脱毛サロンの光脱毛の種類と特徴について | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 脱毛サロンの光脱毛の種類と特徴について

光脱毛にもさまざまな種類があること知っていますか?

脱毛サロンの光脱毛の種類と特徴について

医療レーザー永久脱毛家庭用脱毛器光脱毛周期医療脱毛

せっかくキレイになるなら、自分が納得できる脱毛サロンや脱毛方法を選びたい。医療レーザー脱毛よりも効果が劣ると言われているものの、それ以上にメリットもたくさんあるため光脱毛は今でも根強い人気があります。そんな人気の光脱毛にも種類があり、それぞれの光脱毛に合う合わないがあるので、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解して自分に合いそうなサロンを探してみてください。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

せっかくキレイになるなら、自分が納得できる脱毛方法を選びたいですよね。医療レーザー脱毛よりも効果が劣ると言われているものの、それ以上にメリットもたくさんあるため光脱毛はとても人気があります。

サロン自体も豊富にあるので、どこで脱毛すればいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛より効果が低いって聞くけど、光脱毛はどんなところが魅力なの?

自己処理より脱毛サロンの方が安い?!

ムダ毛の処理は女性にとっては当たり前の時代です。あなたも毎日のようにムダ毛を剃ったり抜いたりしてキレイにしているのではないでしょうか。

しかし自己処理ではどうしても肌の負担が大きくなりがちです。特に自己処理でよく使われるカミソリや毛抜きを使い続けると肌がボロボロになってしまいます。

自己処理がスキントラブルの原因に

ワキのように毛が濃くて太い部分は、電気シェーバーでは剃りが甘くて黒いポツポツが目立ちますよね。

そのため毛抜きで毛根まで抜いて処理をするという人も非常に多くいます。

結果としてダメージを与えすぎてしまい、黒ずみや色素沈着で肌が汚くなって「どうしてあんな自己処理をしてしまたんだろう」と後悔してしまうことに…。

一番いいのは自己処理の回数を減らすことです。脱毛さえしてしまえばムダ毛で悩むことはほとんどなくなります。

結論から先にいっておくと、サロンの光脱毛であれば自宅で脱毛用品を揃えるよりも安く確実にキレイになります。

自己流で脱毛しようとしても結局中途半端になって、いつもと同じ頻度で自己処理をすることになります。

なぜなら効果がなかなか見えずに過度に使い過ぎてしまったり、脱毛するタイミングもよく分からずに処理してしまいがちだからです。

家庭用脱毛器は火傷の原因になることも

家庭用の脱毛器で有名なケノンは、本体の価格がだいたい70,000円です。家庭用の脱毛器を考えたことがあれば、1度は見たことがあるではないでしょうか。

確かに家で手軽に脱毛できるのは魅力です。

しかし家庭用脱毛器は照射出力が低いので頻繁に照射する必要がある上、自分で冷却から照射、アフターケアまでしなくてはいけません。

面倒になって保湿を怠れば、火傷してしまい跡が残ってしまうこともあります。自分でやると打ち漏れも多いので、まだらにもなりやすいです。

関連エントリー
家庭用脱毛器で自宅で脱毛!

家庭用脱毛器というものがあることを知っていますか。「家庭用脱毛器の仕組みって?」 「家庭用脱毛器って脱毛サロンに行くのと比べてどうなの?」などというような疑問が出てくるでしょう。実際、家庭用脱毛器の仕組みや使い方などはどのようなものなのでしょうか。今回は、家庭用脱毛器のメリットやデメリットについて紹介しながら効果はどのようなものなのかについて紹介していきます。

脱毛サロンは安く脱毛ができる

これが脱毛サロンだとどうでしょう。

例えば有名な大手サロンのミュゼの場合、ワキとVラインが回数無制限、通い放題で500円以下で脱毛できます。保湿も照射も全てスタッフにお任せ。

通うくらいしか面倒なことがありません。

特に今は脱毛サロンがたくさんあるために価格競争が起こっています。

そのためキャンペーンを行なっていることも多く、上手く利用すれば驚くほど安く脱毛が可能です。

オリジナルの保湿ケアなども一緒にしてくれるので、脱毛しながら美肌を目指すこともできます。

家庭用の脱毛器なら全身を自分で脱毛できるし…と考えているかもしれませんが、自宅の脱毛機器では期待するほどキレイになりません。

なぜなら自己流でやってもムダ毛はそうキレイにに抜けるものではないからです。

ここでなぜ脱毛機器を使うと毛が抜けるのか、そのメカニズムをカンタンに説明しておきましょう。

脱毛には毛周期が関係

毛には毛周期と呼ばれるサイクルが存在しています。

  • 成長期:毛母細胞の分裂が活発化している状態
  • 退行期:毛母細胞の分裂が停止している状態
  • 休止期:眠っている状態

毛は成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期…と生えて、抜けてを繰り返します。しかもこの毛周期の長さは部位によって異なります。短いとワキで3ヶ月〜5ヶ月、長いとVラインで1〜1年半です。

表面に見える黒い毛というのは成長期後期〜退行期の毛です。

表面に出ている毛の割合はだいたい2〜3割合程度。残りの7〜8割のムダ毛は肌の下で眠っていたり、育っている最中です。

レーザーを照射して効果があるのは、成長期の毛のみになります。

退行期の毛は、毛根から毛が離れてしまっている状態なので、照射してもレーザーが反応しません。

私たちが脱毛するときは、上手くこの成長期の毛に合わせてレーザーを照射していく必要があります。

毛周期に合わせて脱毛するのは難しい

家で毛周期を考えながら脱毛していくのは正直難しいでしょう。

照射出力が低いため効果がなかなか出にくいこともありますが、身近にあるからとついつい何度も使ってしまい、意味のない照射で肌を痛めてしまうだけです。

光脱毛はレーザーを照射して、ムダ毛の元になる毛母細胞毛乳頭にダメージを与えて毛が生えるのを抑える脱毛方法です。

毛母細胞は毛を成長させるための細胞、栄養を届けるのが毛乳頭です。ダメージを与えて機能を弱めて生えにくくしているだけなので、いずれ生えてきます。

照射出力が弱いほど与えられるダメージも少なくなるので、照射しても毛母細胞と毛乳頭の働きを上手く抑えられずに生えてくることもあります。

つまり家庭用の脱毛器で自己流でやっても上手く脱毛できないし、照射出力が弱くて効果が薄いしすぐ生えてくるということです。

経験と実績が豊富な脱毛サロンの方が、安く確実に抑毛ができます。

【まとめ】毛周期について

  • 毛には毛周期があり、部位によって毛周期の長さも違う
  • 成長期の毛に合わせて照射しなくては効果がない
  • 頻繁にレーザーを照射しても意味がなく、肌を痛めるだけ
  • 照射出力が弱いと抑毛できずに生えてくる

脱毛を受けるときは、脱毛エステサロンか医療脱毛クリニックのどちらを選べば良いのでしょうか?

メリットとデメリットがあるので、脱毛エステサロンと医療脱毛クリニックの違いを見ていきながら、どちらにするか選んでいくといいでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

単純にいえば照射出力に違いがあります。

脱毛エステサロンは医療機関ではないため、毛母細胞と毛乳頭を破壊するほどの出力を出すことができません。

破壊できるほどの強い照射出力を出せるのは医療脱毛クリニックだけです。

照射出力が違うだけで、光脱毛とレーザー脱毛では以下のように効果が変わります。

光脱毛は永久脱毛ができない

光脱毛は美容施術の範囲内で脱毛施術を行わなくてはならず、毛母細胞と毛乳頭にダメージを与えて弱らせることしかできません。

その点医療脱毛レーザーの場合は毛母細胞と毛乳頭を確実に壊すことができるので、永久減毛が可能です。

レーザーを照射したムダ毛は今後生えてくることはありません。

光脱毛の方が通う回数が多い

医療脱毛は効果が出るのが非常に早いです。1回照射しただけでも実感できるほど。

脱毛エステサロンの場合は、だいたい12回〜程度通う必要があります。

しかし医療脱毛クリニックであればその半分ですみます。期間でいうと医療脱毛クリニックで〜1年半、脱毛エステサロンで〜2年半くらいかかります。

レーザー脱毛には痛みが

照射出力が高いほど痛みが伴います。

痛みに弱い人にとっては通うのが苦痛になるかもしれません。

黒い色素のメラニンに強く反応するので、特に最初の1、2回は涙が出てくるかもしれません。

効果の高さと引き換えに痛みをガマンできるなら、医療脱毛クリニックでもいいでしょう。

光脱毛はダメージ少なく美肌効果に期待も

照射出力が高くてムダ毛に効果があるのは嬉しいことですが、効果が高いために肌への負担もまた強力です。

肌への負担が高いが故に炎症やむくみ、硬毛化、毛嚢炎といった副作用が出る可能性もあります。

光脱毛の方が照射出力が低い分、肌に優しいです。

ジェルやローションにこだわっているところも多くあるため、脱毛しながら美肌を目指したいという方は光脱毛の方が満足度が高い可能性があります。

光脱毛は完了まで時間が

光脱毛とレーザー脱毛は照射範囲にも差があります。

光脱毛というのは1回の照射で広い範囲に光を拡散させるため、面積が広い部位であってもさほど時間がかかりません。

しかしアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーといった医療レーザーは、レーザーの方向が一直線のために照射範囲も狭くなってしまいます。

ワキなどの小さな部位であれば問題ありませんが、全身脱毛だと光脱毛の方が早く終わります。平日に仕事帰りに通いたい人は光脱毛の方がオススメです。

光脱毛は低価格

基本的に料金は医療脱毛の方が高いことが多いです。

最近では医療脱毛クリニックでも安価なプランが続々と出てきていますが、全身脱毛などになると価格差が大きくなります。

脱毛エステサロンはサロン競争が起きているため、破格のキャンペーンを行なっていることがほとんど。

上手くいけばビックリするような値段で全身を脱毛できることもあるので、チェックしておくといいでしょう。

脱毛サロンは店舗数が多い

脱毛は何度も通うことになるので、近くに店舗がないと通うのがだんだんと辛くなっていきます。

店舗数が多いと自分の家や職場から近くて通いやすいだけでなく、万が一行きたい日時に予約がいっぱいでも他の店舗で予約ができたりと様々なメリットがあります。

脱毛エステサロンだと100店舗以上あるサロンがいくつもありますが、医療脱毛クリニックは湘南美容外科クリニック以外は店舗数が少ないので、近場に店舗がない場合は通いにくい可能性があります。

レーザー脱毛トラブルは医師がすぐ対応

脱毛施術にはやはりトラブルはつきものです。

肌への負担が少ない光脱毛であっても、熱を肌に与える以上は赤いブツブツやヤケドなど、なんらかの肌トラブルは起きる可能性があります。

医療脱毛クリニックは医療機関なので医師が常駐しています。

そのため万が一のときにもスムーズに診察、薬の処方をしてもらうことができるので安心感があります。

脱毛エステサロンは医療機関と提携しているところも最近では増えてきましたが、わざわざその指定の医療機関まで足を運ばなくてはいけないため、どうしても時間と手間がかかります。

【まとめ】脱毛サロンとレーザー脱毛の違い

脱毛エステサロン

  • ◎医療レーザーより痛くない
  • ◎肌に優しくて保湿ケアにこだわりがある
  • ◎脱毛施術時間が比較的短い
  • ◎料金がお手頃、キャンペーンもありお得感も
  • ◎店舗数が多くて予約の融通がきく
  • ×永久減毛ができない
  • ×通う回数が多い
  • ×肌のトラブル対応に時間がかかる

医療脱毛クリニック

  • ◎永久減毛ができる
  • ◎通う回数が少なくて済む
  • ◎トラブル対応が早い
  • ×とにかく痛い
  • ×肌への負担が大きい
  • ×光脱毛より脱毛施術に時間がかかりやすい
  • ×料金が少し高め
  • ×店舗数が少ない

「やっぱり私は光脱毛にしよう!」と決めたはいいものの、サロンがあり過ぎのでどう決めたらいいのか困りまってしまいます。

実は光脱毛にもさらに種類があることをご存知でしょうか?大まかに分けると、光脱毛にはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛の3つの種類があります。それぞれに特徴があるため、脱毛方法で選んでみると自分に合うサロンと出会える可能性が高くなります。

光脱毛で効果を実感しやすい「IPL脱毛」

光脱毛というとIPL脱毛が代表的です。IPLの正式名称は「インテンス・パルス・ライト」です。

家庭用脱毛器もこのIPL方式のものになります。黒い色素のメラニンに反応させることで、毛母細胞や毛乳頭に熱ダメージを与えてムダ毛を抑毛します。

キセノンランプというライトを照射するのですが、キセノンランプなんてそもそも聞いたことがないですよね。

キセノンランプというのは、エステでフォトフェイシャルなど美肌施術にも使われているランプで、カメラやスマホのフラッシュ のようにピカッと発光してメラニンに働きかけます。

医療レーザーは一直線の波長なので、働きかける場所によってレーザーの種類を変えなくてはいけません。

しかし、IPL脱毛で使われるキセノンランプは500〜1200nmと幅広い波長が組み合わさっているため、1度で広範囲のメラニンにアプローチすることが可能です。

広くそれなりの量を照射するので、医療レーザーのように強いパワーは出ませんが、毛母細胞や毛乳頭を弱らせるにはちょうどいいパワーです。

「IPL脱毛」のメリット

IPL脱毛は脱毛エステサロンの中では、比較的効果が高い脱毛方法です。

SSC脱毛よりは通う回数も少なくて済むので、即効性重視の場合はIPL脱毛選ぶといいでしょう。

医療レーザーよりも出力が低い分、ヤケドの心配や痛みも少ないので安心感も高いです。

特に太くて濃い毛に反応しやすいので、ワキやVIOなどはIPL脱毛で受けるのがオススメ。

ただし医療レーザーほどではありませんが、最初は痛いので覚悟しておきましょう。

またIPL脱毛は美肌効果も期待できます。

照射した光の刺激で肌が活性化され、コラーゲンの生成を促進するからです。フォトフェイシャルとは用途が違うため多少波長の設定が異なる可能性もありますが、脱毛のおまけでキレイになるとしたら嬉しいですよね。

実績も豊富な脱毛方式なので採用しているサロンも比較的多く、減毛効果もキチンと実感することができます。

「IPL脱毛」のデメリット

IPL脱毛はメラニンに反応するので、日焼けをしている場合には施術ができません。

夏場など日焼けをしやすい時期は、紫外線対策を徹底するようにしましょう。

また光脱毛の中ではどちらかというと痛みが強い部類に入ります。

医療脱毛に比べれば大したことはありませんが、IPL脱毛の痛みも辛いと他のサロンに移ってしまう人もいます。

気になる場合はカウンセリングでテスト照射を受けてみるようにしましょう。

「IPL脱毛」はこんな人におすすめ!

  • 効果が早く実感したい人
  • 実績が豊富な脱毛方式を選びたい人
  • 脱毛しながら脱毛効果を狙いたい人
  • ジェルなしで脱毛したい人

「IPL脱毛」を導入しているサロン

銀座カラー
⇒老舗の脱毛サロン。営業時間も長いため仕事帰りにも通いやすい!

キレイモ
⇒全身脱毛特化サロン。スリムアップ脱毛でダイエットもできるかも?!

グランモア
⇒価格改定で気軽に通いやすく変身!オーダーメイド脱毛で肌の負担も少ない。

ヴィトレ
⇒VIO特化。デリケートゾーンを失敗したくないならチェック必須。

プリート
⇒VIOの範囲が広い脱毛を探しているなら検討を。

エピレ
⇒TBCの脱毛技術をお手頃体験♪国産のオリジナルマシンで安心感◎

痛くないスピーディな光脱毛なら「SSC脱毛」

SSC脱毛も大手サロンで導入されており、サロン業界に浸透しています。正式名称は「スムーススキンコントロールメソッド」で、クリプトンライトを使用しているイタリア発の脱毛方法です。

ライト自体に何か効果があるわけではありません。IPL脱毛や医療レーザーのように毛乳頭と毛母細胞へダメージを与えるのではなく、有効成分の含まれている独自のジェルでムダ毛が生えるのを抑えます。

有効成分の入ったトレジャービーンズというブルーのカプセルがジェルに含まれており、クリプトンライトを当てるとカプセルの膜が破れて毛穴に成分が浸透する仕組みになっています。

SSC脱毛は、減毛というよりも「制毛」といった方が正しいでしょう。IPL脱毛は幅広い波長が組み合わさっているため、波長が安定していませんでした。

しかしSSC脱毛は安定したエネルギーを肌に与えることができるので、効果にもムラがありません。

ジェルの効果で産毛にも効果が期待できる

ジェルの効果で制毛するため、効果が実感しにくいといわれる産毛にも効きやすいといわれています。

痛みもIPL脱毛に比べて少なく、痛いに弱い人にもオススメです。熱を毛根に加える訳ではないので刺激が少なくて済みます。

有効成分はフィリニーブと呼ばれていますが、この成分には制毛成分の他に鎮静成分、美肌成分も含まれています。ジェルが苦手には辛いかもしれませんが、美肌ケアも一緒にできてしまうので効率もいいですね。

ただしSSC脱毛は、IPL脱毛に比べて時間がかかるので注意しましょう。

ジェルで毛の成長を抑えるという方法から、効果が出るまでに時間がかかってしまうのです。

効果を早く実感したいのであれば他の方法をオススメします。

「SSC脱毛」のメリット

SSC脱毛は痛みが少ないので安心して通い続けることができます。

痛みが強くてサロンを変える人もいるくらいなので、痛くないというのは実は非常に重要です。

肌にも優しいので肌へのダメージが気になることもありません。施術時間も比較的短く、長い施術がイヤだという人にはぴったりです。

またIPL脱毛は産毛のような細い毛に効果が出にくい傾向にあるので、背中や顔などの産毛をキレイにしたいのであればSSC脱毛を選ぶと満足度も高そうです。

ジェル自体に美肌成分が含まれており、照射すると同時に毛穴に成分が入っていくので美肌効果も期待できます。

「SSC脱毛」のデメリット

毎回ジェルを塗る必要があるため、冬場などは通うのが億劫になるかもしれません。

実際にジェルを塗るサロンに通っている人の中には、冬場は通うのをお休みしているという人も多くいます。

そうすると脱毛期間も必然的に長くなってしまいます。

ジェルの冷たさが気になる人はジェルなしのサロンにしたり、温かいジェルに変えられるかカウンセリングで確認するといいかもしれません。

「SSC脱毛」はこんな人におすすめ!

  • 痛みに弱い人
  • 脱毛の肌へのダメージが気になる人
  • 産毛もキレイにしたい人

「SSC脱毛」を導入している脱毛サロン

ミュゼ
⇒会員数300万人を突破。脱毛サロンの売上、店舗数ともに第1位の実力。

ミラエステシア
⇒全身脱毛が30分で終わるクーリング脱毛方式を採用!接客にも定評あり。

脱毛ラボ
⇒休止期の毛にも効果がある独自ジェルあり。支払いプランも豊富。

日焼け肌もOK!光脱毛の最新式「SHR脱毛」

SHR脱毛は毛周期に関係なく通える、日焼け肌でも施術OKなど、従来の脱毛の常識を覆すような最新式の脱毛方法です。

SHR脱毛は新しい理論に基づいています。いくら毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えても、発毛因子を作るバルジ領域をどうにかしなくてはムダ毛はいずれ再生されてしまうという考え方です。

バルジ領域のある毛包にダメージを与えるように作られており、繰り返し熱エネルギーを照射していく蓄熱型の脱毛方式となっています。

照射時に高熱は必要なく、じんわり温かく感じる温度でいいので痛みも感じることがほとんどありません。

産毛や白髪、金髪も脱毛が可能

バルジ領域は毛包内にあり、毛母細胞や毛乳頭にとは関係のない真皮に存在しているので成長期の毛に合わせて脱毛に通う必要もなく、大幅に時間を短縮して脱毛を完了させることができるのです。施術時間も30〜40分と短時間で嬉しいですね。

メラニンにアプローチする脱毛方法ではないので、日焼けをしていたりもともと肌黒な人でも安心して受けることができます。産毛にも効果バツグンで、白髪や金髪も脱毛可能です。

これまでの脱毛方法の欠点をすべて補う画期的な脱毛方式ですが、残念ながら採用しているサロンが少ないのが現状です。

新しい脱毛方法であるため実績が少ない

最近になって登場したこともあり、実績も少ないのが現状です。理論上は永久脱毛が可能ともいわれていますが、実証できなければ意味がありません。

今後数年〜数十年かけて少しずつ効果が認められるようになれば、SHR脱毛はドンドンと浸透していくのではないでしょうか。

ちなみに最近ではSHR脱毛と似たような方式の「NPL脱毛」も存在しています。ほとんど違いはないのですが、強いて言えばアプローチする場所です。SHR脱毛はバルジ領域のある毛包に、NPL脱毛はバルジ領域に直接アプローチします。

「SHR脱毛」のメリット

毛周期に関係なく通えるので、早く脱毛を終わらせることが可能です。

また一番のポイントは日焼けをしていても脱毛ができるという点です。

IPL脱毛などメラニンに反応する脱毛方法の場合、日焼けをしていると肌のメラニンにまで反応してしまいヤケドの原因となりやすいのです。

そのため脱毛施術をしている間は紫外線対策を徹底しなくてはならず、ストレスがたまっていた人も多いのではないでしょうか。

SHR脱毛であれば日焼けしていても問題なく施術ができるため、気楽に通い続けることができるでしょう。

従来よりも大幅に脱毛期間が短縮され、痛みもほとんどなく、安全性が高いなどメリットが非常に多い脱毛方法です。

「SHR脱毛」のデメリット

実際に毛が再生しないかどうかの確証がありません。効果の持続性の情報がまだないため、脱毛方式自体も浸透するのに時間がかかる可能性があります。

年月が経てば解決する問題ではありますが、実績が豊富な脱毛方法の方が安心感がある、というのであればIPL脱毛を検討してみましょう。

「SHR脱毛」はこんな人にオススメ!

  • 日焼けしている人
  • 早く脱毛を終わらせたい人
  • 産毛もキレイにしたい人
  • 白髪や金髪があるけど脱毛したいという人
  • リスクが少ない脱毛がしたい人

「SHR脱毛」を導入している脱毛サロン

ラココ
⇒全身脱毛がわずか20分で終わる驚きの早さ。値下がりした今がチャンス!

ストラッシュ
⇒ランキング上位組。続々店舗展開で注目度No.1

でも脱毛サロンによっては「オリジナルの脱毛方法」と書いてあるところもありますよね?

基本的に光脱毛は上記のいずれかに分類されますが、サロンによっては別の新しい脱毛方式、機器を導入していることもあります。公式サイトに詳細の脱毛方法が書いていないところもあるので、気になったら直接聞いてみてもいいでしょう。

オリジナルの脱毛方式で比較的有名な「ハイパースキン脱毛」

ハイパースキン脱毛は、SHR脱毛とは同様にバルジ領域をターゲットにしている発毛予防理論に基づいた脱毛方法です。

脱毛機器は「ハイパースキンカレン」という名称。

カレンは直営サロンもあり九州を中心に店舗を展開しています。

脱毛機器自体は全国で1400台も導入されており、主に個人サロンなどで導入されていることが多いです。

発毛予防理論はバルジ領域の毛母細胞の元となる発毛因子に注目。

今生えているムダ毛へのアプローチはせずに、ムダ毛のタネである発毛因子に光を照射して発毛自体を抑えるという方法を取っています。

今までの脱毛方法は成長期の毛に対してアプローチしますが、ハイパースキン脱毛では休止期の毛にアプローチします。そのため脱毛というよりも抑毛になるのでしょう。

高温を発生させる必要がないのでヤケドの心配が少ない

IPL脱毛のようなメラニンに反応する脱毛方式の場合、毛根だけではなく毛全体に熱エネルギーが行き渡るので痛みやヤケドの原因となりやすいのです。

しかしハイパースキン脱毛は高温を発生させる必要もないため、肌トラブルになりにくいメリットがあります。

産毛や白髪、金髪などの様々な毛に対応可能で、子供も脱毛できるほど痛みが少なくて安心です。

メリットも多いですこの方法ですが、どうしても休止期の見えない毛に対して施術を行うことから、なかなか効果が実感しにくい可能性があります。

成長の抑制に時間がかかるため、急いでいる人は他の脱毛方法を検討しても良さそうです。

「ハイパースキン脱毛」のメリット

ハイパースキン脱毛は肌に優しいといわれており、美肌効果も期待できる方法です。

照射する特殊な光はコラーゲンを活性化させるため、自己処理などで荒れた肌も施術を受けるたびにハリのあるキレイな肌になっていきます。

敏感肌や肌が弱っている人にはオススメの脱毛方法といえるでしょう。

発毛予防理論や脱毛方式に興味があり、ゆっくり時間をかけても良いという人は体験してみるといいでしょう。

「ハイパースキン脱毛」デメリット

特殊な脱毛方式であることから脱毛料金が少々割高です。

さらに効果が実感しにくいために「高いお金を払ってるのに全然効果がないんだけど…」と不満の原因になりやすいでしょう。

脱毛というより発毛予防なので、特にこだわりがないのであれば従来の脱毛方法の方が満足度が高い可能性があります。

「ハイパースキン脱毛」を導入している脱毛サロン

カレン
⇒子供脱毛の生みの親。過去トラブル実績0で安心と信頼がウリ!

光脱毛でキレイになるために

いかがでしたか?脱毛と一言でいっても種類は様々です。

特徴やメリット、デメリットを理解して、自分に合いそうなサロンを探してみてくださいね。

キャンペーンを行なっていることが多いので、定期的にチェックしてみるといいかもしれません。

せっかくなら安い時期にお得な価格でキレイになりましょう♪



3000人の経験者が選んだ!脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.1
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.0

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも多きな特徴です。まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

キレイモに関する口コミ

avatar

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています.../(46~50歳、女性)

キレイモの公式サイトで確認

2エルセーヌ

総合評価 4.1
料金・コスパ 3.9
施術 4.2
接客態度 4.3
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.1

エルセーヌは、創業33年の実績があるエステサロンです。フォロー体制も充実しているのがオススメポイント。きっとあなたの近くにも店舗があるのではないでしょうか。まずは公式サイトで確認を。

エルセーヌに関する口コミ

avatar

私の悩みの一つ(というかとても大きい悩み)の一つにデリケートゾーンのムダ毛が多いことでした。いつも自.../(31~35歳、女性)

エルセーヌの公式サイトで確認

3エピレ

総合評価 4.0
料金・コスパ 4.1
施術 3.9
接客態度 3.9
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.9

エピレは、独自開発した脱毛器を利用しているのが特徴の一つ。一般的に、12歳以上から脱毛ができるのですが、エピレは7歳から脱毛が可能になっています。肌に優しい施術と言えるかもしれませんね。

エピレに関する口コミ

avatar

店内はかわいらしい装飾やBGMですが落ち着いており、スタッフの方も優しく話しかけやすい雰囲気でした。.../(21~25歳、女性)

エピレの公式サイトで確認

4銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

銀座カラーに関する口コミ

avatar

脱毛は痛いというイメージがありましたが,初回お試し無料を体験し,痛みの無さに驚きました。カウンセリン.../(26~30歳、女性)

銀座カラーの公式サイトで確認

5シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

シースリーに関する口コミ

avatar

私がシースリーを選んだ理由は、全身脱毛のコストパフォーマンスです。約30万円で回数無制限で全身脱毛が.../(26~30歳、女性)

シースリーの公式サイトで確認