脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 脱毛口コミから考えた脱毛で失敗しないためのポイント

これから脱毛を始める脱毛初心者必見!

脱毛口コミから考えた脱毛で失敗しないためのポイント

医療レーザー 光脱毛 口コミ 周期 キャンペーン 医療脱毛

これから脱毛を始める方が失敗しないため、脱毛で失敗する原因や失敗しないためのアドバイス、優良サロンなど「脱毛で失敗しないためのポイント」をまとめてみました。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛口コミから考えた脱毛で失敗しないためのポイント

目次

綺麗になりたい女性に大人気の脱毛ですが、ここ数年でずいぶん脱毛サロンが増えてきました。

広告では親近感を覚える「芸能人」が多用され、キャンペーンの「手ごろな価格」につられ、ファッションの一部や美容院に行くような感覚で脱毛を始める方も多いです。

ところで、脱毛サロンに行けば、それだけでムダ毛のないつるつるの素肌になれると思っていませんか?初めて脱毛に行った人の中は、「こんなはずじゃあ・・・」といった思い違いによるトラブルが絶えません。

失敗しないためにはどのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?

「何万円もかけ、脱毛サロンへ通い始めたのに、どうしてこんなことになったの?」
そんな思いをするのは誰だって嫌ですよね。

そこで、脱毛に失敗しないためにこれから脱毛を始める方へどうやったら失敗を防げるのかよくある失敗と原因、また対策を具体的にアドバイスします。

【脱毛失敗体験①】脱毛したのに毛が生えてきた

脱毛サロンで施術を受けたけれど「普通にまた生えてきた」なんてことがあります。

特に「ワキ毛やVIOを数回受けてもほとんど変わらない」「背中やお尻などの細い毛に効果が出ない」なんて声をよく耳にすることもあると思います。

ではどうしてこんなことが起こったのでしょうか?

【原因①】部位ごとに脱毛回数の目安がある

何度も脱毛を受けたのに、効果を実感できないことがあります。

特に初めのころは、次々と生えてくる毛を見て「全然効果がない」とため息をつきたくなる場面も・・・。

しかし毛は部位によって生えている質が違うので、脱毛に必要な回数が微妙に変わります。

また太い毛など、照射の効果が出るまでに回数がかる毛があり、何度目かでようやく抜け落ちる場合もあります。

そこで参考までに、部位ごとの脱毛にかかる回数や期間の目安を表で表します。

光脱毛の場合

脱毛部位 脱毛完了回数 期間
全身脱毛 14~18回 2年4ヶ月~3年
ワキ脱毛 10~18回 1年半~3年
VIO脱毛 14~18回 2年4ヶ月~3年
手足・腕 8~18回 2年~3年
顔・背中 6~18回 6ヶ月~3年

レーザー脱毛の場合

脱毛部位 脱毛完了回数 期間
全身脱毛 5~6回 1年半~2年
ワキ脱毛 4~6回 約1年
VIO脱毛 5~6回 1年半~2年
手足・腕 5~8回 1年~2年
顔・背中 6~8回 1年~1年半

【原因②】脱毛効果は毛や肌の条件によって左右される

脱毛効果は、毛の濃さ、肌の色、毛質などさまざまな条件により変化します。

そこでどういう状態であれば抜けやすいか具体的にみていきましょう。

毛質

光脱毛はメラニン色素に反応する特殊な光を照射し、毛根にダメージを与えるため毛が濃いと効果が出やすいです。

そのため毛の太いすね毛や腋毛やVラインは減りやすく、毛の細い背中やお尻の毛は無くなりにくいです。

  • 太い部位 ⇒ なくなりやすい
  • 細い部位 ⇒ なくなりにくい

しかし腋毛やVラインなどの毛が太すぎる方はこの限りではありません。

太すぎる毛は元気あり、エステで受けられる照射レベルでは毛根がなかなかダメージを受けない場合があります。

肌色

肌色が濃いと光が肌の表面で吸収されてしまい毛根に届く分量が減ため脱毛効果が薄いです。

  • 肌の色が薄い⇒ なくなりやすい
  • 肌の色が濃い⇒ なくなりにくい

Iライン

元々の毛質もありますが、肌色が濃くてレーザーが届きにくいことと、デリケートな部分なので照射するレベルを低く設定しなくてはいけないため、毛は無くなりにくいです。

  • 肌色が濃くてレーザーが届きにくい
  • デリケートな部分なので脱毛機の出力を低く設定しなくてはならない

肌の乾燥

肌の水分量が少ないと、脱毛効果が出にくいです。

  • 肌に潤いがある⇒ なくなりやすい
  • 肌が乾燥⇒ なくなりにくい

密集

脱毛の効果があっても、元が濃いと変化を感じにくいことがあります。

  • 濃い部位 ⇒ 変化を感じにくい
  • 薄い部位 ⇒ 実感しやすい

【ポイント①】不安になったら別サロンのカウンセリングを受ける

一般的にワキなどの毛が濃くて密集している部分や、お尻など産毛が多い部位は回数が多くなりがちですが、「また生えてきた」「抜けない」と思ったら上の表を参考にしてください。

かかる回数や期間の目安よりも多くかかっているのに抜けが悪ければ、別のサロンでカウンセリングを受けてみるといいかもしれません。

【ポイント②】ワキ・Vラインはキャンペーンをうまく活用

ワキとVラインはどうしても期間や回数が多くかかります。

ですがこの部位は回数無制限のキャンペーンやお得なプランも多いので費用が高くなることはあまりありません。

ワキとVラインの通い放題コースを打ち出しているのは、現在のところ以下の脱毛サロンです。

  • ミュゼ
  • エピレ
  • ジェイエステ

実は、これらサロンでは、毎月、もしくは各月ごとにキャンペーンを行っており、ワンコインで回数無制限コースなどがあります。

それらを上手く利用すれば低価格に抑えることができます。

【ポイント③】脱毛効果は個人差があるため回数の見極めが難しい

思っていたように抜けなかったという失敗として他にも「コースの回数が終わっても毛が残った」「思ったよりも時間と回数が掛かった」という話をよく聞くのですが…。

初めから自分の脱毛にかかる必要回数が分ればいいのですが、人それぞれ抜け落ちるペースが違うため、素人がコースの回数を決定することは非常に難しいです。そのため費用と効果のバランスを見ながらの回数を決定するのは、プロでも見極めは非常に難しいと言えます。

【脱毛失敗談②】予約が取れず思ったように通えなかった

「無料のカウンセリングや初回の予約は、簡単に取れたのに、3回目辺りから急に予約が取りづらくなり『次回は、3ヶ月先です』と言われた」なんて不満をよく耳にしませんか?

脱毛サロンでは新規のお客様は比較的予約を入れてもらえますが、長く通っていると次回予約までの期間を長く取るようになります。

でも折角お金を払い込んだのに通わせてもらえないと損をされているような気がしますよね。

急にスパンが長くなれば「思うようにサロンに通えないなら、いつまでたっても綺麗になれない」と、腹が立たない人はいないと思います。

【原因①】毛周期にあわせてしか脱毛に通うことができない

一説によりますと、人間には約500万本の体毛があり、体の表面に現れている体毛は130万本~140万本位とされています。

毛にはサイクルがあり、毛を作る細胞が活性化している毛穴(成長毛)と毛は生えていても細胞がお休みしている毛穴(退行期)、そして毛が生えていない完全にお休みしている毛穴(休止期)があります。

このように、毛が休んではまた生えてくる周期を毛周期といいます。

毛周期は個人差があるものの、早くて1ヶ月、長いと3ヶ月ぐらいとなっています。

脱毛は、この中の成長期の毛にしか効果がありません。

そのため、ほとんどの脱毛サロンでは「毛周期による最適な期間は2カ月」としており、予約をそれより短い期間では取らせては貰えません。

脱毛になかなか通わせて貰えない原因は、まだ成長期になっていないムダ毛に照射してもコストがかかる割に効果が上がらないからのようですね。

また、長く通うと脱毛が進み、毛が生えそろう期間も長くなります。

そのため通いつづけると予約が3カ月~4カ月と長く変わるサロンもあります。

【原因②】通い放題プランで契約をしている

脱毛のプランには、大きく分けて二つあります。

一つは、「一定期間に通いたい放題の回数無制限」と、もう一つは「回数の指定があり期間は限定されていない」プランの2つです。

予約が取りにくいトラブルが発生するのは主に「通いたい放題のプラン」の方でのようです。

一見、メリットの多そうな通い放題プランですが、落とし穴はいくら頻繁に通いたくても予約が取れなければ意味がないということです。

予約が取れないと、さすがにちょっとどうしようかと考えてしまいますよね・・・。

【ポイント①】予約が取りやすく通い続けられるサロン選びが大切!

500万本の体毛が、全てきっちりと3つのサイクルで動いているわけではありません。

当然、初めのうちは、次々に成長期の毛に変化して行くため毛周期にもばらつきが出ます。

サロンでもそのことは理解していますが、あまり頻繁にお客様に通って欲しくないサロンでは、その事を言わず「2カ月や3カ月ごと」と線を引く傾向にあります。

しかし、初めのうちは、1.5カ月に一回のペースで施術を受けさせてもらえるサロンもあります。

ペースについては、初回のカウンセリングの時にしっかりサロンに確認しておくことが大切です。

【ポイント②】予約が取れない場合は途中で契約解除も考える

施術して貰えないのであれば、何時まで経っても綺麗になることはありません。

いくら言ってもサロン側の対応が変わらないようなら、そのサロンを辞めるという方法があります。

脱毛サロンでは、プランの中途解約を受け付けています。

ただし契約金額が5万円以上であることや契約して一ヶ月以上経っている場合が対象になります。

そして、利用客の都合によって契約をやめる場合には、違約金を支払うことが必要になってきます。

法律では、2万円までが違約金の上限とされています。

途中まで脱毛を施術していた場合は、脱毛した料金と違約金の両方を支払うことになります。

この場合、違約金の金額は全体額から脱毛料金を引いた金額の10%ぐらいになります。もし、まったく脱毛の施術を受けていない場合の違約金は、2万円となります。

でも予約を取れなかった上、違約金まで支払うなんて、何だか損した気分になりますよね。

そこで次はのりかえ割の検討をお勧めします。

【ポイント③】他のサロンへの「のりかえ割」を検討

「のりかえ割」とは、今まで通っていた脱毛サロンとは別のサロンで脱毛を始める場合に適用となる割引です。

現在、のりかえ割を打ち出しているサロンは、以下の脱毛サロンです。

  • 脱毛ラボ
  • キレイモ
  • ラ・ヴォーグ
  • C3
  • 銀座カラー

脱毛ラボでは、7/10まで全身脱毛が12ヶ月無料。2万円相当全身エステパック付きのプランがあります‎。

キレイモは、最大50000円もお得になります。

ラ・ヴォーグは、のりかえ割で最大50000円キャッシュバックされます。

これなら違約金を払ってもお得に脱毛が続けられそう!

あまり予約が取れないのであれば、この際「のりかえ」を検討してみることも方法です。

【脱毛失敗体験談③】脱毛サロンに実際に行くとイメージと違った

「広告を見て脱毛サロンに行ってみたら、想像となんか違っていた」という事がありませんか?

施術では直に肌に触れられるわけです。

それに最初に違和感を覚えたなら我慢してもなかなか通い続けることができません。

ところでこの「なんか違う」と思った原因は何でしょうか?

【原因①】清潔感が感じられない店内

サロンやお部屋は、本来綺麗でなければいけません。

しかし、一日に何人ものお客さんや従業員が出入りする部屋です。汚れは発生します。例えば、

  • 髪の毛が落ちていた
  • ごみ箱に汚れたショーツがあった
  • トイレや水まわりが汚れていた
  • なんとなく埃っぽい
  • 着替えるために用意された服が濡れていた

そのつど綺麗にすればいいのですが、残念ながら忙しくて汚いサロンがあるというのも事実です。

もちろん、たまたまスタッフが忙しかった場合もあるでしょう、

でも脱毛サロンでは直接に肌に触れられるわけですしデリケートな部分を施術することもあります。

汚れは気になりますよね。

そこで「汚い」と気になる場合は、契約する前にちょっと別のサロンを見にいくことも検討していいかもしれませんよ。

【原因②】スタッフの対応が良くなかった

脱毛で成功するためは、スタッフとのコミュニケーションも大切です。

お金を払うのだから、できればこちらの要望も聞いてもらえ、施術もサービスも満足できるスタッフに担当して貰いたい・・・。

そのため当然、スタッフの接客や相性の良し悪しは重要です。

しかし中には、「態度が悪い」「新規契約の勧誘がしつこくてイヤになる」「施術が雑」などといった相談できない雰囲気を持つスタッフを抱えているサロンもあります。

スタッフに気軽に相談できない雰囲気のサロンは、接客や技術に問題があるのかもしれません。

もちろん人間同士ですので相性もありますが、スタッフの教育がきちんとしていれば、ほとんどのお客様との関係で問題になることはありません。脱毛サロンスタッフの基本は「接客」と「技術」ですよね。

大手脱毛サロンは研修で接客マナーを学ぶ場を設けています。

脱毛の知識や技術的なことでは、スタッフが脱毛に関する民間の認定資格を取得していることが重要です。

その他にも各脱毛サロンの中でそれぞれの基準を設け、日々、脱毛技術の試験などを行っているサロンもあり、大手であればひとまずは安心と言えそうです。

【ポイント①】サロン側に迷惑がかからないよう気をつける

またスタッフ側から見ても、「シャワーを浴びずに来る」「連絡せずに遅れてくる」「ルールを守らない」など困ったお客様がいるようです。

プロと言っても人間です。

そうしたお客さまに最高の接客はなかなかできない時もあるかもしれませんね。

お互いに気持ち良く過ごすため、こちらも困ったお客にならないよう気を付けましょう。

【ポイント②】信頼できる友達からの紹介が良いサロンに出会える近道

良いサロンやスタッフは既にお客様を沢山持ち、指名で予約が埋まっていることが多いです。

そのため広告を見て飛び込みでサロンに来る新規顧客は、新人や空いているスタッフが担当する可能性が高いです。

しかしまだ通っていないのに、こちらから良いスタッフを指名することはできません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

まずは信頼できる友達からサロンや担当者を紹介してもらうことが良いでしょう。

友達もスタッフの技術に満足しているから続いていると思います。

ですが時には、友達のほうから「良いサロンだから紹介してあげる!」と話を持ちかけてくることもあります。

そうした場合、紹介料やサロンからのキャッシュバック目当ての場合もあり、注意が必要です。

もちろん本当に「良いサロンだから紹介してあげる」と持ちかけてくる場合もあります。その場合は、自分からキャッシュバックの制度についても話してくれると思いますよ。

【脱毛失敗体験談④】広告を見て施術を受けに行ったら勧誘にあった

脱毛サロンでの勧誘についての問題はかなり気になるという人もいると思います。

「広告も多く有名人やモデルのブログで目にしたこともあり、印象では安くてきれいな脱毛サロンだったので、試しに行ったところしつこい勧誘で長時間拘束された」

「ワキ脱毛のキャンペーンで行ったら、全身脱毛を勧められた」

「『これとこれを組み合わせた方がお得ですよ』という一見すると勧誘とは思わない方法でしたが、『これって勧誘?』と思った」

ほとんどの大手サロンではホームページに「勧誘はしません」と書いています。

ですが、やはり「勧誘なし」というのは難しいのかもしれません。

両脇をワンコインで脱毛して、お客様がそれ以外のお金を払わなければ、お店は潰れてしまいますからね。

【ポイント】勧誘に困ったら相談窓口へ

でも、どうしても納得がいかない場合は、本部に連絡するという方法があります。

お客様のクレームを受け付けるため、各サロンには「お客様相談窓口」が用意されています。

また外部機関では、このような団体に苦情を受け付けてくれる窓口があります。

  • 独立行政法人 国民生活センター 消費生活ホットライン「118」http://www.kokusen.go.jp/
  • 一般財団法人 日本エステティック振興協議会 相談センター「0120-15-8310(フリーダイヤル)」http://esthe-jepa.jp/

勧誘は契約中にも行われる

「キャンペーンが終わるとコースを勧められた」「高いコースを次々に契約させられた」「サロンが販売する化粧品などを買ってほしいと毎回言われる」など勧誘は継続して行なわれる特徴があります。

{自分にその気であればいいのですが、あまりに勧誘が多かったり断れないようでしたら、脱毛サロンのお客様相談窓口に相談することが大切です。

【脱毛失敗体験談⑤】脱毛を受けたら肌トラブルが起きてしまった

2017年5月12日、朝日新聞に、このような記事が載りました。

「脱毛エステで腫れ、やけど トラブル相次ぐ」
脱毛の施術を受け、やけどや炎症などを負ったというトラブル相談が、国民生活センターなどに相次いで寄せられている。同センターは「リスクと効果を確認して、施術を受けるか決めて」と呼びかけている。
(参照:http://www.asahi.com/articles/ASK5C7KNCK5CUBQU017.html

もちろんサロンで行う光脱毛でも、クリニックで行うレーザー脱毛でもトラブルを防ぐために安全面は気をつけていますが、ときにはトラブルが起こってしまうこともあります。

そこで、万が一トラブルが起こった場合の原因と対応を私たちも知っておきましょう。

【多汗症の原因】脱毛により汗が多くなったように感じることがある

汗が増えたように感じる原因の一つに勘違いがあります。

汗腺から出た汗は一旦ムダ毛に付着し、それから皮膚に流れ落ちます。

ただ、脱毛する前は、汗が体毛に付着して蒸発するため、実際に流れ落ちる汗は少ないです。

ですが光脱毛後は、汗を溜めておく体毛がなくなります。

そのため実際には汗の量が増えていないのに、増えたように感じる方が多いです。

【多汗症の対処法】脇汗パット・スプレー・クリームの活用

脇汗に関しては、脇汗パット・スプレー・クリームなどの良い商品がいくつも販売されています。それらを上手く使い、気持ち良く脱毛ライフを過ごしましょう。

【火傷の原因】肌が弱い・照射が強い

何らかの原因で毛根部やそれ以外の肌の黒っぽい部分が熱を持ちすぎると、脱毛によるやけどが生じます。

【火傷の対処法】自己判断せず医療機関へ

やけどの症状は、表面の色や痛みに関わらず深くまで損傷が進んでいることもあります。

やけどを負ってしまった場合、直後はしっかり冷却ジェルや冷たい水で絞った濡れタオル等で冷やします。

「なかなか熱や赤みが引かない」、「時間が経過して赤みや痛みが出てきた」など症状が現れたら速やかに皮膚科など専門の医療機関を受診してください。

「痛みもなく、肌表面も少し赤みがある程度だから大丈夫」と自己判断すると症状悪化させ跡が残ってしまうなど、後悔の原因となります。

【毛のう炎原因】炎症・細菌感染

毛嚢炎とは、ニキビのようなブツブツが肌に現れる皮膚炎です。

光脱毛も、クリニックの医療レーザー脱毛でも、メラニン色素への反応と熱を利用してムダ毛にダメージを与える仕組みなので、毛根周辺の毛包や表皮にも多少の熱ダメージが残ります。

健康なときは、皮膚にいる常在菌がバリア機能の役目をして悪い菌から肌を守ってくれています。

ですがレーザーやフラッシュを浴びた肌は一時的にバリア機能が下がります。

すると、普段はさほど悪さをしないブドウ球菌がダメージを受けた毛包に入り込み毛嚢炎を引き起こします。

このように脱毛で肌が弱くなると、毛穴の奥の毛包に雑菌が感染して毛嚢炎が起きやすくなるのです。

毛嚢炎には炎症が強いものと、細菌感染の要素が強いものがあります。細菌には黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などがあります。

毛嚢炎ができやすい場所は、おでこ、背中、ワキ、膝小僧、太もも、ふくらはぎ、VIOで、皮脂が多く分泌されるところや、ムダ毛が濃くてムレやすい=雑菌が繁殖しやすい部分にできると言われています。

毛嚢炎は、比較的誰にでも起こりやすい肌のトラブルです。

赤みや痛みが出ていないうちはそれほど心配することはありませんが、お手入れ方法によっては悪化することもあるので気をつけましょう。

【 毛嚢炎の対処法】早めに医療機関で治療を受けること

毛嚢炎は程度がひどくなければ自然に治ると言われていますが、広範囲にブツブツが広がって増えてきた場合や、痛みや痒みがある場合はできるだけ早めに受診してください。

基本はニキビと同じように患部を清潔にするのが一番の予防・対策になります。
ただ、多くの肌トラブルは、原因が複雑で、自分では対処が難しい面もあります。

そして、なぜか毛嚢炎にかかりやすい人もいます。

トラブルの際は、自己判断せず早めにクリニックを訪れてきちんと治療をしましょう。

毛嚢炎に有効な薬は、抗真菌薬やステロイドの軟膏、抗生物質の飲み薬などがあります。

クリニックでは、肌の状態によって、または治療段階に応じて医師が適切なものを処方してくれます。

またプツプツを無理に潰すと膿んでしまうこともあるので、余計な刺激を与えないように気をつけることも大切です。

脱毛中は、正しい肌ケアを

肌トラブルを防ぐためのケアは特別なことではなく、肌を健やかに保つ方法と基本的には同じです。

脱毛後の肌は、いつもより清潔に保つことと、保湿することに重点をおいて、バリア機能が低下した肌に雑菌が侵入するのを防ぎましょう。

日常生活では

  • 正しい洗浄
  • 保湿
  • こすらない
  • 日焼け止め

洗い方には気をつけよう

患部は清潔にしなければなりませんが、洗い方には気を付けて下さい。

脱毛直後の肌はとても敏感になっています。洗うときはこすらずやさしく手洗いしましょう。

脱毛直後は石鹸やボディソープなどの洗浄剤も控えたほうがいいですが、使う場合は肌に合ったマイルドなタイプを選び、しっかりと泡立ててクッションをつくって、肌を直接こすらないようにします。もちろん、スポンジやタオルでのゴシゴシ洗いは禁物です。

初めてでも安心して受けられる脱毛サロン

【無理な勧誘がない】エステティックTBC

TBCには無理な勧誘がないというのがいいですね。

実はTBC、過去に過度な勧誘が原因で行政指導を受けたことがあり、その後「無理な勧誘はしない」と全店舗に徹底的に教育されています。

1回1000円というお手軽価格で体験コースを申し込むことができますので、まず体験してみる事をおすすめします。

【予約が取りやすい!】銀座カラー

おすすめポイントはなんといっても予約の取りやすさです。

  • 1店舗当たりのベッド数が多いためにたくさんの予約を取ることができる
  • 夜22時30分までオープンしているため遅い時間も予約を取りやすい

予約が取れなければ脱毛は進みません。

その点、銀座カラーは比較的予約が取りやすいという口コミも多く、おすすめです。

【お肌に優しい脱毛が受けられる】ディオーネ

ディオーネは、非常に肌にやさしい脱毛方式で、3歳からでも脱毛できる全く痛くない方法 をとっています。

アトピーの方や敏感肌の方でもできる脱毛サロンなので、 肌トラブルが起きやすい方にお勧めです。
ただ値段が少し高いのがネックとなっています。

脱毛サロンを利用して失敗した口コミを紹介!

人気サロンで脱毛したけど時間がかかって失敗!

  • 仕事で腕や足を露出ていることが多いためミュゼで脱毛をしました。毛周期に合わせて2ヶ月おきに通えばすぐ終わると思っていたら、会員が多くて予約がぜんぜん取れず、実際は3ヶ月半~4ヶ月おきに通う事になってしまいました。結局、完了まで4年かかりました。値段的には満足ですが、こんなに長くかかると思っておらず失敗でした。
  • ミュゼで、今は全身9回目を通い終わりました。キャンセルや変更なしで9回通うのに3年かかったのに、18回って何年かかるの!背中やお腹は「ちょっと少なくなったかな?」と思うくらいで普通に生えてきます。仕方なく、腕や脇は美容外科で脱毛しました。
  • 脱毛に行こうと思って、「銀座カラー」「ミュゼ」「TBC」のどこのサロンに行こうか迷っています。でも銀座カラーやミュゼは会員数が多いため、ほとんど予約がとれないと聞きます。しかも、施術は3ヶ月に1回とか。早く結果を出したいから、高いけど医療脱毛にするべきかと検討中です。

最初は12回や18回はすぐに通えると思って契約をしますが、思ったより時間がかかって医療レーザー脱毛にすればよかったと後悔する人もいるようです。

脱毛の効果が感じられなくて失敗!

エステの脱毛は、安いけど効果が薄いって感じでした。時間の無駄でした。それを知っていれば、はじめから医療用のレーザーを使えるクリニックに行くんだったのにと後悔しています。料金は少々高いのですが長い目で見たらエステより安いかもしれません。脱毛サロンでは効果が感じられなかったので、早くクリニックで脱毛を受ければよかったと思います。

光脱毛と医療レーザーはパワーが違うので、効果の感じ方もかなり違いがあるようです。

脱毛が痛くて失敗!

脱毛って痛いんですね。全身脱毛を契約して、襟足からヒップまでやってもらいましたが、これがめっちゃくちゃ痛かったです。これからVIO脱毛などもあるので、これ以上に痛いとと思うと、かなり怖いです。

脱毛効果が得られなくて医療レーザー脱毛を受けたら、今度は痛みが強くて続けられないという人も多いです。しかし、効果を実感できるので痛くても医療レーザーを受けたいという人も多いようです。

脱毛サロンの勧誘がしつこくて失敗!

  • 一度サロンの説明聞きに行ったけど、「脇だけやりたい」と言ってるのに、やたらと他の部位も勧めてきてうんざりしました。
  • ミュゼに通ってますが、「勧誘ないって」言ってるのに回数が減ってきたら「あと○回やればツルツルですよ」「○○の箇所もやりたくなりませんか?」とか毎回言われます。

脱毛サロンの勧誘問題はきになる部分ですが、やはり勧誘されるサロンも多いのが現状のようです。

NII-NA関連エントリー
脱毛サロンは、口コミと値段を重視!

電車に乗ると、電車の交通広告には、脱毛サロンの広告が沢山。インターネットの広告をみても、脱毛サロンのバナーもいろいろ。口コミサイトをしらべてみても、世の中には、たくさんの脱毛サロンが。では、脱毛サロンに通った方は、どんな方法で、脱毛サロンを選んだのでしょうか?それはきっと、これから脱毛サロンを探す方の参考になるはず。ということで、今回は脱毛サロン経験者100人に、脱毛サロンを選ぶ時のポイントを聞いてみました!

脱毛したのに生えてきて失敗!

  • ウデとワキをしました。ウデは脱毛して2年ぐらいになりますが何本か薄い毛が少し生えてきてます。ワキもほぼ完了ですが薄い毛は生えてきてます。永久って訳にはいかないんだと思ってます。
  • VIOをエステの8回コースを受けました。でも、脱毛なんかしてなかったかのように生えてきます

このように脱毛サロンでの脱毛には色々な失敗があります。失敗しないために、今回の失敗談を参考にして脱毛サロン選びを行なってください。

脱毛サロンで失敗しないために

脱毛サロンは、上手に利用すれば、 美しさ・身だしなみ・スキンケアの観点から素晴らしいサービス であることは間違いありません。

ですが、利用者が増えると同時に、 さまざまなトラブル も起こっています。

せめて自分の身は自分で守れるよう、このガイドを活用してくれることを願っています。

TBC

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル43F

TBCに関する口コミ

今まで自己処理をしていたのですが、さすがはプロの技で見た目がとてもキレイになり、びっくりと同時に非常... (46~50歳、女性)

公式サイトで確認

銀座カラー

住所:東京都豊島区南池袋 1-19-4 幸伸ビル 8F

銀座カラーに関する口コミ

脱毛は痛いというイメージがありましたが,初回お試し無料を体験し,痛みの無さに驚きました。カウンセリン... (26~30歳、女性)

公式サイトで確認