脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 初めての脱毛で一番痛みを感じるのはどこ?

初めての脱毛はやっぱり痛い?

初めての脱毛で一番痛みを感じるのはどこ?

医療レーザー 光脱毛 口コミ 自己処理 VIO 医療脱毛 家庭用脱毛器 脱毛の痛み

脱毛の痛みについてどのくらいなものなのかということについて紹介していきながら、痛みを軽減する方法についても紹介していきます。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初めての脱毛で一番痛みを感じるのはどこ?

目次

初めての脱毛というのは不安があると思いますが、実際は脱毛というのはどのようなもので、どのくらいの痛みがあるのでしょうか。

痛みが強いと不安で脱毛サロンなどに通う勇気が出ません。

脱毛の方法によって痛みがないものもあります。

脱毛の痛さの感じ方は個人差がある

もちろん、痛みの幅は人によって違いますし、痛みの感じ方の度合いも人によって違います。

なので、具体例をああげたところで個人差があるので痛みを知ることができないと思いますが、口コミや一番痛みを感じる場所などを紹介しながら痛みの度合いを知ってもらえたらなと思います。

痛みについての口コミ


では、まず脱毛の痛みは個人差もあるかと思いますが脱毛をしたことがある人に脱毛はどのような痛みだったのか聞いてみたので紹介していきます。

  • やっぱり痛かったです。もちろんその時の体調にもよると思いますが、痛みも輪ゴムで弾かれているような痛みでした。しかし、1度目が一番痛かったですが、2回目は1回目よりも痛みは軽かったですがやはり、痛みは続きました。(女性/20代/会社員)
  • 痛みはさほど感じなかったです。私は、脇をやったので痛みに慣れている場所だったので痛くなかったのかな?とプラスの方に考えています。最初不安だという人はカウンセリングの段階で話を聞いてみてもいいのではないかな?と思っています。(女性/20代/会社員)

痛みに対して、このような口コミが見られましたが、どうしても痛みはついてきてしまうようです。

もちろん、個人差もあるので、ここの部分は痛くなかったから、この部分は大丈夫だろうと思っていても痛かったというような声も見られます。

なので、脱毛は痛くない!というような意識で行くよりもどっちみち痛いのだから、痛くなかったらラッキーくらいの感覚で脱毛をやった方がいいでしょう。

一番痛みを感じる場所は皮膚が薄い場所

では、痛みを一番感じる場所というのはどこなのでしょうか。いくつか紹介していきます。

顔はなかなか刺激を受けない箇所になるので、どうしても光脱毛やレーザー脱毛など光を当てて脱毛をおこなうと刺激が強くなってしまいます。

また、顔は紫外線にどうしても晒されてしまって、日焼けをしやすくなっていますので、日焼けをしないようにしていないとなおさら、痛みが増してしまうので注意しましょう。

VIOライン


VIOラインは体の中で一番のデリケートゾーンと言われています。

また、一番肌の中で柔らかい部分ですし、痛みを与えられるような場所でもないので一番痛みが伴います。

特にVIOラインの中でも、Iラインが一番痛みが伴ってしまいますので、どうしてもVIOラインの脱毛はためらってしまう場合があります。

膝の裏

膝の裏のムダ毛を脱毛したいという人もいるでしょう。

しかし、実際は痛いのか痛くないのかわからないというような人もいるでしょう。

でも、多くの人が膝周辺の脱毛は痛かったと答える人がたくさんいます。

やはり、膝周りは柔らかくて、傷がついてしまうと残りやすい箇所になっているのでどうしても体の中でも弱い部分の一部になってしまいます。

このように上記にあげた3箇所は特に痛みが強く出てしまう場所になります。

あくまでも個人差があるので、痛みの度合いも痛みのある箇所も違いますが、多くの人は顔、VIOライン、膝周りは特に痛いと感じるようです。

自分のしたい箇所は痛くないのかなどを始めから知っておくことで多少なりとも覚悟はできるのではないでしょうか?また、カウンセリングの段階で相談もしやすいと思います。

痛みが感じやすい場所には特徴がある


痛みが感じやすい場所というのはどのような場所で場合なのでしょうか。

痛みというのはどうしても個人差が出てきてしまいますので、必ずしもここが痛いよ!こういう場所が痛みを感じやすいよ!などと断言はできません。

しかし、痛みを感じやすい部位には特徴があります。

毛が太い

毛が太い場合はどうしても毛が濃く見えてしまったり、密集しているように見えてしまいます。

光脱毛やレーザー脱毛では黒い色の部分の集中的に光をあてるのでけが太くなっていても黒い部分が多いような認識をしてしまって、そこを集中的に脱毛しようとします。

自己処理をしすぎたりするとどうしても毛が太くなってしまうので注意が必要になります。

毛が密集している

毛が密集しているような場合はこれこそ、黒い部分が多くなっているのでどうしても反応してしまいます。

黒く見えれば黒く見えるほど脱毛器の出力が強くなってしまいますので、痛みも増してしまいます。

肌が保湿されておらず、乾燥している

肌が乾燥している場合は光が当たることによって、肌への刺激が強くなってしまうので痛みも増してしまいます。

しっかりと脱毛をしてもらう前後には保湿をしなければありません。

保湿をするとしないでは痛みの度合いも違うので注意しましょう。

やはり、光脱毛やレーザー脱毛は黒いメラニン色素が集まっている場所に集中的に光をあてるようになっているのでどうしてもその部分が痛くなってしまいます。また、それだけでなく、肌が乾燥している場合も痛みを伴ってしまうので注意しましょう。

お肌の乾燥が痛みと関係しているんですね!

一番痛みが軽い場所は皮膚が厚い場所


では、一番痛みが弱い場所というのはどこなのかいくつか紹介していきます。

もちろん、個人差もあるので参考程度に考えてください。

指先

指先は皮下脂肪が少なく、皮膚と骨のみなので、それほど痛みはありません

痛いというより、生ぬるいような暖かさと言えるでしょう。

また、毛の種類もほかの部分の毛とは違っていて、柔らかい毛なので簡単に脱毛して抜くことができます。

痛みが強い箇所の痛みのようなピリッとした感覚はなく、温められているようなじわっとした感覚があるだけになります。

手足の甲

手足の甲も指先と同様です。

痛みは感じることはなく、生ぬるい暖かいような感覚になります。

手足の甲の毛もまた、柔らかいので抜けやすいというのもあり、痛みはあまりありません。

このように痛みが強い場所に比べて、どうしても痛みが弱い場所が少なくなってしまいます。

痛みが強そうだなと思っている場所が意外と弱い場所だということがわかりました。

特に、毛の密集していないような場所や肌の色が薄い場所、毛が柔らかいような場所は痛みが感じにくいようです。

あまりにも体毛自体が薄い場合は脱毛しにくかったり、脱毛できなかったりする場合があるようなので注意しましょう。痛みが弱い場所を脱毛する時は参考にしてみてください。

脱毛の痛みの強さと効果は比例している

では、脱毛の痛みと効果の関係性というのはどのようなものなのでしょうか。

脱毛の痛みが強い時は効果もよく現れるの?

脱毛の痛みが強いと効果は確かに強くなります。

というのは、光脱毛やレーザー脱毛は毛の黒い色素のメラニン要素に反応しています。

その時、光脱毛機の光の量や強さ、レーザー脱毛の光の強さによって、効果も変化し、レーザー脱毛や光脱毛の強さがと良いと効果も強くなりますが痛みも増していきます。

そのため、脱毛の痛みが強ければ強いほど、効果も強くなっていくのです。

脱毛の痛みは軽減することができる


もちろん、痛みが好きという人はいません。

脱毛の痛みというのはどうやって軽減することができるの?

その方法についていくつか紹介していきます。

光脱毛機やレーザー脱毛機の強さを弱くしてもらう

光脱毛機やレーザー脱毛機の光の強さなどは調節することが可能です。

脱毛をする前はカウンセリングというものがあります。

そのカウンセリングの段階で「痛いのが苦手」ということを話しておくことによって、光の強さを弱く調節してくれます。

また、カウンセリングが終わるとテスト脱毛というのもしてくれます。

その時に、スタッフから「このくらいの光の強さは痛くないですか?」などと実際に少しだけ脱毛器を当ててもらうことができます

その時に光の強さを調節してもらうことができるのでしっかりと痛みが耐えることができるような強さにしてもらいましょう。

レーザー脱毛をクリニックでする場合は麻酔を使ってもらう

レーザー脱毛をクリニックで行う場合のみですが、麻酔を使ってもらうことができます。

その麻酔というのも体に入れるような麻酔ではなく、塗るタイプの麻酔になります。

もちろん、クリニックは医師や看護師がいるので麻酔を使うことができます。

脱毛サロンやエステサロンでは使うことができません。

もし、痛みがあるのが怖いという人はカウンセリングの段階で相談して麻酔を使用するのも一つの手ではないでしょうか。

しっかりと冷やしてもらう

光脱毛でもレーザー脱毛でも施術をする前はアイシングをしてくれます。

このアイシングは痛みを少しでもやわらげる効果があります。

また、アイシングはしっかりとすればするほど痛みを抑えてくれる効果を表してくれるので、アイシングをしてもらう時にしっかり冷やしてほしい趣旨を伝えるようにしましょう。

アイシングは一回一回光脱毛機やレーザー脱毛機を当てる時にしてくれるのでそれだけでも痛みもそれほど強く現れないでしょう。

このように脱毛の痛みを軽減することができる方法はいくつかあります。

また、自宅でも家庭用脱毛器を使うような機会があるかもしれません。

その時は自分で麻酔も使えないのでしっかりとアイシングをして冷やすことによって、痛みを慧眼することができる場合もあります。脱毛をする時は実践してみてください。

脱毛の痛みに耐えられない時はしっかり伝える


痛みを軽減する方法を使ったとしてもどうしても痛みに耐えられないような場合もあるでしょう。

そのような時はどうしたらいいの?

スタッフにきちんと痛みが強いことを伝える

痛みにどうしても耐えられないような時はしっかりとスタッフに伝えるようにしましょう。
スタッフに伝えるときちんと対応してくれます。

その時も脱毛サロンかクリニックかで対応は違いますが、痛みがさらに少なくなるようにアイシングをもう一度してくれたり、箇所をずらしてくれたり光の強さを調節してくれます。

クリニックで麻酔を使う方法に変える

脱毛サロンなどでどうしても痛みに耐えられないという人はクリニックで脱毛をしてもらった方がいいでしょう。

クリニックは医師や看護師もいるので安心して脱毛をすることができます。

また、麻酔も使えるのでVIOラインなど特に痛みを感じるような場所に麻酔を使って痛みを少なくしていくれます。

このように痛みに耐えられない時はきちんと伝えるようにしましょう。

軽減できるように対策をとってくれると思います。

日常生活の中で痛みを軽減することができる

脱毛の痛い時に痛くないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

上記では痛くなる前に対策をということでしたが、実際に痛くなった時や痛くなる前に自分で痛みを解消するにはどうすればいいのかについて紹介していきます。

カフェインを摂取しない

カフェインは神経を刺激してしまいます。

余計に痛くなってしまったりするのでカフェインは摂取しないようにしましょう。

できれば、脱毛をする前の日の夜から摂取は避けましょう。

睡眠をしっかりととる

睡眠はしっかりととるようにしましょう。

睡眠をとることによって、体をリラックスできるような効果があります。

体がカチカチだとどうしても痛みが強く出てしまいますので、脱毛をする前日の夜はしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

前日に睡眠をしっかりとるだけでもだいぶ違います。

保湿をしっかりとする


保湿は脱毛をする前後に大切になってきます。

保湿をしっかり行わず、乾燥肌に脱毛処理をしてしまうと痛くなってしまったり、施術後に痒くなってしまったりします。

なので、しっかりと施術前後に保湿をしましょう。

保湿後に保湿するのは肌を荒れないようにするためもありますが、肌を保護して傷をつけないようにするためでもあります。

患部はこすらない

脱毛した箇所はこすったり、掻いたりしないようにしましょう。

もちろん、施術前にこするのもダメですが、施術後は特にこすってはいけません。

肌が傷ついてしまって赤くなったり、さらに痒くなってしまいますので、脱毛した箇所は極力触らないようにしましょう。

指示に従う

痛くなった時や肌にトラブルが起こった時はきちんとスタッフの指示を聞きましょう。

聞かずに自分で適当にやってしまうと、さらに痛みが伴ってしまったり、肌が荒れてしまったりするので注意しましょう。

このように自分で痛みを軽減する方法もいくつかありますので、痛みが嫌だなと思っている人は試してみるのもいいでしょう。

自分でできる痛くない脱毛方法はたくさんある

今は、脱毛が痛くてもいろいろな方法が沢山あります。

その方法について紹介していきます。

脱毛クリーム

脱毛クリームは脱毛したい箇所に塗るだけで簡単に毛を抜くことができます。

もちろん、脱毛クリームは痛みを伴う必要がありません。

脱毛クリームを使って毛を抜くときは引っ張らなくても済みますし、塗るだけで毛を抜いてくれるのでオススメです。

しかし、脱毛クリームは肌に悪影響になる場合もあるので使用には十分注意しなくてはなりません。痛みがあるのが嫌な人は脱毛クリームを使ってみるのもいいでしょう。

脱毛石鹸

脱毛石鹸といっても使用してすぐに毛がなくなるというわけではありません。

使用を長い間続けているとだんだんと毛が薄くなるというものです。

脱毛石鹸は長い間、使用していないと効果は現れません。

なので、長い間使い続ける必要がありますが痛みは全くなく、お風呂に入っているときに使えばいいのでオススメです。

脱毛スプレー

脱毛スプレーは脱毛クリームと似たようなものです。

しかし、脱毛スプレーは脱毛クリームに比べて手を汚さなくて済みますし、キメの細やかなので効果は十分あります

もちろん、使用方法は簡単で脱毛スプレーを脱毛したい箇所に吹き替えけるだけなので簡単です。

このように脱毛サロンやクリニックで行うような方法ではありませんが自宅で簡単にできるような脱毛方法になります。

また、痛みも伴うことのないような脱毛方法なので初めての脱毛で不安という人や痛みがない方がいいという人はとりあえず試してみるのもいいでしょう。

自宅で脱毛を行う時に痛みを少なくする方法


自宅で脱毛をする時に痛みが伴っては意味がありません。

カミソリや毛抜きなどで肌を傷つけてしまい痛みがあるのが怖いんです。

しかし、これから紹介する方法を試せば痛みを自宅でも軽減することができます

毛抜きの場合

準備するものは「サランラップ」「蒸しタオル」「毛抜き」「コットン」「保湿クリーム」になります。

では、実際にどのようにやるのかというと

  • 蒸しタオルを毛抜きで抜きたい部分に当てます。この時、しっかりと蒸らして毛穴を広げるようにしましょう。
  • 抜きたい毛の周辺を抑えます。
  • 毛の生えてる方向をしっかりと確認します。そして、毛の生えてる方向に抜いていきます。
  • 抜きたい毛を抜き終わったた、あとは毛穴を閉じるためにコットンで抜いた部分を冷水で冷やしていきます。
  • 保湿クリームなどをつけて終了になります。

このような方法を踏むだけで、肌も荒れることはありませんし、痛みも少なくて済みます。

毛穴を開くことによって、抜けやすくなるので痛みも少なくて済むのです。また、肌への影響もそれほどなくて済むます。なので、一度試してみてください。

脱毛には痛みは伴うのかについて知っていただいたところで、では、手法別に今度は痛みについて見ていきたいと思います。

また、その痛さの度合いと脱毛方法について比べて紹介していきます。

痛みが一番軽いのは脱毛サロンの光脱毛

脱毛方法で痛い脱毛方法よりも痛くない脱毛方法を知りたいですよね。

では、どの脱毛方法が一番痛くないのかについて紹介していきます。

もちろん、痛みには個人差もありますし、脱毛する部分にもよりますが、脱毛サロンやクリニックなどでするような脱毛方法の中で一番痛くない方法は光脱毛になります。

脱毛サロンやクリニックでするような脱毛法はどれも痛みを伴うのではないかというようなイメージがあると思います。

しかし、今の脱毛サロンやクリニックで行うような脱毛方法は痛みが少ないものもあります。

その中でも一番優れているのが、光脱毛です。

痛みが嫌いだけで脱毛サロンやクリニックなどで脱毛して見たいという人はまずは光脱毛から初めてみるのも一つの手ではないでしょうか。

光脱毛は光のパワーを使ってムダ毛にダメージを与える

光脱毛はどのくらいの痛みなのかについてメカニズムを紹介しながら書いていきたいと思います。

では、まず、光脱毛のメカニズムについて紹介していきます。

光脱毛というのはレーザー脱毛に少し似ている部分があります。

光脱毛はたくさんの光を一気に出して黒い色素の箇所に光をあてるような仕組みになっています。

黒い色素というのはメラニン要素のことをいいます。集中的に光をあてるわけではありません。

たくさんの光を出しているので光が分散されることになります。

分散されると、一箇所にかかる光の力も弱くなるので痛みがレーザー脱毛よりも軽減されることになるのです。

では、光脱毛のメカニズムについて説明したので光脱毛はどのくらい痛いのかについて紹介していきます。

レーザー脱毛に比べて光の出力も弱いので痛みはレーザー脱毛ほどではありません。

また、レーザー脱毛よりも施術自体も短時間で済むので痛みも断続的に長く続くわけではありません。

しかし、VIOラインは光脱毛でも痛いのは痛いです。

当たり前ですが、光を体のデリケートゾーンにあてるので痛くないわけがありません。

なので、どうしてもVIOラインは痛みが伴ってしまいます。

レーザー脱毛は光脱毛よりパワーが強い


光脱毛のメカニズムが痛みについて説明しました。

では、レーザー脱毛のメカニズムや痛みはどのようなものなのでしょうか。

まずは、メカニズムについて紹介していきます。

レーザー脱毛というのは光脱毛と違って、一本の集中的な光を出します。

その光はとても強いのでどうしても痛みを伴ってしまします。

そのぶん一点に集中して光をあてることができるので効果は抜群です。

しかし、これは光脱毛にも言えることなのですが、産毛などの薄い毛には不向きになっています。

産毛などは黒い色素として捉えられにくいので脱毛効果があまり見られないのです。

レーザー脱毛はこのようなメカニズムになっています。

レーザー脱毛は唯一永久脱毛できる方法ですので、脱毛効果もとても高いです。

そのかわり、光脱毛よりも痛みが伴います。

レーザー脱毛は痛みが強いからちょっと不安です。

しかし、痛みが強かった場合などは麻酔を使ったり、光の強さを弱めてもらったりすることができるので永久脱毛したいという人や痛みに耐えられないという人はレーザー脱毛で麻酔を使いながら脱毛してもらった方がいいでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛の痛みの感じ方は個人差が大きい

痛みの度合いとしてはあくまで、個人差はありますが、光脱毛はピリッとする程度か輪ゴムを弾いた程度の痛みです。

レーザー脱毛はピリッとというよりもヒリッとしたやけどしたような感じがするとレーザー脱毛がしたことがある人は言います。

しかし、あくまでもこれは個人差がありますし、もちろんやる部分部分によって痛みも違ってきます。

なので、脱毛サロンやクリニックなどでお試しコースというものがあるのでそれを試しにやってみるのもいいでしょう。

痛みはどのくらいのものなのかを知ることができますし、それからまた続けるかを決めることもできます。

一番痛い脱毛方法はニードル脱毛

一番痛い脱毛はどんな脱毛方法なのですか?

上記では全く触れてこなかったのですが、脱毛方法の一つにニードル脱毛というものがあります。

ニードル脱毛というのは針で毛穴を指して、それに電流を流して毛の元から焼いていくというものになります。

これも永久脱毛ではありません。

また、毛穴に針自体を指して、電流を直接流すので最も痛い脱毛方法になります。

どのような痛みなのかというとそのまんまですが、まず針を刺す時点で痛みを感じます。

そして、電流を流すとさらに強い痛みを伴います。

今では、光脱毛やレーザー脱毛などが主流になってきたので、ニードル脱毛をするという人は少なくなりました。

もちろん、痛みを伴うのであまり好んでやるという人はいないようです。

しかし、ニードル脱毛は白い毛にも脱毛を施すことができるので白い毛が多いというような人にはオススメです。

一番デリケートなVIOラインにニードル脱毛を行うのはものすごく痛いので痛みが苦手というような人はやめた方がいいでしょう。

痛みに慣れることはある

では、脱毛はいつまで痛みが伴うのでしょうか。

また、痛みがなくなることがあるのでしょうか。

最初は当たり前ですがどうしても痛みを伴ってしまいます。

脱毛を繰り返していくと痛みが最初の時よりマシになった気がします。

それはレーザー脱毛も光脱毛にも言えることになります。

では、どうして痛みが少なくなっていくのかというと、脱毛すればするほど毛の量が減っていくからです。

最初脱毛した時の痛みの度合いが10だとしましょう。

するとだんだんと脱毛するごとに1ずつ減っていきます。

最終的には痛みというよりも暖かいなと感じるくらいになります。

もちろん、これにも個人差があるので実際やってみた人しか体感することはできません。

また、痛みの減り方も個人差があるので注意が必要になります。

一回目が痛かったとしても何度か我慢するうちに痛みも和らいでくるので試しに何度か脱毛してみるのもいいでしょう。

痛くないと評判の脱毛サロン


では、痛くないと評判のオススメサロンについて口コミとともにいくつか紹介していきます。

オススメの脱毛サロンと口コミについて紹介していきます。

【子供も脱毛できる】キレイモ

子供も脱毛できるというのがメリットになっています。

また、ジェルは一切使用しません。

その代わりに一気に冷却してくれる、冷却機能つきの脱毛マシンを使用しています。

料金としては月額9500円で35箇所施術することができます。

キレイモの口コミ

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています。ムダ毛が生えてくるスピードも遅くなってきているので現時点でかなり脱毛処理が楽になりました。キレイモの特徴である脱毛しながらのスリムアップ効果に関してはそこまで大きな変化がないのですが、それでも少しは全体的に体が引き締まってきているかなというのは感じています。脱毛時の痛みによる不快感もないですし、これからも続けていきたいですね。(女性/46歳〜50歳/主婦)

【痛みの確認をしてくれる】ミュゼプラチナム

痛みがあるかないかを毎回しっかりと確認してくれます。

また、ジェルにも制毛や美肌の成分が入っているので肌も綺麗にすることができます。

料金としては両脇とVラインの組み合わせで通い放題で500円でできてしまいます。

ミュゼプラチナムの口コミ

脱毛は初めてだったのでどこかいいところを探していたのですが、そこでワキ脱毛がたったの100円というお店がミュゼだったのでお試しで行ってみました。施術に関しては丁寧でしたしお店も特に問題はなく大手ということで安心感がありました。肝心のワキ脱毛ですが痛みもなくフラッシュ脱毛ということであっさりと終わったので良かったです。やはり100円というのはインパクトがあり、しかし安いからといっても大手の技術があったので満足しています。(女性/26歳〜30歳/会社員)

【痛みの少ない脱毛機を使用】脱毛ラボ

痛みの弱い脱毛機を使用しています。

その方法はS.S.C方式といって、光の出力は変わりませんが光の種類が肌に優しいタイプのものになっています。

なので、痛みもさほど感じることはありません。

料金としては初回だけ48箇所を10ヶ月間無料で行ってくれます。

脱毛ラボの口コミ

脱毛ラボの全身脱毛をしましたが、他サロンに比べてとても安いと思います!全身脱毛専門のサロンなので、他サロンで部分の脱毛を少しずつ増やしていくのより断然安いと思いました!その分、お店の雰囲気にはラグジュアリーさは一切ありません。私の通ったサロンはビルの一室でしたので、トイレや施術した部屋もとても簡素です。ただ、それでも料金は安いのでコストパフォーマンスはめちゃくちゃいいと思いました!!金欠だけど、脱毛したい方にはオススメです!(女性/36歳〜40歳/主婦)

このように意外と今は痛みのあまり感じないような施術をしてくれる脱毛サロンが増えてきました。

痛みを感じないのはもちろん、嬉しいことですよね。なので、とりあえずはお試しで脱毛サロンに行ってみてどこの脱毛サロンが自分にあっているのか試すのもいいでしょう。

【まとめ】痛みを理解して脱毛方法を選ぶことが大切

脱毛が痛くなる仕組みとしては、やはり、脱毛は脱毛器で光を一気に当てたりすることによって、肌としては毛穴の根元に今まで感じたことのないようなものを当てるので、痛みを感じてしまうようです。

そして、痛みを感じる場所としても体の柔らかい部分が痛みが強いようです。

痛みを感じないようにするためにも脱毛サロンやクリニックなどでカウンセリングの際に相談しましょう。

スタッフに相談すると脱毛器の光の強さを弱めてくれたり、しっかりと冷やしてくれたりもしますが、今の脱毛サロンでの施術は思っているほど痛くありません。

それは、色々な脱毛器が登場しているためです。

しかし、VIOラインはどうしても痛みが伴いますし、他の部分も個人差によって痛みを伴ってしまいます。

特にレーザー脱毛に関しては一点集中的に光をあてるのでどうしても痛みを伴ってしまいますが、永久脱毛することができますし、効果も抜群なのでオススメです。

また、麻酔も使用できるので痛みが本当に嫌だという人は試しにレーザー脱毛してみるのもいいでしょう。そのほかにも脱毛サロンも種類が豊富なので色々な脱毛サロンでお試しコースを試してみるのもいいでしょう。

キレイモ

住所:東京都港区六本木4-8-6パシフィックキャピタルプラザ6F

キレイモに関する口コミ

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

ミュゼプラチナム

住所:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F

ミュゼプラチナムに関する口コミ

2016年から、施術部位が少ない人は、予約が1週間前からしか取れなくなってしまったのが不満です。以前... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

脱毛ラボ

住所:東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー16階

脱毛ラボに関する口コミ

脱毛ラボの全身脱毛をしましたが、他サロンに比べてとても安いと思います!全身脱毛専門のサロンなので、他... (36~40歳、女性)

公式サイトで確認