正しいワキの自己処理の方法と脱毛サロンで行うメリット。 | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 正しいワキの自己処理の方法と脱毛サロンで行うメリット。

自己処理はワキを汚くする?

正しいワキの自己処理の方法と脱毛サロンで行うメリット。

自己処理 脇の脱毛 光脱毛 毛抜き

ムダ毛の悩みは、なかなか人に相談しにくいものです。その為、毛が濃い場所を必死に自分で処理し続けてしまったりします。しかし、自己処理は肌を傷めるだけでなく、間違った処理を続けることで、余計にワキが汚くなってしまうこともあるのです。 また、サロンに通うのが面倒と思っている方もいるかもしれませんが、自己処理を続けた結果と、サロンに通ってみた結果を比較してみると、処理後のワキに大きな差が生まれました。 そこで、正しい自己処理の方法と、サロンでの脱毛によるメリットについて、まとめてみました。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正しいワキの自己処理の方法と脱毛サロンで行うメリット。

カミソリによる正しい自己処理の方法。

女性だってワキ毛は生えてくるものです。生えない人や、産毛だけしか生えずに処理の必要がないという人も中にはいます。非常に羨ましいですよね。ですが、ワキ毛に悩んでいる女性って結構多いものです。

人に相談出来ずに、こっそり自己処理をしている方もいるのではないかと思いますが、自己処理の中でも1番手軽なのが、カミソリでの処理ではないでしょうか。カミソリを買ってきて、サクッと剃ればいいわけですから、それはもう簡単です。その場凌ぎでワキを綺麗にしたいのであれば、カミソリは最も簡単な方法です。

ですが、カミソリを使用する場合、気を付けておかなくてはならない点が幾つかあります。
まず、ワキ毛用のカミソリは、ワキ専用のカミソリを選ばなくてはなりません。ワキの形は複雑です。ワキにフィットしたものを選ばないと、剃り残しの原因になってしまいます。特に、ワキ毛は太くて黒い剛毛です。黒い点々がワキに残ると、綺麗ではありません。

また、ワキの形に合わないカミソリを使って強引に剃ろうとすると、変な力が加わり、肌を傷める原因にもなります。ワキ専用のカミソリを使うと、よりスムーズに毛を剃ることが出来ます。

カミソリの刃を肌にあてる時は、クリームやジェル、泡立てた石鹸などを予め肌に塗っておきます。素肌にカミソリの刃を直接あててはいけません。直接肌に刃をあてると、血が出たりすることもあって大変危険です。必ず肌の保護をして、刃の滑りを良くします。最もオススメなのは、シェービングクリームを塗る方法です。黒い点々を残さない為には、蒸しタオルをワキにあてておくと、剛毛も剃りやすくなります。

カミソリでの処理は、毛が伸びてきたら、常に処理をしなくてはなりません。処理をし続けなくてはならないので、肌も傷みやすいです。そこで、処理後はしっかり保湿をして、敏感になっているお肌を守ってあげましょう。

カミソリ以外で、ワキ毛を処理する方法。


ワキ毛はカミソリ以外にも処理する方法があります。電気シェーバーはカミソリほど肌を傷めませんので、頻繁に脱毛したい方は、電気シェーバーを使うことをオススメします。カミソリは肌を傷付けてしまうこともありますし、頻繁に処理を行うことで、色素沈着が起きやすくなります。

せっかくムダ毛を処理しても、ワキ自体が汚くなってしまったら、意味がありません。自己処理をする場合、長い目で見ると、カミソリよりも電気シェーバーの方がワキの綺麗さを保てます。また、抑毛剤を使うという方法もあります。抑毛剤は、毛の成長を抑える働きがあります。

毛抜きで処理してもいい?

ムダ毛の処理としてよく考えられるのが、毛抜きを使っての処理です。しかし、毛抜きでの処理はあまりオススメ出来ません。何故なら、毛抜きで無理矢理ムダ毛を引っこ抜くと、毛穴の周辺が赤くなったり、出血してしまうこともあるからです。開いた毛穴に細菌が入ったり、炎症を起こす場合もあります。

また、毛抜きでの処理は、埋没毛の原因にもなります。皮膚の中に埋もれた毛が皮膚を破って出てこなくなると、黒いブツブツが出来てしまいます。見た目にも汚いですし、埋没毛から毛嚢炎が出来てしまうこともあります。毛抜きは肌に大きなダメージを与えるので、あまりオススメ出来ません。

脱毛サロンで脱毛を行うメリット。

自己処理を長年続けていると、どうしても肌に負担がかかります。その結果、他人に見せたくないようなワキが出来上がります。剃り残しの黒いブツブツや赤い炎症、毛穴も大きく開いて目立つようになりますし、処理の失敗によって出血したりもします。肌の角質も硬くなり、酷く汚いワキになります。とても他人に見せられたものではありません。しかも、毛が生えてくるペースがどんどん早くなるのです。

自己処理のデメリットを防いでくれるのがサロン脱毛


これを防いでくれる唯一の方法は、サロンでの脱毛です。最初の一歩が面倒かもしれませんが、自己処理を続けていると、剃るペースも早まり、手に負えなくなってきます。
通うのが面倒に思えるサロンでの脱毛ですが、サロンでの脱毛は、ワキだけならば、1回の照射につき、たった5分程度で終わります。しかも、一切痛みもありません。5回も通えば、どんなに剛毛の人でも、目に見えた結果が得られるはずです。

面倒な処理などしなくても、数ヶ月に一度、たった数分間、両手を万歳して寝ているだけで、アイドルのように白くてツルツルのワキがキープ出来るのです。今では半袖を着ていても、堂々と吊革に掴まれます。それに、なんといっても自己処理よりもサロンは断然お得です。キャンペーンなどを利用すれば、ほんの数百円程度で永久に処理をしてくれるサロンも存在します。

もしも、ワキの脱毛において、自己処理を続けているようでしたら、サロンに通うことを視野に入れてみるのもオススメです。定期的な自己処理は自分自身が疲れてきます。サロンなら、着替えを入れたとしても、トータル20分程度で、綺麗なワキを手に入れられます。処理が面倒な女性ほど、サロンでの処理はオススメです。

最近は、ワキ毛を剃らないという女性も中にはいるようです。しかし、やはり多くの男性は、女性にムダ毛のない綺麗な肌を望んでいるものなのです。