脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 脱毛を始めるならいつがオススメ?

脱毛に適した時期があるってホント!?

脱毛を始めるならいつがオススメ?

光脱毛 脱毛 日焼け 家庭用脱毛器 脱毛クリーム カミソリ

これから夏に向けて脱毛を始めようと考えている人も多いと思います。夏が始まる前に脱毛をある程度終わらせたい!と早めに取り組んでいる人もいるかもしれません。それか、夏が始まってから脱毛に行き始める人も。実は、脱毛を行うのにも最適な時期があるのです。時期を知っておくと脱毛の計画も立てやすくなので参考にしてみてください。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛を始めるならいつがオススメ?

夏に行う脱毛は危険がいっぱい

夏は露出も増えてくるため、毎日ムダ毛の脱毛処理をしているという人も多いですよね。ムダ毛が気になる夏の脱毛は女性にとって欠かせないですが、実は危険も潜んでいるのです。

NII-NA関連エントリー
「夏の女性のムダ毛」で気になる1位はワキ、2位は脚、3位は意外な場所!?

夏になると露出も増え女性にとってはムダ毛のお手入れが大変な季節ですよね。特にデートでリゾートや海に行くとなると普段よりも念入りにお手入れをするという女性も多いと思います。彼のためにムダ毛のお手入れをしているという女性もいるのではないでしょうか。 女性にとってはムダ毛のお手入れが大変な夏の季節ですが、男性は意外にも女性のムダ毛を見ているのです。ムダ毛の気になる部位としては1位がワキという結果であり、男女ともに気になる場所でした。今回はそんな「夏の女性のムダ毛の気になる部位」について20代の男性100人にアンケートを実施しました。 男性は意外にも女性の意外な場所のムダ毛を気にしているのです。意外な結果にショックを受ける女性もいるかもしれません。

自分で脱毛を行なっている人も要注意!

夏場は毎日脱毛の処理を行なっているという人も多いと思いますが、自分で脱毛を行なっている人のほとんどは家庭で気軽に脱毛ができるアイテムを使用していると思います。夏は普段以上に念入りに脱毛をしているという人もいると思いますが、自分で脱毛を行なっている人も要注意なんです。

  • 家庭用光脱毛機
  • カミソリ
  • 除毛クリーム

これらを自宅で使っているという人もいると思いますが、この3つのアイテムの危険性について紹介します。

家庭用光脱毛機

最近は家庭用光脱毛機の性能も上がってきており、気軽に自宅で好きな時に使えるアイテムとして重宝している人も多いのではないでしょうか?家庭で使えるものなので安心と思っている人もいますが、実は、この家庭用光脱毛機が一番危ないのです。

家庭用光脱毛機の基本的な仕組みはレーザー脱毛機と同じで、毛根の黒い組織に光を反応させて焼くことで脱毛効果を得られるというものです。光を照射して毛根を破壊するという行為は医療行為であり、自宅で1人で行うのはハイリスクなのです。気軽に手に入る家庭用光脱毛機の多くは「家庭用美容器」と表記されており、医療レーザーで使用される出力より低く設定されています。

厚生省によると「強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部などを破壊する行為は医療行為となる」と通知されており、医療用レーザーなどは医療機器とみなされ薬事法による規制対象になっているのです。そのため、レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関でしか受けられないのです。

脱毛サロンや家庭用光脱毛器は、レーザー脱毛より出力を抑えているため、脱毛機器というよりは美容機器という扱いになります。医療レーザーよりは出力が低く、美容機器という扱いであっても、紫外線が強い夏にしようすることで、毛根の組織だけでなく日焼けしたお肌にも反応してしまう可能性が高いため、ヤケドのリクスがあるのです。

紫外線が強い夏にしようしてしまうことで、ヤケドをしてしまい跡が残ってしまうなどのトラブルも起きてしまうため、夏は使用を控えた方が良いでしょう。

カミソリ

脱毛を行う際には、カミソリを使って脱毛をしているという人も多いのではないでしょうか?カミソリは気軽に脱毛を行うことができるので便利ですが、このカミソリを使った脱毛も夏場は注意が必要なのです。

カミソリを使って脱毛を行うことで、皮膚の表面の必要な角質まで取り除いてしまう可能性があり、お肌にダメージを与えてしまうのです。それでなくとも夏は紫外線や、プールの塩素、海の塩分などによって、ダメージが蓄積されているため、カミソリの刺激がさらなる刺激となってしまうのです。

そして、カミソリで脱毛を行うことで色素沈着など一生残る傷跡になってしまう可能性もあるため、注意が必要なのです。それでもカミソリを使って脱毛をしなければならない場面も出てくると思いますが、その時はシェービングクリームを使用するなど、お肌にダメージを与えない方法で行なってください。

除毛クリーム

カミソリと同じく、自分で脱毛をする時は除毛クリームを使用しているという人も多いと思いますが、この除毛クリームにもリスクが潜んでいるのです。除毛クリームは手軽に使うことができ、効果も長持ちするため夏は好んで使っているという人もいると思います。

この除毛クリームにも、お肌に必要な角質まで溶かしてしまう可能性があり、紫外線の強い夏はお肌にダメージを与えてしまう危険性があります。

このように自分で行う脱毛にも危険がいっぱいなのです。特に夏場は紫外線がお肌へのダメージとなり、クリニックや脱毛サロンでも満足がいく脱毛を行えないこともあります。

脱毛サロンやクリニックなら安心?

夏場は紫外線も強く、お肌がダメージを受けやすい状態なので、自分で行う脱毛がお肌のトラブルのきっかけになってしまうこともあります。では、夏でも安全に脱毛を行うためには脱毛サロンやクリニックなら安心なのでしょうか?

実は、脱毛サロンやクリニックでの脱毛は、自分で脱毛を行うより安全に脱毛を行うことができますが、リスクも高いのです。その理由として、日焼けが挙げられます。

クリニックは医療機関であり、ドクターやナースが施術を行うため安全に思えますが、日焼けをしてしまっている状態では、安全とは言い切れないのです。医療用レーザーはムダ毛の毛根にある黒い組織を持つ細胞に反応して脱毛を行います。紫外線によって日焼けをしてしまったお肌は、肌自体に黒い色素が増えている状態なので、ムダ毛以外の箇所にも反応してしまう可能性が高まり、やけどを引き起こすリスクが高いのです。

リスクを回避するために、レーザーのパワーを低くして照射を行いますが、脱毛効果が低くなってしまい十分な脱毛効果が得られないという結果になってしまうこともあるのです。日焼けの具合によっては、レーザーの施術が行えないこともあるので注意が必要です。

また、日焼けをしてしまっているお肌へのレーザーの施術では、日焼けをしたお肌の黒い組織にも反応してしまうため、痛みが増してしまうことも。痛みがあるから効果が出ているというわけではなく、お肌がダメージを受けている痛みなので痛みに弱い人は注意が必要です。

そして、日焼けをしてしまったお肌へのレーザー脱毛により、やけどのリスクだけでなく毛嚢炎ができやすくなったり、照射直後の炎症やヒリヒリ感、むくみなどが治りづらくなってしまい、お肌自体の免疫力が低下してしまうことも考えられます。

クリニックなら安心して受けられると思いがちですが、夏の紫外線によりクリニックだけでなく脱毛にはリスクがつきものなのです。

それでも脱毛処理が必要になったら?

夏に行う脱毛処理にはリスクが高いことが分かりましたが、夏だから脱毛を控えるというわけにはいきませんよね。必ず脱毛が必要になる場面があると思います。そんな時は、お肌にダメージを与えずに脱毛を行うには、どうしたら良いのでしょうか?

お肌へのダメージを最小限に抑えて脱毛を行う方法としては、電動シェーバーを使用することです。電動シェーバーであれば、カミソリのように刃が直接お肌に当たらないので、必要な角質は保持され、お肌へのダメージが少なく済みます。

電動シェーバーは毛がすぐに生えてきてしまうというデメリットがありますが、カミソリと同様にアフターケアも欠かさず行うことが必要です。

脱毛に適した時期はいつ?

夏は露出も多くなる時期なので、できれば夏までに脱毛を終わらせたいと春頃から脱毛を始める人もいますよね。脱毛を完了した状態で夏を迎えるためには、いつから脱毛を始めるのが良いのでしょうか?

脱毛はすぐに効果が得られて終わるわけではなく、毛周期に合わせて通い続けることが必要になります。脱毛サロンやクリニックでは、2〜3ヶ月に1回のペースで通うことが必要になるため、脱毛効果が得られると言われている5回を終えるためには、9月10月ごろからスタートするのが最適なタイミングとされています。

多くの人は春ごろから始めると思いますが、実は、春頃では脱毛完了までには間に合わないのです。脱毛に通っている途中で夏を迎えてしまい、日焼けをしてしまっては脱毛が受けられなくなってしまい効果も十分に得られないのです。

夏に間に合わせたいと考えている人は、9月10月ごろの秋からスタートさせるよう計画を立てておきましょう。秋ごろに脱毛スタート?と思う人もいると思いますが、実は、秋に脱毛を行うことは嬉しいメリットがたくさんあるのです。

秋に脱毛を行うメリットとは?

夏が終わった秋ごろから脱毛をスタートさせることで、嬉しいメリットもたくさんあります。

  • 紫外線が少ない時期
  • 料金が安くなる
  • 予約が取りやすい

秋に脱毛を行うメリットとしては、これらが挙げられますが、どれも脱毛を考えている人にとっては嬉しいメリットですよね。

紫外線が少ない時期

夏は紫外線が多く、どれだけ紫外線対策を行っていても日焼けをしてしまいます。医療レーザーは、お肌の黒い組織に反応してしまうため、日焼けをしたお肌に照射することでやけどのリスクが高まってしまいます。でも秋であれば、紫外線が少なくお肌も白い時期なので、脱毛効果も十分に期待することができるので、お肌にとっても最適な環境なのです。

料金が安くなる

春から夏にかけては、料金を安くしなくても脱毛を受けるために人が多いため、クリニックやサロンでは料金を下げることはあまりありません。夏が終わり秋になると、脱毛に行く人が少なくなるため、お得なキャンペーンや料金が安くなったりするのです。夏にはやっていなかったお得なキャンペーンが秋に始まるということもあります。

予約が取りやすい

夏は脱毛に通う人が多く予約が混んでしまい、どうしても予約が取れにくい状況になってしまいます。一番脱毛が必要な夏に予約が取れないなんて!と悔しい思いをしたことがある人もいるかもしれません。でも、秋であれば脱毛を行う人も少なくなるため、予約が取りやすいのです。脱毛サロンは通い続けなければならないので、予約がすぐに取れる時期の方が良いですよね。

このように秋に脱毛を始めるメリットはたくさんあるのです。秋から脱毛をスタートすることで、夏には脱毛が完了した状態なので、ムダ毛に悩みながら夏を過ごすこともありません。

季節に関わらず紫外線対策は必要

脱毛を受けているときは、紫外線による日焼けはお肌にとって大敵となるため、しっかり対策を行うことが必要です。夏でなくとも日差しが強い日などは、知らない間に日焼けをしてしまっているということも。

脱毛サロンやクリニックに通っていなくても、お肌のことを考えて普段から紫外線対策をしっかり行っておくことが大切なのです。

日焼け止めクリームを使用する

紫外線対策を行う上で日焼け止めクリームは欠かせないアイテムですが、外出するときにしか塗らないという人も多いかもしれません。日焼け止めクリームも状況にあわせて使い分けることで、紫外線対策を行うことができます。

また、日焼け止めは夏に限らず年中紫外線が降り注いでいるため、日焼けを予防するためにも1年中使用することがオススメです。そして、1度塗ったら塗りっぱなしではなくこまめに塗り直しを行うことも大切です。

特に夏は汗をかいて流れてしまうため、ウォータープルーフのものでも1日1〜2回は塗り直しを行い、通常の日焼け止めであれば2、3時間ごとに塗りおすことで日焼けを防ぐことができます。

日傘や帽子、サングラスを着用する

日焼けを予防するためには日焼け止めクリームが手軽で便利ですが、日焼け止めクリームだけでは紫外線を完全に予防することはできません。日頃から日傘や帽子、サングラスなどを着用して、紫外線対策を行いましょう。

日傘はUV加工が行われているものを選び、帽子はつばの広いタイプを選ぶことがポイントです。日傘のUV加工は時間が経つと効果が薄れてしまうため、3年を目安に買い替えを行うか、UVスプレーを使ったりするのもオススメです。

また、UV加工がされたカーディガンやストールなどのアイテムを普段から持ち歩くようにしておくことで、日焼け止めを塗り忘れてしまったときにも羽織るだけで紫外線からお肌を守ることができます。

NII-NA関連エントリー
脱毛で気になる日焼けとほくろについて

日焼けやほくろは、脱毛するときに何か影響が出るんじゃないかと不安という声をよく聞きます。「日焼けしたら脱毛できないってほんと?」「ほくろがある箇所は脱毛できないってほんとなの?」などという疑問が出てくると思います。脱毛したことがないという人は特にそういった疑問が出てきますよね。では、今回は日焼けやほくろが、脱毛する際にどのような影響をするのかを解説します

お肌のコンディションを整えて脱毛を行うために

夏に向けて脱毛を考えているという人も多いと思いますが、夏は紫外線も強くお肌にとってはダメージを受けやすい季節なのです。日焼けによって思うように脱毛が受けられないこともあるため、日頃から紫外線対策をしっかり行いましょう。