないメリットとデメリットですが、今回はカミソリと家庭用脱毛器の違いについて紹介していきますのでぜひ、参考にしてみてください。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムダ毛の自己処理はカミソリが多い

季節が変わり夏などには露出が多い服装などを着る機会が多いですが、ムダ毛の処理も大変になりますよね。特に冬場は長袖を着るため腕の毛などは放ったらかしで油断しているという人も多いのではないでしょうか。急に半袖などを着ることになった場合には困るという人もいますよね。

普段から自己処理を行なっている女性も多いですが、自己処理を行う際に使われているグッズとしてはカミソリが一番多いのです。カミソリであればシャワータイムに気軽に使えるため、サっと処理することができますよね。

特に中学生や高校生も自己処理はカミソリを使っているという人が多いようです。中には家庭用脱毛器を使用している人もいますが、時間がかかることや毛が抜ける際の痛みもあるためカミソリ派の人が多いのです。

また、ムダ毛処理用のカミソリはドラッグストアで気軽に購入することもでき、値段もリーズナブルなものが多いので学生でも手に入りやすいのです。家庭用脱毛器であれば値段も高くなってしまい気軽には買えないという人も多いです。

そんな便利なカミソリですが、メリットやデメリットがあるのでカミソリでの処理についてみていきましょう。

カミソリでのムダ毛処理について

気軽に使えて便利なカミソリですが、カミソリで行うムダ毛の処理についてみていきましょう。

カミソリを使うメリットとデメリット

カミソリを使って行うムダ毛処理にはメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 気軽にできる
  • コストがかからない
  • シャワータイムにできる

ムダ毛の処理に時間をかけたくない!と思っている女性も多いと思います。仕事や学校で疲れて帰ってきてゆっくりしたいのにムダ毛処理に時間がかかるなんて嫌!という人もいますよね。カミソリを使うことでシャワータイムに気軽にカンタンに処理することができるので便利です。また、カミソリ自体も値段はそこまで高くないので、気軽に手に入ることもメリットの1つです。

デメリット

  • 剃った後の肌がキレイに見えない
  • 肌や毛穴が汚くなる
  • すぐに毛が伸びる
  • 処理跡が目立ち触るとチクチクする

デメリットとしては、カミソリで処理を行うと肌に細かい傷がついてしまうため透明感がなくキレイに見えないということがあります。また、カミソリでの処理が刺激となり肌や毛穴が汚くなってしまったり、処理跡の黒いポツポツとした跡が目立ち、毛が伸びてくるとチクチクとした肌さわりになってしまいます。

ムダ毛を気軽に処理できるのは嬉しいですが、肌へのダメージも大きく処理後のお肌もキレイに保つことができないので見た目にも自信を持つことができないですよね。

なぜカミソリで処理をすると肌が傷ついたりしてしまうのでしょうか。

カミソリでの処理方法についてみていきましょう。

カミソリは肌の角質まで削り取ってしまう

カミソリは痛みもなく気軽に使うことができますが、実は毛だけではなく肌の角質まで剃り落としてしまっているのです。

カミソリを見たことがある人はわかると思いますが、刃が直接肌に触れて生えている毛を切り落とすという仕組みなので、お肌にもダメージを与えてしまうのです。

また、カミソリの刃を斜めに当てるため毛の断面が斜めになってしまい、黒いポツポツとした跡が目立ってしまうのです。

カミソリで処理を行うことでこんなトラブルも起こってしまうようです。

カミソリの処理で起こるトラブルとは?

カミソリでの処理を続けているとお肌にはよくないトラブルも起きやすくなってしまい、お肌がキレイに見えなくなってしまうこともあります。

カミソリの処理で起こるトラブル

  • 色素沈着
  • 埋没毛
  • 肌荒れ
  • 黒いポツポツができる

それぞれのトラブルを詳しく見ていきましょう。

色素沈着

色素沈着とはその名の通り肌が黒ずんでしまうというものです。せっかくお肌をキレイにするために処理をしているのに黒ずんでしまってはショックですよね。
これは、カミソリを使い続けることによって肌が刺激を受けてしまいメラニンを生成することで起こります。特にカミソリでのムダ毛の処理は刺激が強く、長年続けていると肌が黒くなってしまいがちです。

埋没毛

埋没毛とは、毛が皮膚の外に出ず皮膚の内側で毛が伸びてしまうというトラブルです。

カミソリで切った断面は鋭利なため毛穴の中で引っかかってしまいあらぬ方向へ伸びてしまったり、カミソリでできた細やかな傷が癒着したりかさぶたを作ることで毛の出口をふさいでしまうことで起こります。

肌荒れ

カミソリで処理をしていると、よくカミソリ負けなどの言葉を聞くことがあると思います。カミソリで剃ったあとは肌荒れや炎症が起こるという人も多いですよね。

カミソリは毛と一緒に肌の角質まで削り取ってしまうため、肌の水分保持ができなくなってしまいます。そのため肌が乾燥してしまうのです。

それだけでなく、角質を削り取ってしまうことで皮膚が厚く硬くなってしまうことも。また、角質、ウイルスや細菌などから肌を守る役割を担っており、肌が削り取られ無数の傷がついた皮膚からは最近が侵入しやすくなってしまい、毛穴や肌が炎症を起こしてしまうのです。

黒いポツポツができる

カミソリで剃った断面は太くなり、黒くポツポツとして見えます。

さらに、カミソリでの処理は毛穴の周りを削ってしまうため、削られた毛穴の周りが成長して盛り上がってしまいます。そして盛り上がった毛穴の毛が目立って見えてしまうのです。

カミソリでの処理を続けることで毛穴が毛に押されて広がり、広がった毛穴に皮脂や角質がたまりやすいくなり酸化して黒くなってしまいます。

このようにカミソリを使うことでスキントラブルなども起こりやすくなってしまうのです。

では、家庭用脱毛器について見ていきましょう。

家庭用脱毛器でのムダ毛処理について

自宅で脱毛を行おうと思うと毛抜きで1本1本抜いていくということになりますが、時間もかかり大変ですよね。でも家庭用脱毛器があれば広範囲でも脱毛を行うことができます。

カミソリと違って黒いポツポツも目立たなくなり、毛が生えてくるまでツルツルが維持することができますよね。

家庭用脱毛器と言っても色々な種類があるのです。

  • フラッシュ式
  • レーザー式
  • サーミコン式
  • ローラー式
  • バルジ式

代表的な家庭用脱毛器の種類はこの4つですが、それぞれの違いを紹介していきます。

フラッシュ式

脱毛をしたい部分に光を当てて毛根にダメージを与えることで脱毛を行います。照射してから1週間〜3週間ほどで毛が抜け落ち、続けて行うことで徐々にムダ毛が細くなり生えにくくなってきます。

レーザー式

医療機関で使用する医療レーザー脱毛器を家庭でも安全に扱えるように改良したものです。フラッシュ式と同様にメラミン色素に反応するレーザーを当てて毛根にダメージを与えることで脱毛します。

サーミコン式

熱したワイヤーを毛に当ててカットをします。毛を毛根からなくす脱毛ではなく、肌の表面に出ている毛を処理するため除毛しかできません。

ローラー式

ローラーが回転して毛を挟んで抜き取っていくものです。毛抜きでの処理を機械でおこなているイメージです。毛根から処理をする脱毛ができますが、サーミコン式と同様に一時的な効果しかないため継続的な手入れが必要です。

バルジ式

フラッシュ式やレーザー式と同様に光を照射しますが、こちらは、毛を生やすように指示を出すバルジ領域という部分にダメージを与えて脱毛を行います。このバルジ領域は発見されたばかりで研究段階の方式です。

フラッシュ式やレーザー式は値段も高く、気軽に購入することが難しいと感じている人も多いと思います。一般的な家庭で使用されているローラー式の家庭用脱毛器について紹介していきます。

ローラー式家庭用脱毛器を使うメリット・デメリット

毛を脱毛してくれる便利で自宅で気軽に脱毛が行える便利な脱毛器ですが、メリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • コンパクトで軽量
  • 価格も安い
  • 痛みが少ないものも多い
  • 生えてくるまで時間がある
  • 水がなくても使用できる

家庭用脱毛器もコンパクトで手に収まるサイズのものが多く、軽量で持ち運びにも最適です。価格も低価格で手に入りやすい製品が増えてきているのもメリットです。また、生えてくるまでの時間がカミソリより長く、水がなくても使用できるため場所を選ばずに処理できるのが良い点です。そして、脱毛と聞くと痛いイメージがありますが、最近では痛みが少ないものが増えてきておりカンタンに処理することができます。

デメリット

  • 定期的に処理をしなければならない
  • 毛穴に大きな負担がかかる
  • 処理するときに痛みがある
  • 時間がかかる

デメリットとしては、永久脱毛ではないため伸びてきたら定期的な処理が必要になります。また、毛を抜くため毛穴に大きな負担がかかてしまいカミソリと同様のトラブルを引き起こすこともあります。そして、処理をする際に多少なりとも痛みが生じることも多く、我慢が必要なこともあります。気軽に脱毛ができるという点ではメリットですが、時間がかかってしまうこともあるのでデメリットとして挙げられます。

ローラー式脱毛器は毛根から毛を抜く

家庭用脱毛器の中では、ローラー式脱毛器がリーズナブルで手に入りやすいアイテムですが、その仕組みはローラー部分が毛を引っ張り抜き取るというものです。

ローラー部分に毛を捉える引っ掛かりがついており、その引っ掛かりに毛を引っ掛けて引っ張るのです。原理は毛抜きと同じです。

毛抜きよりも肌に負担が少なく、一度に何本も抜くことができますが、ある程度毛が伸びていないと処理を行うことができないので2〜3mmは伸ばす必要があります。

脱毛器で処理をしたお肌は、カミソリと違って黒ポツポツも目立つことなく見た目もキレイになります。

脱毛器でもスキントラブルは起きる

ローラー式の脱毛器を使えば見た目もキレイなお肌を保つことができますが、スキントラブルも起きてしまうようです。

ローラー式脱毛器で起こるトラブル

  • 埋没毛
  • 毛嚢炎
  • 色素沈着
  • 血が出る

カミソリと同様のトラブルも多いので、毛嚢炎と出血について紹介していきます。

毛嚢炎

毛嚢炎とは、皮膚の病気のことであり、毛を包んでいる毛包という部分が炎症を起こしてしまっている状態です。原因としては、毛を抜いた後に毛穴の中にばい菌が入り込んでしまい、炎症を起こして赤く膨れたり白っぽいニキビのようなものができるのです。

毛嚢炎とニキビは違うものであり、見た目は一緒ですが毛嚢炎は周囲が赤く腫れています。カミソリの処理と違って毛を抜いてしまうため、毛が抜けた空っぽの毛穴が空気に触れてしまうことで起きてしまうのです。

血が出る

ローラー式の脱毛器は、毛を無理矢理引きちぎってしまうため、毛穴の底から血が出ることがあります。また、毛根部が毛穴を通過するときに毛穴内部の側面を傷つけてしまうため血が出てしまうのです。

カミソリでも刃によって皮膚が傷つき出血することもありますが、脱毛器では毛穴から出血してしまうのです。

自分に合った自己処理を行うために

ムダ毛の自己処理の方法はどれが良いんだろうと悩む女性も多いと思います。脱毛サロンなどの方法もありますが、できれば自分で処理をしたいと考えている人も多いですよね。

自己処理を行う方法やグッズにもメリットやデメリットがあるので、しっかり理解をして処理を行うことが自己処理をキレイに行うポイントなのです。今回はカミソリと家庭用脱毛器の違いについて紹介しましたので参考にしてみてください。



3000人の経験者が選んだ!脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.1
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.0

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも多きな特徴です。まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

キレイモに関する口コミ

avatar

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています.../(46~50歳、女性)

キレイモの公式サイトで確認

2エルセーヌ

総合評価 4.1
料金・コスパ 3.9
施術 4.2
接客態度 4.3
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.1

エルセーヌは、創業33年の実績があるエステサロンです。フォロー体制も充実しているのがオススメポイント。きっとあなたの近くにも店舗があるのではないでしょうか。まずは公式サイトで確認を。

エルセーヌに関する口コミ

avatar

私の悩みの一つ(というかとても大きい悩み)の一つにデリケートゾーンのムダ毛が多いことでした。いつも自.../(31~35歳、女性)

エルセーヌの公式サイトで確認

3エピレ

総合評価 4.0
料金・コスパ 4.1
施術 3.9
接客態度 3.9
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.9

エピレは、独自開発した脱毛器を利用しているのが特徴の一つ。一般的に、12歳以上から脱毛ができるのですが、エピレは7歳から脱毛が可能になっています。肌に優しい施術と言えるかもしれませんね。

エピレに関する口コミ

avatar

店内はかわいらしい装飾やBGMですが落ち着いており、スタッフの方も優しく話しかけやすい雰囲気でした。.../(21~25歳、女性)

エピレの公式サイトで確認

4銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

銀座カラーに関する口コミ

avatar

脱毛は痛いというイメージがありましたが,初回お試し無料を体験し,痛みの無さに驚きました。カウンセリン.../(26~30歳、女性)

銀座カラーの公式サイトで確認

5シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

シースリーに関する口コミ

avatar

私がシースリーを選んだ理由は、全身脱毛のコストパフォーマンスです。約30万円で回数無制限で全身脱毛が.../(26~30歳、女性)

シースリーの公式サイトで確認