はじめての脱毛まとめ | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ はじめての脱毛まとめ

脱毛初心者へのアドバイス!

はじめての脱毛まとめ

自己処理 カミソリ 光脱毛

初めての脱毛は誰でも緊張するものです。また、インターネット上にも脱毛サロンについて、あるいは脱毛方法の種類についてなどの情報はたくさんありますが、「初めての脱毛で準備すべきこと」についての情報は意外と少ないものです。 今回は、脱毛初心者さん向けに「脱毛前にすべき準備」についてご紹介します。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめての脱毛まとめ

脱毛予約候補日を複数用意すること

初めて脱毛サロンや、美容クリニックの予約をしたら、いきなり脱毛を開始するのではなく「どの部位を脱毛するのか?」「どのプラン・コースにするのか?」「脱毛をするにあたっての希望、絶対に譲れない条件」「ムダ毛に関する悩み」についてなど、カウンセリングを受けます。

そこで脱毛箇所や脱毛プラン・コースを決め、脱毛施術日の予約を取ります。この「脱毛施術日」を複数候補を上げておきましょう。

なぜかというと、脱毛サロンや美容クリニックは予約日が重なることが多いです。多くの方が、金曜日の夕方、土曜日・日曜日・祝日など、時間の余裕があるときに予約をとります。

また、ほとんどの脱毛サロンや美容クリニックの脱毛施術は、ムダ毛が生え変わる周期(毛周期とも呼ばれます)に合わせて予約を取るので、2~3か月前から日程を抑えています。つまり、後から予約をしようと思っても、希望日は事前に予約が埋まっている…ということも多いので、初めての脱毛の際は、脱毛予約候補日を複数用意してカウンセリングに訪れることをおすすめします。

もし、平日の昼間、あるいは夕方に時間が作れる場合は、平日の方が予約を取りやすいので平日予約することをおすすめします。

また、脱毛予約候補日の他にも、カウンセリング時に準備が必要なものがあります。

身分証明書

先述したように、初めての脱毛カウンセリングで「脱毛コース」が決まると、自分とサロンあるいはクリニックで「申込み」を行います。いわゆる、「契約」です。そのときに身分証明書が必要になります。
具体的に、免許証、保険証あるいはパスポートなど、「身分を証明できるもの」があれば大丈夫です。

印鑑

身分証明書と同じく、申込み時には印鑑が必要です。また、注意点が、この時に用意する印鑑はシャチハタ不可です。インクを付けて押印する印鑑を用意しましょう。

(申込み者が未成年の場合)保護者の同意書

脱毛プランの申込み者が未成年の場合は、親権同意書という保護者の同意書が必要です。提出する親権同意書はサロンやクリニックによって異なるので、カウンセリング予約時(脱毛プランに申し込む前)に提出書類あるいはフォーマットをもらうことをおすすめします。

この3つが揃っていなければ、脱毛施術日を予約することができません。

予約日の3日~1日前にムダ毛処理をすること

初めて脱毛をする方も、予約日の前に脱毛箇所のムダ毛処理をしないといけないことをご存じの方も多いのではないでしょうか。
このときの自己処理のポイントは「ほとんど剃り残しを作らないこと」です。脱毛前にムダ毛処理をしないといけない理由は2つあります。

肌トラブルを予防するため

脱毛サロンで使用する光と美容クリニックが使用するレーザーは、照射マシンや照射方式が異なりますが、どちらもムダ毛が持つ黒い色素(メラニン色素)に反応し、このメラニン色素があるムダ毛の根本(毛根やムダ毛を育成する細胞)にダメージを与えたり、破壊をして脱毛をします。

そのため、ムダ毛がある状態で脱毛すると、ムダ毛に反応した光やレーザーが、ムダ毛が生えていない毛穴や毛根にもダメージを与えてしまう可能性があります。そうすると、ムダ毛がない箇所に直接光やレーザーが照射されるので、ヤケドやかぶれなどの肌トラブルを起こすリスクがあります。

こういった肌トラブルを避けるために、予防するために、脱毛前の自己処理が大切だと言われています。

脱毛施術時間短縮のため

先述した通り、ムダ毛が残っていると、肌トラブルのリスクがあるため脱毛施術が開始できません。そのため、もしムダ毛処理が不足していたり、していない場合は、サロンやクリニックのスタッフがシェービングをして、その後に脱毛を開始します。そうなると、施術時間が長くなってしまいますよね。

先ほど、脱毛サロンや美容クリニックは予約日が重なりやすいとお伝えしましたが、もしシェービングもスタッフの方にしてもらっていたら、1日あたりの施術人数が減り、ますます予約が取りづらくなってしまいます。

こういったことを避けるために事前にムダ毛処理をしてくるようにと言うサロンやクリニックが多いのです。

ただ、背中やVIO、うなじなど自己処理が難しい箇所については、シェービングサービスを有料で行っているところもあるので、お願いする方法もあります。また、VIOなど、自己処理をするのが危険な箇所については無料で自己処理をしてくれるサロンやクリニックもあるので、予め確認をしておきましょう。

特に、自己処理で傷を付けてしまった場合は光やレーザーの照射ができなくなるため、確実に脱毛施術を受けられる方法を選ぶことをおすすめします。

着替えやすい服装をすること

脱毛施術時の格好はサロンやクリニックによって異なりますが、一般的に紙パンツと紙ブラジャーに着替える、紙パンツを履いて、上から全身を覆うタオルをかける、サロンやクリニック専用のガウンを羽織るなどがほとんどです。

このように、一度服を脱いで着替えることがほとんどなので、あらかじめ上下が別々の服や、脱ぎやすいワンピーススタイルで行くことをおすすめします。また施術時に、脱毛施術時の痛みを和らげるための冷却ジェルや、施術後、乾燥を防ぐための保湿ローションやジェルを塗ってくれるところも多いので、あまり身体にフィットしない服装をしましょう。

また、脱毛施術では、身体に無害ですが、光やレーザーを身体に照射します。そのため、施術後は身体が敏感になっています。肌に直接あたる下着や肌着は肌に優しい素材のものを選ぶことをおすすめします。

脱毛後にケアする保湿ローションやジェルを持参すること

先ほどお伝えした通り、身体に無害だと言っても、脱毛時には身体に光やレーザーを照射します。そのため、特に初めて脱毛施術を受ける方は、脱毛後に肌が乾燥しやすくなる可能性があります。

そこで、下着や肌着で肌がすれてしまい、肌トラブルを起こしてしまうこともあるのです。そのため、普段ボディケアで使用している、市販で販売されているような保湿力の高いボディーローションやジェル、クリームなどを持参して、施術後に塗ってから着替えることをおすすめします。

初めての脱毛!脱毛前にすべき準備まとめ

ここまで、初めての脱毛前に、必要な準備物についてご紹介しました。

  • 脱毛予約候補日を複数日用意する
  • 身分証明書
  • 印鑑(シャチハタは不可)
  • 未成年の場合は、保護者の同意書
  • 予約日の3~1日前にムダ毛の自己処理を行うこと

このときに、ムダ毛の自己処理を行うのは、「肌トラブルを予防するため」「脱毛施術時間を短縮するため」lこの2つ

  • 上下が別々の服やワンピースなど、着替えやすい服を着ていくこと
  • 肌に優しい素材の下着・肌着を持っていくこと
  • 保湿力の高いボディーローションやジェル・クリームを持参することについてご紹介しました。

初めて脱毛に行く方は、この8点の用意をして、理解をしていれば安心です。
しっかり準備をして、ムダ毛のないキレイな身体を目指しましょう!