脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ VIO脱毛で失敗しないサロン選び

VIO脱毛で失敗したくない!気になる痛み対策や形、料金は?

VIO脱毛で失敗しないサロン選び

医療レーザー 医療脱毛 陰毛 光脱毛 口コミ 自己処理 毛周期 料金 VIO 脱毛 期間

今回は、VIO脱毛で失敗しないためのサロン選びや気になる痛みなどについて紹介してきます。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VIO脱毛で失敗しないサロン選び

目次

VIO脱毛といえばアンダーヘアのことですが、最近ではお手入れを気にする人が増えてきました。

下着で隠れているので人目につきにくい場所とはいえ、失敗はしたくないですよね。

VIOはデリケートな部分なので自己処理をしたくてもなかなかできないです。

最近ではVIO脱毛を自己処理ではなく安全に処理するために、脱毛サロンに通ってお手入れをする人が増えてきているんですよ。

VIO脱毛とはデリケートゾーンの脱毛のこと

VIO脱毛という言葉はよく耳にするという人もいると思いますが、実際は詳しくわからないという人もいるかもしれません。

Vライン、Iライン、Oラインってよく聞くけど、よく分かりません。

VIOのVライン、Iライン、Oラインはデリケートゾーンの各部位のこと

VIO脱毛の「VIO」は、アンダーヘアの形をアルファベットに当てはめた言葉であり、Vライン、Iライン、Oラインのことを指しています。

  • Vライン:ビキニライン
  • Iライン:陰部の両サイド
  • Oライン:ヒップ奥の肛門まわり

Vラインはビキニライン

Vラインはビキニラインのことですが、ショーツを履いた時に隠れる三角範囲のことを指します。

サロンによって呼び名が変わることがあり、Vゾーンやトライアングルとも言われます。

脱毛サロンやクリニックによってVラインの脱毛範囲も変わってきます。

Iラインは陰部の両サイド

Iラインは女性器周りの部分を指しますが、外陰部の両サイドは見えにくいため自分で処理をするにはかなり大変な場所です。

Iラインのお手入れをすることで、生理時のムレやニオイ、かぶれを軽減することができ、衛生的なので脱毛をする人も増えてきています。

Oラインは肛門周辺

Oラインは肛門周辺の毛ですが、ここも自分で確認することが難しいため、お手入れが困難な場所です。

Oラインは自分で見たことがないという人も多いですが、毛の量や太さなどは人によって個人差があります。

これらが一般的なVIO脱毛の部位になりますが、VIO脱毛には別の呼び方の脱毛方法として「ハイジニーナ」と呼ばれる脱毛方法があります。

VIO脱毛とハイジニーナの違いは毛があるかないか

VIO脱毛の時によく見かけるキーワードとして、ハイジニーナという言葉がありますが、これは、アンダーヘアを全て処理して無毛の状態にすることです。

ハイジニーナは「ハイジーン(hygiene:衛生的)」という語源から作られた造語で、海外セレブや女優などが挑戦したことにより一般的に知られるようになりました。

ハイジニーナはVIOラインの毛を全て無毛状態にすることを指しますが、VIO脱毛との違いとは、どのようなものがあるのでしょうか?

VIO脱毛は、アンダーヘアを一部残して毛量を減らしたり形を整えたりします。

Vラインの形を逆三角形卵型ハート形などの好みのスタイルを選び、不要な部分を処理するスタイルが一般的です。

アンダーヘアの処理は難しいと感じている人も多く、毛量を減らしてから形を整えたいなど好みに合わせて調整することが可能です。

Vラインの毛を好みの形に整えることもできるんですね!

一方、ハイジニーナはVゾーンを含めた全てのVIOゾーンのアンダーヘアを無くします。

アンダーヘアを全てなくすことで通気性がよくなり、衛生面やデリケートゾーンの悩み解決を目的として行う女性も多いです。

また、VIO脱毛でVラインを無毛状態にしてもらうことも可能であり、ハイジニーナ脱毛でVラインの一部を残すことも可能です。

どちらの脱毛も自分の希望をしっかり伝えておくことが必要です。

NII-NA関連エントリー
後悔しないハイジニーナ脱毛を受けるためには?

今回はキレイに安全にハイジニーナ脱毛を行うためのサロン選びなどを紹介します。

VIO脱毛のVラインは色々な形にできる

VIO脱毛を行う時にVラインを色々な形に整えることができますが、どのような形の種類があるのでしょうか?

  • スクエア(ナチュラル)
  • 楕円(オーバル)
  • 逆三角形(シンプル)
  • 逆三角形大き目(シンプル)
  • Iライン
  • ハイジニーナ(無毛)
  • ハート、スター型

これらがVラインの形の種類になりますが、ナチュラルなものから見た目にインパクトがあるものまで様々です。

【ナチュラルな見た目】スクエア

スクエア型は、VIO脱毛でも人気が高い形であり、ナチュラルな見た目になり清潔感も感じられるため、この形を選ぶ人が多いようです。

【女性に人気が高い】楕円(オーバル)

オーバル型はスクエアの角を丸くしたようなイメージですが、こちらもナチュラル感があるので、女性に人気が高い形になっています。

自分では丸くキレイに整えるのが難しいので、プロにお任せすることがオススメです。

【シンプルでナチュラル】逆三角形

逆三角形はビキニラインをそのまま小さくしたような形です。

こちらもナチュラル感があるので、自然な感じを好んでいる人には人気が高い形の1つです。

【シンプルで恥ずかしくない】大きめの逆三角形

先ほどの逆三角形を少し大きめに残すデザインです。

毛が残る面積は大きくなりますが、形がキレイに整えられているので、温泉などに行っても恥ずかしくない形です。

【ビキニラインがすっきり】 Iライン

細長い長方形ですが、脱毛しました!という感じが出ているので、ナチュラルが好みの人にはオススメできません。

両サイドのビキニラインから毛がはみ出すことはないので、好みの人には人気が高い形です。

【清潔感バッチリ】ハイジニーナ(無毛)

全ての毛を脱毛してしまうことをハイジニーナと呼びますが、日本ではハイジニーナにしている女性は多くありません。

海外ではハイジニーナにしている女性も多いですが、日本ではムダ毛が全てなくなることに抵抗がある女性が多いようです。

【個性的なアンダーヘア】ハート、スター型

最近では複雑な形に対応できる脱毛サロンもあり、ハートやスターの形などに整える人もいます。

また、ハートやスター以外の特殊な形にできる場合もあるので、違った形にチャレンジしたいという人は脱毛サロンの無料カウンセリングの時に相談してみることも方法です。

アンダーヘアのお手入れに気を使う女性は増えてきていますが、実際にVIOゾーンのお手入れ方法はどのようなものがあるのでしょうか?

VIO脱毛を自己処理で行うメリットは恥ずかしくないこと

VIO脱毛の脱毛方法として自己処理がありますが、自己処理はカミソリで行なっているという人も多いのではないでしょうか?

自分で行うのでコストもかからず手軽に処理できるのが良い点ですが、そのぶん注意しなければならないこともあります。

①いつでもどこでも脱毛が可能
②恥ずかしい部分を誰にも見られずに済む
③コストがかからない

これらが自己処理で行うメリットですが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

【自己処理のメリット①】いつでもどこでも脱毛が可能

自己処理は自分の好きな時に、好きな場所で気軽に処理ができます。

脱毛サロンやクリニックのように時間や人の目を気にする必要もないので、気軽さから自分で処理する方が良いという人も多いです。

【自己処理のメリット②】恥ずかしい部分を誰にも見られずに済む

VIOはデリケートゾーンであり、恥ずかしい部分なので人前で晒して処理してもらうのはちょっと…という人も多いですよね。

でも、1人なら誰にも見られることなく恥ずかしい思いをせずに処理ができます。

中には、脱毛したいけどVIOを人に見られることに抵抗があり、脱毛に踏み切れないという人も。

【自己処理のメリット③】コストがかからない

自己処理をしているという人の多くはカミソリなどを使って行なっていますが、カミソリ代だけで済むのでコストがかからないこともメリットです。

カミソリ以外にも脱毛クリームやブラジリアンワックスなどセルフで行う、脱毛グッズはドラッグストアで手軽に手に入るのでお金をかけずに処理することができます。

VIO脱毛を自己処理で行う注意点はスキントラブル

VIOは恥ずかしい部分だから自分でササッと処理をしてしまうという人も多いですが、自分で処理するのはメリットだけでなく注意しなければならない点もあります。

①自分で処理するので仕上がりにムラができる
②埋没毛などのスキントラブルが起きる
③処理の手間がかかる

自分で脱毛処理をすると、仕上がりにムラができてしまったりと見栄えが納得いかないものになってしまうこともあります。

【自己処理の注意点①】仕上がりにムラができる

VIOゾーンのお手入れのVラインは見える部分なので、しっかりお手入れをしているという人も多いと思います。

しかし、IOラインは見えない部分であり、見るために足を上げてきつい体勢になったりと、落ち着いて処理ができないこともあります。

また、Oラインは見えないだけでなく、肛門付近でデリケートな部位なので傷をつけてしまうリスクもあります。

見えない部分のケガが怖くて処理できないので放置しているという人も、案外多いんです。

【自己処理の注意点②】埋没毛などのスキントラブルが起きる

カミソリなどによる自己処理を繰り返していると、スキントラブルが起こりやすいこともデメリットになります。

VIOゾーンは毛が太く生えるスピードも早く、剃ったらすぐにチクチクしてしまい処理しなければ痒くなるという人も多いのでかなりの頻度で処理をしているという人もいるのではないでしょうか?

カミソリなどによる自己処理で、毛が毛穴に引っかかりそのまま皮膚の下で伸びてしまう埋没毛や毛穴にばい菌が入り込んで炎症を起こしてしまう毛嚢炎などになりやすいのです。

また、VIOゾーンはデリケートで皮膚も薄いため、カミソリや脱毛クリームなどによる刺激で色素沈着を起こしてしまうことも。

人目につかない部分とはいえ、見た目が汚くなってしまうのは、女性として困りますよね。

【自己処理の注意点③】処理の手間がかかる

アンダーヘアの毛は生えてくるスピードも早いので、処理の手間がかかり面倒です。

デリケートな部分でもあるので、慎重に処理をしていると時間がかかってしまいます。

普段からお手入れをしている人であれば、お手入れの手間は軽いですが、旅行前などお手入れをしていない状態からお手入れを始めると思ったより時間もかかり大変です。

これらがVIO脱毛の自己処理による注意点ですが、デリケートな部分だからこそ気をつけて行わなければトラブルにつながってしまうのです。

VIO脱毛を脱毛サロンで行うメリットは仕上がりがキレイ

では脱毛サロンでVIO脱毛を行った時のメリットと注意点は、どのようなものがあるのでしょうか?

①仕上がりがキレイ
②通い続けることでお手入れが不要になる
③キャンペーンでお得に受けられる

これらが脱毛サロンでVIO脱毛を行う際のメリットですが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

【脱毛サロンのメリット①】仕上がりがキレイ

脱毛サロンではプロの手で施術をしてもらえるので、仕上がりがキレイです。

また、Vラインの長さや形など、好みの通りにやってもらえるので自分で行うよりキレイな見た目になり、人前でも自信を持つことができます。

【脱毛サロンのメリット②】通い続けることでお手入れが不要になる

そして、通い続けることで自己処理の頻度も減り、手間がかからないので非常に楽になります。

プールやリゾートに行く時に慌てて処理をする必要もないので、いつでもキレイな状態がキープできます。

【脱毛サロンのメリット③】キャンペーンで安く脱毛が受けられる

脱毛サロンなどで受けると高いというイメージを持っている人もいますが、最近ではキャンペーンを使うことで、かなり安く脱毛を受けることができます。

脱毛サロンによってはVIOゾーンに適応されるキャンペーンなどもあるので、よりお得に脱毛を受けることができます。

これらが脱毛サロンでVIO脱毛を行うメリットですが、通い続けることでお手入れが不要になるのは嬉しいですよね。でも、脱毛サロンでの施術でも注意しなけばならない注意点もあるのです。

脱毛サロンでVIO脱毛を行う注意点は痛みがあること

VIO脱毛を脱毛サロンで行う注意点は、コストがかかることもありますが、一番は「痛み」です。

施術には痛みが伴うため、通い続けられないという人も。

①予約が取りにくいこともある
②通い続けなければならない
③コストがかかる
④痛みがある

これらがVIO脱毛を脱毛サロンで行う注意点ですが、詳しく見ていきましょう。

【脱毛サロンの注意点①】予約が取りにくいこともある

脱毛サロンによっては2ヶ月に1回、3ヶ月に1回という頻度で通うことになりますが、人気が高いサロンでは予約が取りにくいことがあります。

予約が取れず、決まった間隔で施術が受けられないということもあるのです。

脱毛サロンは予約が取れないと施術が受けられないので、思うようにVIO脱毛が進まないということもあります。

【脱毛サロンの注意点②】通い続けなければならない

VIO脱毛は1回で生えてこなくなるというわけではありません。

自己処理が不要になるまでに効果を実感するまでには、何回か通い続けなければならないのです。

【脱毛サロンの注意点③】コストがかかる

脱毛サロンにもキャンペーンがあり、お得に受けられるとはいえ、お金はかかってしまいます。

VIO脱毛も生えてこなくなるまで通うことを考えると、コストがかかってしまいます。

【脱毛サロンの注意点④】痛みがある

VIO脱毛はデリケートな部分であり、痛みに敏感です。

脱毛の際に痛みを感じることもあり、中には痛みに耐えられずVIO脱毛を断念してしまう人も。

最近では痛みがすくない機器も開発されていますが、痛みの感じ方は個人差も大きいため、実際に体験して見ないと分からないのが現状です。これらがVIO脱毛をクリニックで行う際の注意点になりますが、通い続けれるのかなどを考えて行う必要があります。

VIO脱毛の脱毛方法としてクリニックで行う医療脱毛というものがありますが、クリニックでは医療レーザーを使用しているので、永久脱毛が可能です。

ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛のお手入れを永久的にする手間を省きたいという人は、クリニックの医療レーザー脱毛が効果的です。

VIO脱毛をクリニックで行う時のメリットは永久脱毛ができる

VIO脱毛をクリニックで行うメリットは以下の通りになっています。

  • 永久脱毛ができる
  • 自己処理の手間が不要になる
  • 医療機関なのでアフターフォローも安心

医療レーザーでは永久脱毛が可能であり、自己処理の手間も不要になります。

そして医師のいるクリニックで行われるのアフターフォローも安心という点がメリットとして挙げられます。

しかし、クリニックでVIO脱毛を行う際は、いくかの注意点もあります。

  • 失敗したら元に戻せない
  • コストがかかる
  • 痛みがある

永久脱毛は二度と毛が生えてこない状態なので、失敗しても元の状態に戻すことができません。

一時的な思いつきでハイジニーナなどにしてしまい、後から毛を生やしたいと思っても難しい状態です。

そして、脱毛サロンと同様にコストがかかってしまい、場合によっては脱毛サロンより*割高になってしまうことも**あります。

また、医療レーザー脱毛の特徴として、痛みが強いということです。

痛みの感じ方は人によって個人差がありますが、医療レーザーは脱毛サロンで使用される光による脱毛器より出力が強いため、痛みが強いと感じる人も多いのです。

これらがクリニックでVIO脱毛を行う際の注意点になりますが、それぞれのメリットと注意点をしっかり理解して選ぶことが大切です。

VIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛なので、スキントラブルなどが起こりやすいとよく聞きます。

自己処理だけでなく脱毛サロンやクリニックの施術でもトラブルが起こることがあるんですよ。

自己処理のスキントラブルは見た目に関わるものも多い


VIO脱毛を自分で行うことによって起こるスキントラブルは、デリケートゾーンの見た目にも関わるものも多いです。

  • 埋没毛
  • 肌荒れ
  • 色素沈着
  • 毛嚢(のう)炎
  • 出血

これらがVIO脱毛の自己処理によるスキントラブルですが、カミソリや除毛クリームなどによって毛が皮膚の下で伸びてしまう埋没毛や、必要な角質がそぎ落とされてしまうことによる乾燥や肌荒れなどが起こりやすいトラブルです。

また、自己処理を繰り返すことによって色素沈着を起こしてしまい見た目に自信を持てないことも。

そして、上記の項目でも紹介したように毛穴にばい菌が入ってしまい、ニキビのような毛嚢炎を起こしてしまったり、カミソリや毛抜きによる出血などがあります。

自己処理によるスキントラブルは、自己処理を続けている限り解消されにくいため、ひどくなる前に対処する必要があります。

脱毛サロンやクリニックでのVIO脱毛によるスキントラブルはヤケド

脱毛サロンやクリニックでもVIO脱毛によるスキントラブルは起こることがあります。

  • 赤みが出る
  • ヤケド
  • 打ち漏れ
  • 色素沈着

これらが脱毛サロンやクリニックでの施術によって起こるスキントラブルですが、光脱毛の熱やレーザーの刺激によって、脱毛部位に熱がこもり赤みが出ることがあります。

通常であれば数日以内に元の状態に戻ることがありますが、悪化してしまう場合もあります。

そして、レーザーの刺激によりヤケドを起こしてしまうこともあります。

特に日焼けなどをしているお肌は、レーザーやフラッシュ脱毛器が反応するメラミン色素が増えているため、正常なお肌より刺激を与えてしまいます。

これによりヤケドを起こしてしまうこともあるので、日焼けをした場合は施術を断られることが多いです。

うち漏れは、レーザーや光脱毛器がきちんと照射できていない部位があり、その部位だけ毛が生えてきて抜けないということがあります。

これは脱毛サロンやクリニックのスタッフのミスによって起こります。

このようにVIO脱毛はデリケートなゾーンなので、脱毛によって様々なスキンとトラブルも起こりやすいのです。

脱毛サロンやクリニックでのVIO脱毛を考えている人の中には、VIO脱毛が痛いと聞いて痛みが不安という人もいると思います。

痛みが不安で通いたくても通えないんです。

VIO脱毛はIラインが一番痛いという意見が多い


VIO脱毛では痛いという人もいますが、中には全然大丈夫だったという人まで、痛みの感じ方には個人差があります。

部位ごとの痛みの程度では、一番痛いのがIラインという人が多いようです。

Vラインの痛みについての口コミ

  • Vラインはちょっと響く箇所もありましたが、全然我慢出来る痛さでした。痛みは人によって違うとは思いますが、私の場合は全然苦痛ではなかったです。
  • 痛みがまったく無いわけじゃあないけど、生理痛に比べれば全然ラクだと思った。
  • 他の部分に比べるとバチッときますが耐えれないほどではないです。あと、数回すると、痛みの感じ方が弱くなりました。
  • Vライン …… 輪ゴムでバチっと弾かれるような痛みあり。
  • Vはまあこんなもんか、という程度でした。事前にネットで調べたら、相当痛いというのがほとんどで不安に思っていたので、
    拍子抜けでした。

Iラインの痛みについての口コミ

  • Vラインよりは痛かったです。
  • 痛かった。針で突き刺されるような痛みでした。
  • Iラインで悲鳴出たけどそれ以外はまぁまぁ耐えられる痛みだった。
  • Iラインの方が痛みは強いかと思います
  • Iラインに近い程痛みが増します。

Oラインの痛みについての口コミ

  • レーザーは Oラインが痛かったです。
  • Oラインは特に針でチクッと刺されるような痛みがあります・・・ウッとうめき声が溢れるくらい、結構痛いと思います。
  • Oラインのほうが痛みは少なかった。
  • チクッと痛みはあるけど、我慢できる痛みです。

これらがぞれぞれの部位ごとの痛みの口コミですが、人によっても個人差があるようです。

その中でも特にIラインの痛さは強いと感じる人も多く、レーザー脱毛か光脱毛かによっても変わってくるようです。

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法は体調を整えること

VIO脱毛は痛いと聞くことが多いため、どうしても踏み切れないという人もいると思います。

そんなVIO脱毛の痛みを軽減させるためには、どのような方法があるのでしょうか?

  • ①生理前後の施術は避ける
  • ②不良の時は脱毛を受けない
  • ③普段からVIOゾーンの保湿をしておく

これらがVIO脱毛を行う際の痛みを軽減させる方法ですが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

【痛みを軽減させる方法①】生理前後の施術は避ける

生理前後はお肌が普段以上に敏感になっているため、痛みを感じやすくなります。

生理前後の時期を避けることで痛みを軽減させることも期待できます。

【痛みを軽減させる方法②】体調不良の時は脱毛を受けない

睡眠不足や風邪気味など体調が優れないと感じたらVIO脱毛は避けましょう。

生理前後と同様にお肌が敏感になっているので、痛みを感じやすくなります。

【痛みを軽減させる方法③】普段からVIOゾーンの保湿をしておく

基本的に乾燥している状態のお肌は、痛みを感じやすいと言われています。

そのため普段からVラインにボディークリームを塗るなど、保湿をしっかりしておくことで乾燥を防ぐことができます。

これらが痛みを軽減させるためにでできる方法ですが、痛みが心配という人はクリニックで受ける医療脱毛がオススメです。

なぜ痛みが強いクリニックでの脱毛がオススメなのですか?

クリニックでは、痛みに対して麻酔を使用することができます。

笑気麻酔という笑気と呼ばれるガスを吸入することによって痛みを感じにくくする方法と、塗り薬タイプの痛み止めを併用することができるので、痛みが緩和された状態で脱毛を受けることができます。

レーザー脱毛は光脱毛に比べて3倍ほどの効果があると言われているので、通う回数も少なくて済みます。

麻酔を使って少ない回数で通うことができるので、楽にVIO脱毛を行うことができます。

ではVIO脱毛はどれくらいの期間と回数がかかるのかを見ていきましょう

VIO脱毛に必要な回数と期間は毛周期が関係している

毛周期とは、毛が生まれてから抜けるまでのサイクルのことを指し、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分けられます。

毛が新しく生まれて伸びていく期間を「成長期」と呼び、成長が止まって抜け落ちるまでの期間を「退行期」と言います。

そして、毛が抜け落ちて、新しい毛が生まれて伸びるまでの期間のことを言います。

ムダ毛の脱毛を行う際に、肌の表面に見えている状態の毛は、皮膚の外まで伸びた毛である「成長期後期」の毛と「退行期」の毛になります。

このムダ毛が生えて抜けるまでのサイクルである毛周期ですが、カラダの部位ごとに周期が違います

また、私たちの目に見える皮膚の表面に生えている毛は、毛全体の約20%ほどであり、約80%は、休止期か皮膚の下で育っている最中なのです。ムダ毛が気になってムダ毛の処理をしていても、実はムダ毛の約20%ほどしか処理ができていなのです。

Vラインの毛周期は1年〜2年

主な部位と毛周期の関係について見ていきましょう。

部位 成長期 退行期・休止期 表面に生えている毛の割合
Vライン 1〜2年 1年〜1年半 30%

Vラインの場合は1年から2年のサイクルになるので、完全なツルツル状態にしたい!という人は長い目で考えておくことが必要です。

VIOゾーンの毛は太くてすぐに生えてくるイメージがありますが、このようなサイクルで生え変わっているので、全ての毛が生えそろってから照射をしなければ効果が得られません。

1回のVIO脱毛にかかる時間は平均30〜40分

VIO脱毛はデリケートゾーンを脱毛するので、恥ずかしさもありできればすぐに終わって欲しい!と思っている人も多いと思います。

VIO脱毛の施術時間は平均30〜40分ほどで終わることが多いです。

部位ごとの所要時間は以下の通りです。

  • Vライン:10〜15分
  • Iライン:5〜10分
  • Oライン:5〜10分

思ったより早く終わるんですね!これなら恥ずかしさも気にならないかもしれません。

脱毛サロンもクリニックも脱毛の施術時間だけを見ると、それほど差はないようです。

脱毛サロンでVIO脱毛が完了するのは12回以上必要

脱毛サロンでVIO脱毛を受けた時に効果を実感できるのは10回以上と言われています。

12回以上受けると自己処理が不要になる人も多いです。

VIO脱毛が完了する回数と効果をまとめてみました。

脱毛部位 脱毛回数
Vライン 10回〜12回
Iライン 14回〜16回
Oライン 14回〜16回

個人差はありますが、10回以上は通う必要があり完了するまでの期間は2ヶ月に1回通うことを想定して、約2〜2年半ほどです。

脱毛サロンによっては3ヶ月に1回のペースで通うところもあります。

医療レーザーでVIO脱毛が完了するのは6回以上

医療レーザー脱毛は効果も高いため、脱毛サロンよりは回数が少なくて済むようです。

脱毛部位 脱毛回数
Vライン 6回
Iライン 8回〜10回
Oライン 8回〜10回

個人差はありますが、VIO脱毛が完了する回数として脱毛サロンの半分ほどという意見が多かったです。

永久脱毛ができるので、仕上がりは脱毛サロンよりツルツルと言われています。

期間は2ヶ月に1回通うことを想定して約1年〜1年半ほどであり、脱毛サロンより早く終えることができます。

VIO脱毛に必要な料金は約6万円ほど

VIO脱毛を行うためにはどれくらいの料金が必要になるのでしょうか?

脱毛サロン
脱毛サロンではVIO脱毛の相場は6回以上の施術が目安となります。

ツルツルに仕上げたいという人は12回以上通う必要があります。

脱毛サロン 回数 値段 12回の値段
ミュゼプラチナム 4回 72,000円 21,6000円
プリート 6回 51,600円 94,800円
エピレ 6回 56,100円 11,2200円

脱毛サロンでVIO脱毛を受ける時の値段と回数の目安ですが、大体の脱毛サロンでは4〜6回のコースが1つの区切りとなっているところが多いです。

値段の相場としては5万円〜7万円となっています。

クリニック
クリニックではVIO脱毛は5回コースのところが多いです。

そして5回終えると効果を実感するという人も多いので、脱毛サロンに比べると少ない回数で済みます。

クリニック 回数 値段
アシリアクリニック 5回 67,285円
リゼクリニック 5回 105,600円

クリニックは回数は少ないですが、脱毛サロンに比べると値段は高めです。

アシリアクリニックは値段も脱毛サロンと変わらないので、かなりお得です。

VIO脱毛を行うにあたって生理中は脱毛は受けられるのか?などのギモンが出てくると思います。

VIO脱毛についてのQ&Aをまとめてみました。

【VIO脱毛のQ&A】脱毛に行く前日のVIOの処理はどうしたらいいの?


VIO脱毛を受けるときは、前日に自分で処理をしてから脱毛サロンに行く必要があります。

基本的にVIO脱毛を行う時は前日に処理をするようにサロンやクリニックで言われることが多いです。

また、自己処理ができていない部位については、施術を断られることもあります。

Vラインの処理
VIO脱毛を行うときは、Vラインのデザインなどによって処理の範囲が変わってきます。

  • ①Vラインの形を整えたい
  • ②毛量自体を抑えたい
  • ③ハイジニーナにしたい

これらがVラインの処理のパターンですが、どのパターンで行うかで前日の処理が変わってくるのです。

【Vラインの処理①】Vラインの形を整えたい

Vラインの形を整えたいという人は、残したい毛以外を剃ります。

例えば、ナチュラルな逆三角形にしたいと考えている場合は、逆三角形の形に沿っていらない毛を剃って処理をしていきます。

基本的に脱毛サロンやクリニックのVラインの照射は毛が剃ってある箇所のみなので、希望の形に整える必要があるのです。

希望の形に沿ってシェービングが難しい、自信がない!という人は、Vライン用のプレートを使って処理するのがオススメです。

プレートは逆三角形や楕円形などのプラスチックでできた薄い板で、プレートを当てながらシェービングを行うことで綺麗な形に整えることができます。

ミュゼプラチナムでは、VIO脱毛を行うお客さんに対してVラインプレートを無料で配布しています。

【Vラインの処理②】毛量自体を抑えたい

Vラインの毛の量自体を抑えたいという人は、最初の施術の時だけ全部剃ります。

最初の施術の時は全体的に照射を行うため全剃りを行いますが、1回の照射で全ての毛がなくなることはなく、時間が経つと生えてきます。

1回の施術後は全体の毛の約20%ほどの毛が抜けるので、毛量も少なくなりおさまりもよくなります。

2回目以降は、照射してほしい部分のシェービングのみで大丈夫です。

Vラインの全体をシェービングするのは、元々の毛の量などによって2回目も必要になることがあるので、脱毛サロンやクリニックのスタッフと相談して行うことが大切です。

【Vラインの処理③】ハイジニーナにしたい

ハイジニーナにしたいという人は、最初からVラインの全体をシェービングします。

この時、VラインとIラインの境目などケガをしやすいので注意しながら行いましょう。

電動シェーバーでも肌を傷つけてしまうことがあり、切れてしまうと治るまで照射ができなくなってしまいます。

Iラインの処理

Iラインの処理も希望の施術方法によって、前日の処理方法が変わってきます。

  • ①前面部だけを残したい
  • ②毛量を抑えたい
  • ③ハイジニーナにしたい

これらがIラインの脱毛を行う時のパターンですが、それぞれのパターンによって処理も変わってきます。

【Iラインの処理①】 前面部だけを残したい

Iラインを前面部だけを残したいという人は、Iラインの幅やどれくらい残すのかをチェックしておきましょう。

前だけ残すと場合は、正面からも少し見えるのでVラインとの繋がりも重要になってきます。

Vラインの毛量や範囲によってIラインの見え方も変わってくるので、調整しながら行う必要があります。

幅や残す範囲を決めたら鏡でチェックしながら電気シェーバーで剃ります。

【Iラインの処理②】毛量を抑えたい

毛量を抑えたい人は、最初と2回目は全部剃ります

そして3回目以降は様子を見ながら必要があれば全部剃ります。

2回ほど照射を受けると40%ほどの毛が抜けるので、毛量を抑えることができます。

Iラインは他の部位と比べて肌の色が濃いため、Vラインと違って2回ほど全剃りを行うのがちょうど良いのです。

【Iラインの処理③】ハイジニーナにしたい

Iラインもハイジニーナにしたいという人は、すべて剃っておく必要があります。

全剃りする場合は、粘膜に注意しながら処理を行います。

Iラインは粘膜が近く皮膚も薄く伸びるので剃りにくい部分です。

電気シェーバーのヘッドを細かく動かしながら、ケガに注意して慎重に行いましょう。

Oラインの処理

Oラインは自分で処理をするのは難しいですよね。

Oラインのような自分で処理が困難な場所は、シェービングをしてくれる脱毛サロンやクリニックもあります。

自分で処置をしてケガをしてしまうより、プロに任せる方が安全です。

剃り残しがあったら施術してもらえないから心配という人もいると思いますが、脱毛サロンによっては剃り残しに対してシェービングサービスを行なっているところもあります。

あくまで剃り残しに対してのシェービングサービスになるので、全く処理をしていない状態ではシェービングサービスも施術も受けられないことがあるので注意が必要です。

シェービングサービスを行なっている脱毛サロン

サロン名 VIOの対応 値段
ミュゼプラチナム Oラインのみ 無料
ディオーネ VIO全部 無料
脱毛ラボ VIO 有料1500円
銀座カラー IOラインのみ※ 無料

銀座カラーはシェーバー持参になります。

脱毛サロンによっては有料になることもありますが、VIO脱毛に関しては無料で行ってくれるところが多いです。

シェービングサービスを行なっているクリニック

クリニック VIO対応部位 料金
アリシアクリニック 全身 2000円(Oラインの多少の剃り残しは無料ですが、多すぎる場合は有料)
リゼクリニック 全身 無料
湘南美容外科クリニック 全身 1箇所につき500円

クリニックでも剃り残しや自分でシェービングがしにくい部分に対して、シェービングサービスを行なっているところもあります。

【VIO脱毛のQ&A】 生理中はVIO脱毛の施術が受けられる?

生理中はハイジニーナに限らずVIOゾーンの施術は脱毛サロン、クリニックの両方で受けられません。

生理中は脱毛を行うことで普段は気にならないトラブルなどが起こりやすくなってしまうのです。

生理期間中に限らず、生理前後はお肌が敏感な状態になっているので、いつもは平気な刺激であってもお肌トラブルの原因になってしまうことも。

体調のことも考えて生理中は刺激を与えないようにすることが大切です。

もし、脱毛の予約をしていたのに生理が来てしまったら、施術をキャンセルしなければなりません。

脱毛サロンによってはキャンセルが有料になってしまうところもあるので、初回のカウンセリングでしっかり確認をしておくことが大切です。

脱毛サロンの予約をキャンセルしたらお金がかかってしまうところもあるんですね!

ミュゼプラチナムはキャンセル料が無料

脱毛サロン キャンセル料
ミュゼプラチナム 無料
キレイモ 無料
銀座カラー 前日キャンセルはコース1回分消化
脱毛ラボ 当日キャンセルはコース1回分消化
ディオーネ 前日19時までの連絡で無料
プリート 前日キャンセルで無料

ミュゼプラチナムやキレイモでは、キャンセルに対してキャンセル料がかからないので急な生理の時などは安心して通うことができます。

そのほかのサロンでは前日までの連絡で無料になるところや、前日キャンセルでは1回分のコースが消化されてしまうことも。

コース1回分が消化されてしまう場合は、回数プランで申し込んでいる場合は1回分の施術が受けられなくなるので、かなり損になります。

キャンセル料を支払う必要はありませんが、予約していたコースが済んだこととみなされてしまうため、注意が必要です。

また、当日や前日のキャンセルだけでなく遅刻もキャンセル扱いになる可能性があります。

遅刻のペナルティーは脱毛サロンによっても変わってきますが、脱毛サロンの中には1分でも遅れてしまうとキャンセルと同じ扱いになり罰金が発生するということもあります。

ただし、このような場合は事前に連絡を入れず無断キャンセルとみなされた場合です。

あらかじめ電話連絡を入れておくと、施術をしてもらえ、キャンセル料もかからないのでペナルティーを回避することができます。

キャンセルに対する対応は各サロンによって違いがあるので、初回カウンセリングの時に当日のキャンセルに対する対応や、急な生理の時の対応などを確認しておきましょう。

クリニックでは、キャンセルに対する対応は脱毛サロンと違って無料のところが多いです。

クリニックはキャンセル料が無料のところが多い

クリニック キャンセル料
アリシアクリニック 無料
リゼクリニック 無料
湘南美容外科クリニック 無料

キャンセル料は無料ですが、当日のドタキャンや無断キャンセルはキャンセル料がかかる場合があるので、事前にしっかり確認をしておきましょう。

キャンセル料がかかる脱毛サロンやクリニックがあるので、仕事や学校で忙しいという人はキャンセル料がかからない脱毛サロンを選ぶことも方法です。

【VIO脱毛のQ&A】VIO脱毛の後に気をつけることは?

VIOはデリケートな部分であるため、脱毛後はキレイなVIOを保つために保湿が大切なのです。

脱毛サロンやクリニックで施術を受けた後は、皮膚が脱毛の刺激によって熱を持っています。

そのため照射された部分は肌の水分が奪われてしまい、お肌が乾燥してしまうのです。

でも、VIOゾーンの保湿方法ってどうすればいいの?

VIOゾーンの保湿やアフターケアの方法を見ていきましょう。

  • ①脱毛当日は入浴しない
  • ②炎症を起こしている時は炎症クリームを使う
  • ③シャワーの温度に気をつける
  • ④保湿ケア用品を使う
  • ⑤脱毛中は毛抜きをしない

これらがVIO脱毛後のアフターケア方法ですが、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

【VIO脱毛後のアフターケア①】脱毛当日は入浴しない

脱毛サロンやクリニックで施術終了後に注意点として説明されると思いますが、脱毛当日は入浴は控え、お肌を温めないように注意しましょう。

脱毛直後は施術を受けたお肌は熱を持っているため、激しい運動で多量の汗をかいたり、湯船に浸かってお肌を温めてしまうと脱毛後の炎症が長引いてしまうことがあります。

脱毛当日は湯船につからず、シャワーのみで済ますようにしましょう。

脱毛後は2〜3日は湯船につからず、また炎症が引かない場合も湯船につからないようにすることが大切です。

湯船につからないだけでなく、激しい運動や体温を上げるような行動は控えることが必要です。

【VIO脱毛後のアフターケア②】シャワーの温度に気をつける

VIO脱毛を受けた当日は、湯船に入らずシャワーのみとなりますが、シャワーの温度にも気をつける必要があります。

シャワーやお風呂は集めが好みという人もいると思いますが、熱めシャワーを浴びることでお肌が乾燥してしまうだけでなく、必要な皮脂まで落としてしまいます。

脱毛を受けた直後のVIOは、照射により熱を持って乾燥している状態です。

VIO脱毛後2〜3日はぬるめのシャワーで軽く流す程度に済ませておくのがオススメです。

シャワーの温度をぬるめにしておくだけでも、脱毛後のお肌の乾燥を防ぐこともできます。

【VIO脱毛後のアフターケア③】炎症を起こしている時は炎症クリームを使う

脱毛後はお肌が赤くなったり火照ったりするような感じがありますが、これは誰にでも起こる症状であり、脱毛後に時間が経つと赤みも引いてきます。

しかし、脱毛後に時間が経っても赤みが引かない場合などは、炎症を抑えるクリームを塗りましょう。

クリニックでは脱毛後に炎症を抑えるクリームを処方してもらえるので、炎症が気になったら塗るようにします。

炎症を抑えるためのクリームは、説明された通りに使用することが大切です。

時間が経っても赤みが引かない、痒みが出てきたなどの症状が進行したと感じたら、すぐに脱毛サロンやクリニックに相談しましょう。脱毛サロンによっては提携しているクリニックなどを紹介してもらえることもあり、クリニックでは診察を受けることができます。

放っておいて悪化してしまうと脱毛ができないこともあるので、すぐに対応するようにしましょう。

【VIO脱毛後のアフターケア④】保湿ケア用品を使う

VIOなどは普段から保湿などのケアをしていないという人も多いと思います。

デリケートな部分であり、お手入れの方法も分からないですよね。

デリケートな部分だからこそ、VIOをキレイに保つためには保湿ケアが大切なのです。

保湿ケアは保湿クリームを使うことです。

VIOゾーンは刺激に弱いため、自分のお肌に合った低刺激のものを選んで使うようにしましょう。

保湿ケアとして、クリームだけでなくVIOゾーン専用のボディーソープを使用することで、お肌に優しく洗いながらケアを行うこともできます。

きちんと保湿を行うことでビキニラインの黒ずみなども解消してくれる効果があります。

保湿を行うことVIOをキレイに保つことができますが、保湿のしすぎも注意が必要です。

保湿のしすぎでVIOが蒸れてしまっては逆効果になることも。

VIOが蒸れてしまうと不快感だけでなく、かゆみやニオイの原因になることがあります。

また、 VIO脱毛直後のお肌は敏感な状態なので、保湿のしすぎはVIOのトラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

適度な保湿を行い、VIOをキレイに保つようにしましょう。

特に生理中はお肌も敏感な状態になっており、ナプキンなどの刺激でお肌が荒れやすくなっているので、ケアをしっかり行いましょう。

【VIO脱毛後のアフターケア⑤】脱毛中は毛を抜かない

VIO脱毛に限らず脱毛は受けた直後は変化が見られません。

施術を受けて2週間後くらいから自然に毛が抜け落ちるので、それまでの間はムダ毛が気になることもあります。

ムダ毛が生えてきて気持ち悪いので抜いてしまいたい!という衝動に駆られてしまいますが、毛抜きなどで抜くことは控えましょう。

毛を抜いてしまうと次の脱毛の時に十分な脱毛効果を得られないことがあります。

光脱毛やレーザー脱毛は、毛根の黒い色に反応して照射を行います。

毛を抜いてしまうと毛根がなくなるため、照射効果が得られないのです。

脱毛を受けている間は、毛抜きではなく電動シェーバーなどを使用して処理を行います。

カミソリを使用すると、必要な角質まで削り取られてしまうためお肌のトラブルの原因になってしまうこともあるので、電動シェーバーでお手入れをすることがオススメです。

これらがVIO脱毛を受けた後のVIOゾーンのケアやアフターケア方法になりますが、VIO脱毛の直後だけでなく、普段から続けてケアを行っておくことが大切です。

【VIO脱毛のQ&A】VIOがおすすめの脱毛サロンとクリニックとは?

VIO脱毛の施術を受けるには、脱毛サロンかクリニックのどちらかで受けることになりますが、どのサロンやクリニックがオススメなのでしょうか?

自分に合った脱毛サロンやクリニックを選ぶときのポイントは、しっかり押さえておきましょう。

  • ①料金と支払い方法
  • ②施術時の痛みは?
  • ③脱毛完了までにかかる期間
  • ④お店の雰囲気やスタッフの対応

これらが自分に合った脱毛サロンやクリニックを選ぶときのポイントになりますが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

【ポイント①】料金と支払い方法

料金と支払い方法については、一番に気になるという人も多いと思います。

脱毛サロンのプランには、回数プランと月額制などの料金プランがあります。

自分が申し込みたいプランについてカウンセリングでしっかり確認をしておきましょう。

VIO脱毛コースなども脱毛サロンによって脱毛できる部位が決まっているので、事前に確認しておくことが大切です。

脱毛サロンによっては部位の追加料金が必要になることもあるので、追加料金の有無なども確認ポイントです。

そして、当日のキャンセル料金がかかるかどうか、剃り残しのシェービング代、コースの途中解約時の返金があるかどうかなどもチェックしておきましょう。

支払い方法については、一括払いか分割払いなのか、クレジットカードが使用できるのかなどもサロンによって対応が違うので、カウンセリング時に押さえておきたいポイントの1つです。

【ポイント②】施術時の痛み

施術時の痛みの感じ方は個人差がありますが、VIO脱毛は痛みを感じやすい部位です。

脱毛サロンによってはVIO脱毛を行う際に痛みが少ない脱毛機を使っているところもあるので、無料体験コースを利用して痛みを体験することも方法です。

いざ脱毛を始めた時に痛みが強くて通い続けられなかったという人もいます。

コースの途中解約はお金がかかってしまうこともあるため、通い続けられる痛みかどうかなどしっかり見極めておくことが大切です。

【ポイント③】脱毛完了までにかかる期間

脱毛が終わる期間はエステによって変わってきます。

脱毛サロンによっては2ヶ月に1回や3ヶ月に1回の頻度でしか通えないこともあるので、自分の希望した脱毛期間に終わらないことも。

どこのサロンやクリニックも毛周期に合わせて施術を行っていきますが、実際は予約が取れなかったりすることもあるので、自分の予定に合わせて予約が取れるかどうかも確認しておくことが大切です。

脱毛サロンやクリニックによっては、会員サイトで予約するのか、電話で予約するのかなどの予約方法も確かめておきましょう。

【ポイント④】お店の雰囲気やスタッフの対応

脱毛サロンは2、3ヶ月に1回の頻度で通うため、2、3年通い続けることになります。お店の雰囲気やスタッフの対応など、リラックスして施術が受けられるかというところもチェックしておきましょう。

カウンセリングの時には、実際に施術を受ける部屋などを見学させてもらったり、脱毛体験をさせてもらうことも方法です。

これらが自分に合った脱毛サロンを見つけるためのポイントですが、初回のカウンセリングの時にしっかり確認をして、納得して契約することが大切です。

口コミでわかるオススメの脱毛サロンとクリニック

脱毛サロン

【VIO脱毛がまとめて脱毛できる】ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは全身脱毛だけでなく、ハイジニーナ7というハイジニーナ脱毛ができるコースがあります。

VIOの7つの部位をまとめて脱毛ができるお得なコースです。

脱毛部位は、トライアングル上、トライアングル下、Iラインヒップ奥、へそ下、Vライン上、Vラインなので、骨盤周辺の広範囲のムダ毛の脱毛が可能です。

へそ下まで脱毛ができるのでビキニを着ても安心です。

ミュゼでは美容脱毛の「S.C.C.方式」を採用しているので、お肌への痛みが少ない脱毛方法であり刺激が少ないことも嬉しいポイントです。

そして、ミュゼでは一度に約300本ものムダ毛を脱毛することが可能なので、**早くハイジニーナ脱毛**を行うことが可能です。

ミュゼプラチナムのVIO脱毛の口コミ

  • 婚活中に将来の事を考えて、自分でお手入れするのが難しいデリケートゾーンの脱毛をしようと思いました。そこで、ミュゼプラチナムのハイジニーナ7美容脱毛コースというのがあることを知り、さっそく予約申し込みをしました。ブライダル脱毛まで待つことも考えましたが、今のうちから出来ることはやっておきたいと思いました。ミュゼプラチナムはCMでもよく見かけていたので選びましたが、選んで正解だったと思います。ハイジニーナ7美容脱毛コースで気になっていたデリケートゾーンがつるつるになり満足しています。
  • VIO全てやりました。Vは何とも無いのですが、IとOは熱いというか痛いというか体が反射してしまいます。でも話は出来る程度なので大丈夫です。Oは自己処理が出来なかったのですが、「構いませんよ」と言ってくれました。希望のラインぎりぎりまでやってくれて、うれしかったです。

【痛みが少ないVIO脱毛が受けられる】プリート

プリートはVIO脱毛のハイジニーナ専用の脱毛サロンになります。

VIO脱毛の専門サロンであり、脱毛可能範囲も他の脱毛サロンより広範囲であることが特徴です。

Vラインは骨盤全体から太ももの付け根まで、Iラインは股の間の広範囲の脱毛ができます。

VIO脱毛で太ももの上部まで脱毛できるのは、プリートだけであり、VIOの値段で施術が受けられるのも嬉しいポイントです。

そして、Vラインのデザインも豊富で9種類のオリジナルアンダーヘアカタログも用意されているので、Vラインも好みのデザインに脱毛することができます。

また、プリートでは**痛みが少ないVIO脱毛**という点も人気の理由です。エピアスという脱毛器を使用しており、照射のヘッドが小さいので痛みも少ないので痛みが心配な人でも安心できるという意見が多かったです。

プリートのVIO脱毛の口コミ

  • 私はVIOの脱毛を自分でしていたのですが、時間もかかるし見えづらい箇所があってお手入れに限界を感じたので、プロに脱毛をしてもらおうとサロンを探していました。インターネットで口コミが良かったプリートを選びましたが、他のサロンよりも脱毛回数が多い料金が安いのが魅力でした。プリートのVIOラインは痛みもなくスムーズに脱毛をしてもらっているので満足しています。完全に綺麗になるまでこれからもプリートに通い続けたいと思います。
  • VIOのラインは自己処理が難しいので、プロによる脱毛をしたいと思っていました。プリートのサロンは清潔で、スタッフの対応がとてもよかったので安心でした。プリートのスタッフの腕が良く、デリケートなVIO脱毛でも痛みがなく、施術がスピーディーだったので大満足です。光を照射するお手入れを繰り返しているうちに、毛穴も目立たず、肌もすべすべになったので、女子力がアップしました。恋活を頑張っちゃおうかなと思っています。

【日本人に合わせた脱毛マシンを使用】エピレ

エピレは大手エステサロン「TBC」の姉妹店ですが、老舗エステの脱毛技術を受けることができるので技術力の高い脱毛サロンです。

お客様の声を形にしたサロンということもあり、利用者からの満足度も高い人気のサロンの1つです。

また、値段もお手頃なコースが多く、コストパフォーマンスが高いと感じている人も多いです。

エピレではVIO脱毛のプランとして、VIO・5プランというものがあります。

VIO脱毛の範囲は、トライアングル、ビキニライン上、ビキニラインの両サイド、Iライン、Oラインとなっています。

基本的にショーツからはみ出す部分の脱毛になるので、パンツを履いた時にはみ出ているムダ毛が VIO脱毛の範囲とイメージしてもらうと分かりやすいです。

VIO脱毛に関しても**日本人に合わせた脱毛マシン**を使用しているので、痛みが少ないと感じた人も多いです。

エピレのVIO脱毛の口コミ

  • VIO部分は皮膚が薄いため幾分か痛みは感じますが、それでも肌にやさしいと謳っているだけあって、非常にスムーズに施術をしてもらえてとても満足しています。
  • 今までは陰毛の処理を自分で行っていて、カミソリを使用して処理していましたが、Vゾーンの剃り跡が目立ってしまう場合がある他、自己処理しにくいという不満点もあり、エピレでVゾーンの脱毛を行いました。エピレでのVゾーンの脱毛により、自分で処理する手間を省くことができたことに加え、とても綺麗な仕上がりになったため、夏場に水着を着用する際にも自信を持って着用することができるようになったので、とても嬉しかったです。

VIO脱毛がオススメの脱毛サロンは「プリート」

VIO脱毛がオススメの脱毛サロンは、プリートです。

VIO脱毛は痛みが強く続けられないという人も多いですが、プリートで使用される脱毛機は痛みが少なく苦痛なく通うことができるという人が多いです。

他の脱毛サロンに比べると値段は高めですが、脱毛の後に美白パックをしてもらえるプレミアムハイジニーナコースなどもあるので、黒ずみが気になる方にオススメです。

プリートは首都圏を中心に展開中ですが、VIO脱毛が1回1500円でお試しできるキャンペーンも行われているので、脱毛サロン選びに迷ったら、体験してみることも方法です。

クリニック

【無痛状態でVIO脱毛ができる】アシリアクリニック

アリシアクリニックは、医療レーザー脱毛が受けられるクリニックの中でも値段が安く丁寧な施術が人気のクリニックとなっています。

アリシアクリニックでは、ライトシェアデュエットと呼ばれる痛みの少ない最新機器を使用しているので、ほぼ無痛状態で脱毛が受けられることが特徴です。

医療レーザー脱毛は痛いと言われてきましたが、アリシアクリニックでの脱毛は痛みも少なく、脱毛サロンから乗り換える人も多いほどです。

また、アリシアクリニックでは6つのゼロという特徴があり、

  • 解約手数料が0円
  • 当日キャンセル代0円
  • 初診料0円
  • 再診料0円
  • テスト照射0円
  • アフターケアのお薬代0円

となっており、脱毛を受ける女性にとってかなり良心的なクリニックとなっています。

VIO脱毛では2つのプランがあり、Iラインの粘膜部分まで脱毛が可能なスムースプラン、粘膜ギリギリ部分の脱毛ができるビューティプランがあるので、粘膜部分まで脱毛してしまいたいという人にはオススメです。

【スタッフの全員が女性で安心】リゼクリニック

リゼクリニックは丁寧なカウンセリングとスタッフの対応で人気が高いクリニックですが、スタッフも全員女性が対応してくれるので安心できるという声も多いです。

値段だけをみるとリゼクリニックのVIO脱毛は少し高めですが、ライトシェアデュエット、メディオスター、ジェントルの3種類の脱毛機から、その人にあった機器を選択して脱毛を行ってもらうことができます。

ドクターの丁寧なカウンセリングと診察によって、脱毛機器を選んでもらえるので、自分のお肌に合わせた施術を受けられるのが特徴です。

そして、VIO脱毛では事前の自己処理が大変という人も多いですが、リゼクリニックではVIOゾーンの剃り残しのシェービングは無料で対応してもらえるので安心です。

値段は少し高めですが、カウンセリングの丁寧さやサービスを考えると、満足できると感じている人も多いです。

VIO脱毛がオススメのクリニックは「アリシアクリニック」

VIO脱毛がオススメのクリニックは、アリシアクリニックです。

他のクリニックに比べると値段も安く、痛みが少ない脱毛が受けられるのは魅力的です。

そして、キャンセル料や解約手数料などが0円でかからないことも良心的なクリニックです。

VIO脱毛でIラインは粘膜部分までツルツルにしたいという人は、**粘膜まで照射できるのはアリシアクリニックだけ**なのでオススメです。

【まとめ】VIO脱毛を行いキレイになるために

VIO脱毛はデリケートゾーンなのでお手入れをしたいと考えている人も多いと思います。

でもデリケートな部分だからこそ、施術を受けるのが恥ずかしいと思っている人もいますよね。

VIO脱毛は女性にとってメリットも多い脱毛なので、自分に合った脱毛サロンで施術を受けることがVIOをキレイにする秘訣です。

ミュゼプラチナム

住所:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F

ミュゼプラチナムに関する口コミ

2016年から、施術部位が少ない人は、予約が1週間前からしか取れなくなってしまったのが不満です。以前... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

プリート

住所:埼玉県富士見市東みずほ台1-9-4 パル・グループビル内

プリートに関する口コミ

初めてのときは、とても不安でコストも掛かるし元が取れなかったら嫌だなあと考えていました。通うのも大変... (36~40歳、女性)

公式サイトで確認

エピレ

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル43F

エピレに関する口コミ

店内はかわいらしい装飾やBGMですが落ち着いており、スタッフの方も優しく話しかけやすい雰囲気でした。... (21~25歳、女性)

公式サイトで確認

アリシアクリニック

住所:東京都豊島区南池袋1-16-18 Face池袋ビル5F

アリシアクリニックに関する口コミ

様々な脱毛ランキングで首位なアリシアクリニックなだけあり、予約は取りにくいです。アリシアクリニックは... (21~25歳、女性)

公式サイトで確認