脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ ビキニラインの脱毛方法とは?

夏に向けての準備はバッチリ?

ビキニラインの脱毛方法とは?

VIO 施術 脱毛 期間 カミソリ

これから、本格的な夏本番を迎えますよね!夏は気温の高い暑い季節ですから、色々な楽しみがあります。ショートパンツやスカートなどのファッションをしたり、薄着になる機会も増えてきますよね。夏を楽しむためにはビキニラインの脱毛もしっかり行いたいですよね!

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビキニラインの脱毛方法とは?

水着はビキニラインのムダ毛が気になる

肌の露出が増えると、それだけムダ毛も気になりますよね。「ビキニラインのムダ毛はそうそう見えないでしょ」と考えている人もいるかもしれません。もちろん、普段は下着や服で隠れていますし、あまり気になるところではありませんが、夏は海やプールへ遊びに行く機会が増えます。

海やプールへ行くのなら水着を着ますよね。このとき、ビキニラインをしっかりお手入れしていないと、水着からムダ毛がはみ出てしまうこともあるのです!一緒に行った友達や彼氏にムダ毛を見られてしまったら…きっと良い印象は残りませんよね。

そして、下着からチラチラムダ毛がはみ出てしまったら、あなたも思うように楽しむことができません。夏を思いっきり楽しむためには、ビキニラインのお手入れをすることが必要なのです!

NII-NA関連エントリー
VIO脱毛で失敗しないサロン選び

今回は、VIO脱毛で失敗しないためのサロン選びや気になる痛みなどについて紹介してきます。

ビキニラインは自己処理の方法もある

腕や脚など、普段のムダ毛処理を自分で行っている人ならば、「ついでにビキニラインも自己処理してしまえば楽」と思いますよね。もちろん、ビキニラインも自分でお手入れすることは可能です。ただし、ビキニラインはデリケートで炎症が起こりやすい部分です。自分で処理をするならば、色々な注意点があります。

自己処理前には準備をしっかりと

剃る前には、まず肌の状態を整えることが大切です。温めたタオルなどをビキニラインにあて、肌をやわらかくし、毛穴を開かせるようにします。一番効率的なのは、入浴後にお手入れをすることです。

処理後もケアを忘れずに


自己処理後のケアをしっかりしないと、肌に色々なトラブルが起きる原因となってしまいます!
ムダ毛を処理した後は、肌を“保湿”してあげることが大切です。処理後の肌は、刺激を受けて敏感な状態になっています。

乾燥もしやすく、目には見えなかったとしても傷がついてしまっているのです…。そのせいで赤みやでてしまうことや、ヒリヒリすることもあります。できるだけそのようなリスクを防ぐためにも、しっかり保湿をして潤いを与えてあげることが重要なのです!

使うのは、いつもあなたが使っている化粧水でOK!高級なものではなく、ドラッグストアで購入できる手頃なもので十分ですよ。大切なのは、“化粧水をたっぷり使って保湿すること”です。

自己処理にはどんな方法があるの?

ビキニラインのムダ毛を自分で処理する場合、どんな方法があるのかまとめました。

カミソリまたは電気シェーバーで剃る

ムダ毛を自分で処理する時に、一番手軽な方法ですよね。時間もさほどかかりませんし、低コストで処理できるのがメリットです。

カミソリや電気シェーバーで処理をする時のポイントは…

  • 剃り始める前に、毛を短くカットする
  • 毛が生えている方向に合わせ、上から下方向に剃る
  • 皮膚をできるだけ引っ張り、平にして剃りやすくする
  • 粘膜の部分は無理しないこと
    の4つです。
    「粘膜部分も処理したい」と思う人が多いかもしれませんが…粘膜の部分にカミソリや電気シェーバーをあてることは、とても危険なのでやめましょう。

除毛クリームを使う

除毛クリームは、ドラッグストアで手軽に購入することができます。塗ってからしばらく待つ必要がありますが、自分で剃らなくて良いため、カミソリや電気シェーバーで処理するよりは安全に思えますよね。

実際はあまりおすすめできません。なぜなら、ビキニラインは少しの刺激でもかぶれやすい部位だからです!除毛クリームは、ムダ毛を溶かして処理するというもの。それだけ刺激が強いものなのです。そのため、さほど肌が弱い人でなくても、肌荒れや炎症が起きてしまう可能性があります。

家庭用脱毛機器を使う

家庭用脱毛機器は、サロンの脱毛を自宅できるという優れものです!サロンへ行くのが恥ずかしいという方は、とても便利ですが、注意点があります。

  • ビキニラインの場合、効果があまりない可能性がある。
  • 家庭用脱毛機器は、10万円前後の高額な買い物
    の2つです。

家庭用脱毛機器は、サロン同様の脱毛ができる!といった商品ですが…。ビキニラインの毛は太いため、他の部位と比べて効果が現れにくいことがあります。高額なものなので、使ってみてあまり実感ができないという場合は、ショックが大きいですよね。

毛抜きで抜く

脇毛を自分で処理するときは、毛抜きで1本1本抜くと良く聞きますよね。ビキニラインもできないことはありませんが、あまり現実的ではないかもしれません。なぜなら、抜くときの痛みがとても強いからです!

ビキニラインのムダ毛は1本1本が太く、毛根もしっかりしています。そのため、とても我慢できるレベルの痛みではありません。毛抜きで処理できないとは言いませんが、自己処理の方法としては難しいと思います。

自己処理には限界が…そしてデメリットがある

自分で処理することは、自宅で自分の好きな時にできるのがメリットです。しかし、それ以上にデメリットがたくさんあるのです。

ビキニラインは、個人差が出やすい部位

ビキニラインのムダ毛の生え方には、個人差があります。毛の流れも違うため、自分で処理するとなるとどうしても難しいです。毛の流れにそって処理していても、後々痒みが出てくる場合や、誤って肌まで傷つけてしまう可能性もあります。

トラブルが起きたとき、深刻になることが多い


自分でお手入れすると、万が一肌トラブルが起きたときに深刻化するケースが多いです。自己処理によって毛穴への負担が大きくなり、ばい菌が入り込んで膿が溜まる場合や腫れてしまうこともあります。

最悪の場合、毛嚢炎(もうのうえん)となってしまい、皮膚科へ通わざるを得なくなるケースもあるのです。皮膚科でビキニラインを治療してもらうのは、さらに抵抗がありますよね…。

仕上りが綺麗にならない

ビキニラインのムダ毛は、1本1本が濃く太いです。そのため、丁寧に剃っていても、毛穴が黒いぷつぷつして目立ってしまいます。

とても綺麗とは言えない状態です。また、毛が生えてくるとチクチクして痒みを感じることや、違和感を感じることが多いため、剃ったことを後悔する人も少なくないのです。

ビキニラインの脱毛は、サロンへ行くのがおすすめ

自己処理に色々なデメリット、リスクがあると分かっていても…。ビキニラインはとてもデリケートな部分なので、人に見られること自体、抵抗を感じる人いますよね。

そうそう人に見られない部分ですし、その気持ちもわかりますが、相手は脱毛のプロです!!一歩踏み出してみれば、初めは恥ずかしさがあったとしても、案外すぐに慣れます。

女性担当のところがほとんど

サロンのスタッフは、ほとんどが女性です。男性のスタッフがいるサロンは、かなり少数派になります。そのため、脱毛の施術も女性スタッフが行います。

異性に見られることは抵抗があるかもしれませんが、同性なら恥ずかしさが少し減りますよね?
また、「毎回違う人に見られるのはちょっと…」という方は、個室で毎回決まったスタッフの方に施術をお願いできるか相談してみましょう。サロンによっては、要望に応じてくれるところもありますよ!

パンツは脱がなくてOK

「ビキニラインの脱毛って、下着も脱がなきゃいけないんでしょ?」って思われがちですが、実際のところ、パンツは脱がなくてOKなところが多いです。パンツを履いたまま、脱毛の施術を受けることができます。

それを聞いただけで、少し安心しませんか?実際に施術を受けてみれば、「こんなものか」とあっさり終わると思いますよ!想像よりも、抵抗なく脱毛ができたという人が多いです。サロンによっていろいろな決まりがありますので、中には下着を取って施術というサロンもあります。その点は、あらかじめサロンへ確認しておくと良いですね。

サロンで脱毛をするメリット

サロンでビキニラインの脱毛をすれば、自己処理の時にあるようなリスクの心配をする必要がありません。むしろ、それ以上にメリットがたくさんあります。

自己処理が楽になる

サロンで脱毛をすれば、施術を繰り返すことに毛の量も少なくなっていきます。太かった毛も、どんどん細く弱くなっていくので、自宅で自己処理をするときも格段に楽になりますよ!毛量が減り、細くなっていけば、自己処理によりリスクも軽減できますね。

仕上りが美しく、理想通りになる

サロンでは、カウンセリングの際に「どんな仕上りが良いか」話し合います。毛量はどれくらいにするのか、形はどうするのか…。あなたの希望通りに施術を進めてもらえます。

そして、サロンで行う“フラッシュ脱毛”は、毛穴の細胞に光をあてて、毛を減らすという仕組みのため、毛根ごとしっかり処理をします。なので、処理後に毛穴が黒くぷつぷつ目立つという心配もありません。

自己処理による肌荒れに心配がない

自己処理ではいろいろな肌トラブルが起こる可能性がありましたが…。サロン脱毛ならその心配はいりません。肌への刺激を最小限に抑えた施術を行っているので、肌の負担も少なく済みます。

また、万が一施術後に赤みが出ることや、違和感を感じることがあった場合でも、すぐに対応してもらえます。アフターフォローも万全なので、とても安心です。

サロン脱毛する前に知っておくべきこと

サロン脱毛にも、いくつか知っておくべきポイントがあります。

施術時に痛みがある場合も

サロン脱毛で行っている“フラッシュ脱毛”は、肌の上から光をあて、毛の再生を止めるという仕組みです。施術時の光の出力はとても低いため、やけどや炎症などのリスクを最低限にし、肌の安全を最優先としています。それでも痛みを感じる場合があります。痛みがあるといっても、一瞬チクっとする程度ですが、痛みに弱い方は少し気になる場合もあるかもしれません。

脱毛を終えるまでに時間がかかる

低出力の光を使うということは、それだけ一度の施術で処理できるムダ毛も少ない、ということです。そのため、脱毛を終えるまでには何度もサロンへ通う必要があります。

1度の施術で終わる、というものではありません。平均でも12回ほど必要になります。理想の脱毛レベルや仕上りは人それぞれなので、さらに回数が必要になることもあります。施術は2、3ヵ月に1度のペースで行いますので、最低でも2~3年はかかるということになりますね。サロンでの脱毛は、長期間かかるという点が欠点なのかもしれません。

ビキニラインのサロン脱毛の費用は?

ビキニラインの脱毛をサロンでしよう!と思っても、実際にはどれくらい費用がかかるのか気になりますよね。

平均的な費用相場

ビキニラインの脱毛は、回数パックになっているサロンが多いです。6回の施術回数で組まれていることが多く、料金は5、6万円が相場となっています。1回あたり、1万円前後ということになりますね。

ビキニラインの脱毛を終えるまでに必要な脱毛回数は、さきほどもご説明した通り、最低12回ほどになりますから…。トータル的な平均相場は10、12万円ということになります。

剛毛な人は、16~24回まで見ておいた方が無難

もともと、「私は毛が多い」「剛毛かも…」と思っている人は、平均相場より高めに予算を組んでおいた方がいいかもしれません。毛が多い人や剛毛な人は、16~24回の施術が必要になる傾向があります。サロン脱毛は決して安いものではないので、「さらに施術が必要になった」という時にも、初めから多めに予算を用意していれば焦らず済みますね。

サロンで脱毛する場合は計画性が重要

サロンでビキニラインの脱毛をする場合は、色々な下調べや準備が必要なことわかりましたよね。今日脱毛して、今日終わる!というものではありませんから、計画性をもって脱毛を始めることが大切です。

心に余裕をもって脱毛をはじめましょう

サロン脱毛は、終わるまで時間がかかるものです。年単位で長期化します。2、3ヵ月に1度に通う、とは言っても、なかなか続かず途中で辞めてしまう人もいます。

途中で辞めてしまっては、それまでの時間もお金も、そして努力ももったいないです。心に余裕をもって、「地道に自分のペースで続けて、脱毛のゴールに向かっていく」ことがとても大切です!

ビキニラインの脱毛をして、美しい肌で快適な夏を!

サロンで脱毛をすれば、綺麗なビキニラインを手に入れることができます!
まだ夏本番まで時間はあります。本格的な夏に入る前に、一度施術を受けて、美しい肌で快適な夏を過ごしませんか?