夏本番前に知っておきたい紫外線と脱毛のこと | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 夏本番前に知っておきたい紫外線と脱毛のこと

うっかり日焼けが脱毛プランを狂わせる!?

夏本番前に知っておきたい紫外線と脱毛のこと

光脱毛 脱毛 日焼け

「夏は脱毛にむかない」といわれますが、それは夏の肌が一年の中でもっとも紫外線ダメージの影響を受けているからです。日焼けした肌は脱毛効果がダウンするだけでなく、レーザーなどの刺激にも敏感になっています。体調がすぐれない時の脱毛がNGなのと同様に、たとえ体が元気でも、脱毛を行う肌コンディションが低下していては、サロンやクリニックは施術を断らざるを得ません。せっかくスタートした脱毛計画を中断させないためには、これからの季節、やり過ぎと思えるほどの徹底的な紫外線対策が必要になります。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏本番前に知っておきたい紫外線と脱毛のこと

夏の脱毛が断られる、ある理由

髪の毛や体毛が黒く見えるのは、毛の中に含まれる黒色メラニンというメラニン色素によるものです。そして、光脱毛の光(フラッシュ)やレーザー脱毛のレーザーはこのメラニン色素に反応して毛根に作用します。毛抜きで毛を抜いてしまうと脱毛効果が上がらないのはそのためです。

一方、肌にもメラニン色素が存在しています。たとえばホクロは、メラニン色素が極端に集中している部分です。大きなホクロができている部位を脱毛する時には、シールなどで隠して光の照射を避けたり、クリニックならまずホクロを取り除いてから脱毛処理を行うなど、十分な注意が必要とされます。

日焼けによって私たちの肌が黒くなってしまうのも、このメラニン色素の仕業です。メラニン色素は紫外線の刺激を受けると過剰に生成されるからです。この現象は、さらなる紫外線ダメージの侵入を拒もうと、メラニン色素が肌をガードする役割をするといわれます。

では、日焼けして黒くなった肌にレーザーを照射した場合、いったいどうようなトラブルが考えられるでしょう? 

レーザーは毛の中のメラニン色素だけでなく、肌の中のメラニン色素にまで反応してしまいます。レーザー照射の働きは分散されることで、いつもよりも痛みが強くなるなど肌への負担が大きくなります。当然、脱毛の効果は下がり、日焼けの度合いによっては、肌状態が落ち着くまでの数ヶ月間、クリニック通いをお休みしなくてはなりません。

黒くなくても肌にはダメージが


日焼けして赤くほっている肌は軽くやけどをしている状態。これでは脱毛は100%ムリなので、予約を入れていた場合はすぐにサロンやクリニックに連絡を入れましょう。

ほてりが落ち着いた後も、日焼けで黒くなった肌への脱毛の負担は前述の通りです。なかには「どんなに焼いても黒くならない」という肌質の人もいますが、そもそも肌にとって紫外線は「百害あって一利なし」といわれるほど、かなりやっかいな存在だということを覚えておきましょう。

紫外線の肌への影響でまず思い浮かぶのが、増えたメラニン色素によるしつこいシミやくすみです。ほかには、肌細胞のターンオーバー(生まれ変わりサイクル)が乱れて肌あれやニキビの原因となったり、肌を守るうるおいバリアが傷ついて乾燥が進んだり。さら肌の奥深く、目には見えないところでは、ハリやうるおいを生み出す保湿成分のコラーゲンが紫外線によって破壊されてしまいます。

つまり「日に焼けた」という自覚症状がなくても、さまざまな紫外線ダメージが夏の間にジワジワと肌に蓄積されているのです。そのため、冬や春先に比べると、夏の肌は脱毛による刺激に敏感になっています。もちろん、これはサロンやクリニックでの脱毛に限ったことではなく、自宅でムダ毛処理をする時にも注意しておきたい点です。

脱毛前も脱毛後も、徹底紫外線対策

日差しを避けるには日傘や帽子は必須アイテムですが、ビルの壁やアスファルトからの照り返しもあり、紫外線は思わぬ方向からも肌に届きます。太陽野下では肌の露出はできるだけ控え、UVカット加工された長袖のトップスなども上手に活用しましょう。

また、つい油断しがちな曇りの日でも晴天時の50〜70%の紫外線が地表に降り注いでいます。紫外線は窓ガラスを通り抜けて屋内にも侵入するので、どうしても手放せないのが日焼け止めです。

日焼け止めはSPFなどの数値を気にするよりも、こまめに塗り直すことでUVカット効果が高くなります。特に脱毛中の肌には余計な負担とならないよう、普段使いならSPF値は30ぐらいで十分です。そして2〜3時間おきの塗り直しを習慣に、外出時には必ずバッグの中に1本常備して日中の紫外線対策に努めましょう。

夏の肌には、とにかくうるおいを


脱毛にむかない夏の肌を、脱毛に適した肌状態まで引き上げるポイントが、紫外線予防の他にもうひとつ。それは、丁寧な保湿ケアです。

汗の分泌量が増えるので一見うるおっているように感じる夏の肌ですが、意外にも乾燥が進んでいます。紫外線によって肌表面のうるおいバリアやコラーゲンが壊されてしまうこと。そして、エアコンによる室内の空気の乾燥が主な原因です。

この夏の肌の乾燥も、脱毛計画をスムーズに進めるうえで大きなネックになってしまいます。乾燥した肌はちょっとした刺激にも敏感になっているので、光やレーザーの照射時に強い痛みを感じます。さらに照射エネルギーによって水分が奪われ、乾燥が悪化してしまうケースも少なくありません。

このような脱毛による乾燥スパイラルに陥らないためには、冬と同じくらい手をかけて、肌をうるおいで満たしておく必要があります。

カミソリによるムダ毛処理も、ムダ毛と一緒に肌のうるおいが剥げ落ちてしまうので、そのまま正しい保湿ケアをしないまま紫外線を浴びると、肌はもろにダメージを受けてしまいます。
そして、夏のレジャーを楽しんでいるうちについうっかり! となった場合も、ダメージを最小限に抑えるにはうるおい補給が欠かせません。それも、時間を置かずに、海や山などに遠出した場合は、家に帰り着くのを待たずに車の中などでケアをします。

まずは焼けた肌を冷たい水に浸したタオルや保冷剤でしっかりとクールダウン。ほてった肌を落ち着かせてから、保湿効果の高い化粧水などでたっぷりとうるおいを補い乾燥を防ぎましょう。
ただし、日焼けがひどく、水ぶくれができるほど肌が炎症している場合の自己診断は禁物です。きちんと病院で診てもらい、肌状態が安定してから脱毛プランを再スタートさせましょう。

関連エントリー
水着を着る前にしておきたい脱毛

夏と言えば海やプールの季節。でも毛深いから肌を出したくないなんてことはありませんか?水着になるとどうしても肌の露出が増えます。そしてけっこう全身を見られるもの。「こんなところもまで」と感じるような部位まですべすべにしておかないと肌を見せるのが恥ずかしいですよね。そこで、脱毛という選択肢です。今から間に合うかなあ・・・。と不安になるかもしれません。でも何もしないでいるよりは、少しでも早く開始した方がそれだけ早く済みます。もし急いでいるなら一回あたりは高いけれど医療脱毛がお勧めです。