脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 肌荒れしている時の脱毛について

肌荒れしている時は脱毛できない!?

肌荒れしている時の脱毛について

光脱毛 カミソリ

今回は肌荒れしている時に自分でできる脱毛方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌荒れしている時の脱毛について

夏になると毎日見える部分の脱毛を欠かさず行っているという人も多いと思います。

でも、頻繁に脱毛処理をするとお肌にもダメージを与えてしまい、お肌が荒れてボロボロに。

肌荒れしてしまったお肌にもムダ毛は生えてくるので処理が大変ですよね。

脱毛で肌荒れを経験したことがある人は多い

手や足、ワキなどに生えているムダ毛は自分で処理をしているという人も多いですよね。

自分で脱毛をするという人の多くは、カミソリや家庭用脱毛器を使っていますが、皮膚トラブルも経験しているようです。

特にカミソリで脱毛処理をすると、肌が赤くヒリヒリとしてしまったり、痒みが出てしまったりなどの症状が出る人も。

家庭用脱毛器も同様に、脱毛後のお肌の赤みや痒み、出血などを経験している人は多いのです。

夏場は毎日ムダ毛の脱毛処理を行なっているという女性は多いですが、お肌が荒れてしまっていては処理もきちんとできないですよね。

荒れてしまったお肌にカミソリを当てると、余計に痒みや痛みが出てきて悪化してしまったということもあるので、思うように脱毛ができないのです。

なぜ自分で行う脱毛処理でお肌が荒れてしまうのですか?

脱毛処理でお肌を傷つけてしまっている

脱毛処理の肌荒れで悩む女性の多くは、カミソリや家庭用脱毛器などを使った自己処理が原因のことが多いようです。

カミソリでの脱毛処理は、お肌の表面に細か傷をつけてしまい、目には見えませんが傷だらけの状態になっているのです。

そして、カミソリの刃が直接お肌に当たってしまうことで、必要な角質まで削ぎ落としてしまい、お肌にダメージを与えてしまいます。

また、家庭用脱毛器の場合も無理やりムダ毛を引っ張って抜くため、毛穴に負担がかかり、開いた毛穴からバイ菌などが入り込み肌荒れや炎症を起こしてしまうのです。

カミソリや家庭用脱毛器以外にも、脱毛クリームなどによる薬剤を使用した脱毛も、薬剤がお肌に合わずに肌荒れを起こしてしまうことも。

このように、自分で行う脱毛処理の肌荒れに悩む人の多くは、肌荒れを起こしてしまう間違ったムダ毛の処理を行なっていることが多いのです。

肌荒れを起こしてしまう間違ったムダ毛の脱毛処理の方法を見ていきましょう。

  • 鳥肌が立っている時の除毛
  • 同じ場所を二度剃りしている
  • 毎日全身を剃っている
  • ボディーソープや石鹸をつけた状態で剃っている
  • 毛の流れに逆らって剃っている
  • 切れ味の悪くなったカミソリを使っている
  • 毛抜きで抜いている
  • 事前のケアをしていない
  • アフターケアを怠っている

これらの方法が肌荒れを起こしてしまう間違ったものになりますが、「私もやっているかも!」と当てはまったという人もいると思います。

実は、1つでも当てはまると要注意なのです。

このような間違った方法での脱毛を続けることで、お肌にダメージを与えてしまいボロボロになってしまうのです。

お肌がボロボロになってしまっては、お肌を出したファッションも楽しめなくなってしまいますよね。

肌荒れやカミソリ負けは予防することが大切

先ほどの項目では肌荒れを起こしてしまう間違った脱毛処理方法を紹介しましたが、お肌にダメージを与えないためには、肌荒れやカミソリ負けを予防することが大切です。

特に、お肌トラブルが起きやすい人の体質としては以下のような人と言われています。

  • お肌が弱くて刺激を受けやすい敏感肌
  • 毛の量が多いor毛が濃い剛毛女子
  • 少しの炎症でも目立ってしまう色白体質

このような体質の人が、お肌のトラブルに悩まされやすいのです。

特にカミソリでの脱毛処理でトラブルが起きやすいので、肌荒れやカミソリ負けを予防するような正しい処理方法を知っておくことが必要です。

肌荒れを予防する正しい処理方法について

お肌トラブルを起こしやすいカミソリでの正しい処理方法について紹介していきます。

準備するもの

  • シェービングクリームor専用ジェル
  • 新しいカミソリの刃
  • 蒸しタオル
  • ボディークリームや乳液

準備するものとして、これらのアイテムを揃えておきましょう。

よく入浴中にボディーソープや石鹸をつけてカミソリで脱毛を行なっている人も多いですが、石鹸の成分により剃った部分からバイ菌が入ってしまったり、しっかり剃れないということもあるため、お肌を保護するためにもシェービングクリームや専用のジェルなどを使いましょう。

そして、カミソリの刃は剃り味が悪くなるまで変えないという人もいますが、カミソリをお風呂場に置きっ放しにしてしまうと錆びたりしてお肌を傷つけてしまいます。

出来れば脱毛を行う時に新しい替え刃に交換して、常に清潔な状態で脱毛を行いましょう。

脱毛処理で一番大切なことが脱毛処理後のアフターケアですが、お風呂で処理をしてそのまま何もせず寝ているという人も多いかもしれません。

脱毛処理後のお肌はダメージを受けているため、ボディークリームや乳液を使ってしっかり保湿を行うことが必要なのです。

カミソリで脱毛処理をしたお肌は、必要な角質まで削ぎ落とされてしまい、十分な保湿ができない状態になっているのです。

そのまま放っておくとお肌が乾燥してしまい、痒みなどの症状も見られてしまうのです。

脱毛処理が終わったら、必ずボディークリームか乳液を使ってケアをするようにしましょう。

【手順】脱毛トラブルを防ぐためには部屋で処理を行う

では、実際に正しい処理方法の手順を見ていきましょう。

1.浴室ではなく部屋で処理を行う
2.温めた蒸しタオルを処理する場所に当てて毛穴を開く
3.シェービングクリームを塗る
4.カミソリを使って毛の流れに沿って剃る
5.処理が終わったらボディークリームを塗って保湿する

これらが肌荒れやカミソリ負けを予防するための正しい処理方法ですが、体調が悪い時や生理時などは処理を控えるようにしましょう。

肌荒れやお肌の状態は体調にも関係しているのですね!

基本的に生理中などは、お肌が敏感になっており肌荒れやカミソリ負けがおきやすい状態なのです。

カミソリ負けや肌荒れを起こしてしまったら患部を冷やす

もし肌荒れやカミソリ負けを起こしてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

カミソリ負けで赤みが出てしまった場合は、氷水につけたタオルを患部に当てて冷やしてください。

軽い炎症であれば赤みが引くこともあります。

赤みが引かない場合や、炎症がひどくなってきたという場合は、皮膚科で診てもらうことが大切です。

また、手軽に手に入る市販薬としては、ワセリンとオロナインがオススメです。ワセリンを塗ることで保湿効果があるので乾燥が原因の痒みなども抑えることができます。

肌荒れを起こしているときは脱毛が出来ない

肌荒れやカミソリ負けを起こしてしまったときは、基本的に脱毛は出来ません

皮膚トラブルが起きている状態のお肌は健康な状態ではないため、余計に悪化してしまいます。

特に脱毛サロンでは、肌荒れを起こしてしまった状態で来店しても断られてしまいます。

肌荒れの程度のによっては施術を実施してくれることもありますが、少なくとも皮がむけていたり、肌が炎症を起こして赤くなっている、キズができている、血が出ているなどの状態であれば、まずは肌荒れを治すことが最優先になります。

脱毛サロンの対応について

肌荒れを起こしてしまっている状態での脱毛は施術してもらえないことが多いですが、各脱毛サロンの見解はどのようなものか見ていきましょう。

ミュゼプラチナムの見解

ミュゼプラチナムでは、お肌が弱い人やアトピー体質の人への対応として以下の回答をしています。

Q.肌が弱くてもお手入れはできますか?

A.肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、その他皮膚に何らかの異常がある場合お手入れできません。肌が弱くご心配な場合は、カウンセリング時にご相談ください。

Q.アトピー肌でもお手入れできますか?

A.肌状態が安定していればお手入れ可能ですが、お薬を塗っている場合はお手入れできません。

また、お手入れができない条件として、このような回答も挙げられています。

Q.お手入れができない条件はありますか?

A.健康状態が良好ではない場合や、肌トラブルをお持ちの場合はお手入れができません。お手入れ当日、以下に当てはまるものがある場合お手入れをお受けいただけませんので、ご注意ください。

  • 体調がすぐれない。
  • 肌が乾燥している。
  • 当日お手入れ箇所へ日焼け止め・制汗剤・ボディクリームなどを塗っている(当社が推奨する物は使用可能)
  • 生理中のデリケートゾーンのお手入れ

カミソリ負けを起こしやすい、肌荒れを起こしやすい体質の人は、一度カウンセリングを受けて相談することが皮膚トラブルを悪化させないためにも必要です。

キレイモの見解

キレイモでは、お肌が弱い人に対してこのような回答をしています。

Q.肌が弱いのですが、脱毛可能ですか?

A.可能です。KIREIMOの脱毛法はお肌に直接的なダメージを与えない「お肌にやさしい脱毛法」です。また、お手入れ前には必ずお客様の肌質や状態を十分に確認した上で施術を行っております。(※お肌のトラブルなど不安がある方はカウンセリング時にご相談ください)

お肌に優しい脱毛法と書いてありますが、絶対トラブルが起きないわけではないため、カウンセリングで相談をすることをお勧めします。

銀座カラーの見解

銀座カラーでは、施術ができない条件やお肌が弱い人に向けてこのような回答を出しています。

Q.施術ができない条件はありますか?

A.以下に該当されるお客様は施術をお受けできない場合がございます。

  • 体調が優れない時
  • お肌の状態が悪い時(傷 / 炎症 / アトピー性皮膚炎など)

Q.肌が弱いのですが、脱毛できますか?

A.肌が極端に弱い、極端な乾燥肌など、皮膚の状態・症状によっては脱毛をお断りする場合がございます。その他心配なことがある場合は、お客様の肌の状態を見て判断いたしますので、カウンセリング時にご相談ください。

Q.アトピーでも施術できますか?

A.肌状態が安定していれば施術可能ですが、通院先の医師の確認が必要になります。

このようにお肌のコンディションが悪い場合は施術自体を断られてしまうため、事前に相談することが必要です。

クリニックであれば脱毛が可能なことがある

脱毛サロンではなく、医療脱毛を行なっているクリニックに行くことで脱毛できる場合があります。

リゼクリニックの見解

リゼクリニックでは、お肌が弱い人に向けてこのような回答を出しています。

Q.赤みが出やすいのですが医療レーザー脱毛の施術を受けることはできますか?

A.状態によっては可能なので一度カウンセリングにお越しください。実際に医師が患部を目視で確認をさせていただき、判断させていただきます。

Q.肌が弱いのですがレーザー脱毛できますか?

A.お肌が弱い方にこそ、おすすめします。

自己処理でカミソリやワックス脱毛などを行う事は、かえって肌トラブルが起きてしまい危険です。医療機関での脱毛では医師が患者さま1人1人のお肌の様子を見ながら安全に脱毛を行うことができます。お肌が弱い方にこそレーザー脱毛をしていただき、自己処理の回数を減らす事をおすすめしております。

このように医療用クリニックでは、お肌が弱くトラブルが起きやすい人に対して安心して施術を受けられるというメリットがあります。

お肌が弱い人は医療用クリニックの方が安心

脱毛サロンでは、お肌の状態によって施術を受けられないこともありますが、医療用クリニックでは同時に診察も行なってもらえるため、場合によっては施術を受けられることもあります。

値段はサロンと比べると多少高めですが、ドクターにすぐに診てもらえる環境にあるため、安心して脱毛を受けることができます。

皮膚トラブルが起きても薬を処方してもらえるのでアフターケアも安心です。

【まとめ】お肌トラブルに負けずに脱毛を行うために

度重なるカミソリなどの脱毛処理でお肌はかなりダメージを受けています。

このままボロボロになってしまっては、脱毛も行うことができず美肌を手に入れることができなくなってしまいます。

お肌が弱い人は脱毛サロンや医療用クリニックなど適切な場所を選んで施術を受けることが、皮膚トラブルとうまく付き合って行くための方法です。

ミュゼプラチナム

住所:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F

ミュゼプラチナムに関する口コミ

2016年から、施術部位が少ない人は、予約が1週間前からしか取れなくなってしまったのが不満です。以前... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

キレイモ

住所:東京都港区六本木4-8-6パシフィックキャピタルプラザ6F

キレイモに関する口コミ

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

銀座カラー

住所:東京都豊島区南池袋 1-19-4 幸伸ビル 8F

銀座カラーに関する口コミ

脱毛は痛いというイメージがありましたが,初回お試し無料を体験し,痛みの無さに驚きました。カウンセリン... (26~30歳、女性)

公式サイトで確認