脱毛と脱毛技術の歴史 | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 脱毛と脱毛技術の歴史

そうだったんだ、脱毛の歴史!

脱毛と脱毛技術の歴史

高周波脱毛医療レーザー永久脱毛光脱毛針脱毛カミソリ医療脱毛

今回は、そのような脱毛の歴史や海外の脱毛事情、脱毛に通ったことがない人も通ってことがある人でもこれさえ知っておけばこれからの脱毛も安心というようなことを紹介していきます。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

今や、脱毛はメジャーなものになってきました。

女性の大人の人だけではなく、男性や高齢者から子供まで行っています。

脱毛に通っているというような人で脱毛を体験したことがあって、脱毛の仕組みについて知っているというような人や脱毛サロンで働いているというような人であっても、脱毛の歴史の背景や脱毛の海外事情など知らないことがたくさんあるでしょう。

脱毛の歴史や背景について考えたことがなかったです。

脱毛についての歴史や背景は意外に知られていないことも多いんですよ。

脱毛処理は平安時代から始まった

脱毛処理というのは日本では平安時代から始まったとされています。

その時も、やはり肌を露出するときに皮膚から出ているムダ毛などは剃毛か脱毛かというのが身だしなみを整える手段として知られていました。

男性もヒゲを剃ったりする理由としてはやはり、人様に見れられても恥ずかしくないように整えるというような意味で行われています。

医学的な理由としては、逆まつ毛や多毛症などの治療のために行うということが主な理由になっていました。

医学的な理由では治療のために行われていたんですね!

人間の進化とともに体毛にも変化が起きた

では、その中で人の毛の歴史がどのようなものだったのかというと、人間は最初は全身に毛が生えていました。

それは猿が進化を遂げて人間になったからというようなものが大きな理由でした。

しかし、人間は猿から進化を遂げてさらにどんどん進化をすることで温度管理が自分でできるようになってきました。

毛で全身を覆わなくても暑い時は汗をかいて体温を下げて、寒い時でも一定の温度を保つことができるようになったことによって、毛がすくなくなっていきました。

今でも毛が残っている部分があります。

毛が残っているのかというと、髪の毛は頭を暑さなどから守っています。

そして、脚の毛や腕の毛などは汗をかいたときに汗を排出しやすくしたり、毛穴にゴミが入らないようにして身を守っているのです。

このように毛があるのには少なからず理由があるのです。

今は、脱毛して毛をなくすというような行為がメジャーになってきていますがそれも毛がなくなっても身体的には問題ないというようなことが証明されているので安心です。

脱毛に対する美的感覚は今と昔で違う

人は綺麗になりたいと思うのが当たり前だと思いますが、脱毛をすることに対してどのくらいの美的感度があって、昔と現在ではどのような変化があるのかについて紹介していきます。

昔よりも現在の方が脱毛に対しての美的感度が高い

脱毛が始まった当初は美的感度というよりも身だしなみの一つで脱毛を行っていたというような人がほとんどです。

特に額に関しては貴族の間だけで整えるようになっていたようです。

当初は庶民は脱毛というようなことはありませんでした

しかし、江戸時代に入り、庶民も脱毛は身だしなみももちろんのこと、美的感度としても脱毛が行なわれるようになりました。

特に、男性に関しては脚や顔、脇などを丹念に脱毛することによって、美容感度を競い合っていたといいます。

今では、身だしなみというよりも美的感度として脱毛を行っているというような人が多く見られます。

本来なら脱毛してなくてもいいような箇所も脱毛していますし、今の脱毛器は美容に関して、気遣った脱毛器も増えてきました。

昔に比べて、現在は美的感度が高まってきたというようなことが言えます。

国によって脱毛に対する美的感度に違いがある

日本で脱毛を行なうことはもちろん、身だしなみというような意味合いもあります。

そして、身だしなみだけでなく、最近では美的な意味合いでも脱毛するようになりました。

では、海外では脱毛に関しての意識はどのようになっていて、日本との違いはどのようなところなのか紹介していきます。

海外も脱毛に対しての意識は国によって違います。

例えば、脱毛先進国であるアメリカは日本と同じように脱毛をするというようなことは綺麗になる、美しくなるというような意識が高くあります。

また、日本と同様で全身脱毛を行なうというような場合が多いです。

しかし、ヨーロッパのほうになると意識が違ってきます。

日本は脱毛を美的意識も含めて行っていますが、ヨーロッパはムダ毛など脱毛はしません

脱毛をしない理由としてはムダ毛が生えていても肌の色が日本人よりも白いので気にならないのです。

日本と違う大きな点がひとつあります。

それは、アンダーヘアの処理は必ず行っているという点です。

アンダーヘアの脱毛というのは日本人はしている人もいますがまだまだ少ないです。

海外の人たちはアンダーヘアを処理していないことは「不潔だ」と考えることが多いようです。

アンダーヘアの脱毛は、成人前の女性でも必ず行なっています

もちろん、ヨーロッパなどでは、アンダーヘアの脱毛を美的意識で行なっているということが言えます。

脱毛を美的意識で行なうというのは世界共通のことなのかもしれません。

現在の脱毛に対しての美的感度の意識は高い

現在と昔についてや国ごとの美的感度の違いを見ていきましたが、現在の脱毛に対しての美的感度の意識について見ていきましょう。

今は脱毛に対してどのような意識を持っているのかが気になります。

昔の美的感度の意識
日本は昔は脱毛は美的意識で行なうというようなことは少なかったようです。どちらかというと、身だしなみを整えるというような意味で脱毛をしていたようです。

現在の美的感度の意識_
現在の日本では脱毛に対して、美的感度の意識が高くなっています。

昔から、脱毛は行なわれてきましたが脱毛する箇所も脇や脚などのムダ毛を脱毛するのが普通でした。

しかし、今はもちろん、脇や脚の脱毛も行ないますが、昔の脱毛のように身だしなみというような意味とは違って、美的感度の意識の高さが伺えます。

今現在は普通なら下着をしたらみえないようなアンダーヘアも脱毛するようになっています。

アンダーヘアを脱毛するということは温泉に行ったとき、プールや海で水着を着るときなどの大変便利です。

そして、普通にしていると見えないところまで脱毛するようになったということはやはり、美的感度が高くなっているということが言えます。

脱毛の技術の変化は時代とともに変化している

時代とともに脱毛技術は変化していますが、その変化について紹介していきます。

年代別の脱毛の種類
年代別に脱毛の種類について紹介していきます。

【脱毛技術の変化:220年前】ワックス脱毛が主流

「ワックス脱毛」というのは、古代のローマ時代からあったようですがその時代はまだ「ワックス脱毛」としてははっきりと確立しておらず、「脱毛剤」として使用されていたようです。

1800年には「ワックス脱毛」 が開発されていて、使用していました。

それから、50年ほどしてからようやく、「ワックス脱毛」がアンダーヘアに使われるようになりました。

ワックス脱毛はそんな昔からあったなんて驚きです。

【脱毛技術の変化:120年前】ニードル脱毛が逆さまつげの治療として開発

これは、アメリカで逆まつ毛の治療法として開発されたのが始まりと言われています。

レーザー脱毛や光脱毛が開発される前は「ニードル脱毛」が主流になっていました。

もちろん、この「ニードル脱毛」という方法は今も行なわれています。

【脱毛技術の変化:60年前】レーザー脱毛が開発された

「レーザー脱毛」アメリカで開発されました。

日本では、医師にしか使用できませんでした。

もちろん、現在も「レーザー脱毛」に関しては、クリニックのみでしか「レーザー脱毛」は受けられません。

【脱毛技術の変化:40年前】光脱毛が脱毛サロンで使用できるようになった

「光脱毛」は「レーザー脱毛」の光の出力を弱めることによって、脱毛サロンでも使えます。

「レーザー脱毛」や「光脱毛」は最初はアメリカで開発されましたが今では、日本でも日本独自の方法で脱毛器を日本人の肌に合うように作られています。

脱毛方法と脱毛の仕組みについて

上記で脱毛の種類について説明しました。

では、それらの脱毛はどのような仕組みになっていて、使い方としてはどのようになっているのかについて紹介していきます。

ニードル脱毛は針と電流を使っている

ニードル脱毛とは、毛穴の一つ一つに針を入れてその針から電流を流します。

このとき、電流と高周波の両方を用いています。

毛根を破壊しているので、毛が再生しないようになっています。

毛が生えている向きから、毛根の位置を把握して、針を刺していくのでそれなりの技術が必要になります。

毛根に直接刺すのでもちろん、痛みが伴います。

クリニックでは麻酔も可能になっていますが脱毛サロンは麻酔もないので痛みがあります

ワックス脱毛は毛を固めて脱毛する

ワックス脱毛は別名ブラジリアンワックスともいわいわれています。

ワックス脱毛は薬品などは一切しようしておらず、はちみつなどの自然の食材を使って行なわれます。

脱毛したい箇所に塗ることによって、毛を固めとります。

場合によっては、途中で毛がきれてしまったりするので注意が必要になります。

効果がある日数としては、2週間くらいになりますが個人差があるので注意しましょう。

ワックス脱毛は自然素材を使って行われるのですね!

シェーピング脱毛はカミソリを使用

シェーピング脱毛は自宅でできる脱毛方法になります。

専用のカミソリがあって、そのカミソリを使うことによって、表面の毛をなめらかにしてくれます。

効果としては個人差もありますが、1週間くらいになります。

また、シェーピングは脱毛サロンやクリニックなどで脱毛を行なう前にも必ず毛を整えなくてはならないのでそのときにも使用します。

光脱毛はレーザー脱毛より弱い光で脱毛する

光脱毛と言っても種類がいくつかあります。

光脱毛というのはレーザー脱毛よりも弱い光で広範囲を脱毛することが可能です。

レーザー脱毛と原理的には似ているのですが、光の出力が弱くなっているので永久脱毛はすることができません。

だいたい、個人差もありますが2年ほどで再び毛が生えてしまったというようなこともあります。

今現在ある光脱毛の種類は下記に記載してある通りになります。

  • フレッシュ脱毛
  • IPL脱毛
  • プラズマ脱毛
  • S.S.C.脱毛

レーザー脱毛は永久脱毛が可能

レーザー脱毛はクリニックのみでの施術になります。

黒色に反応する高出力の光を照射することによって、毛の根元の組織自体を破壊します。

レーザー脱毛は光の出力が強く、広範囲の脱毛というよりも一点集中の脱毛方法になっているので光脱毛よりも効果的になっています。

そして、レーザー脱毛は光の出力が高いので、永久脱毛できる唯一の手段になっています。

人々のニーズとともに脱毛技術も変化している

今は脱毛する方法もたくさんあるので、自分に合っている脱毛方法が選び放題になっています。

また、年代と共に脱毛の種類も変化してきました。

脱毛の技術が変化したのは人びとの脱毛に対する意識が変わったということでしょう。

最初は身だしなみというような意識しかなかったようですが、それが次第に美的意識へと変化していき、脱毛に対する意識が変わっていきました。

意識が変わっていったことによって、脱毛をしたいという人が増えて、脱毛の方法も種類が増えていきました。

最初は脱毛できるだけでいいというような考えを持っていた人が多かったようですが、脱毛するという行為自体が面倒になってしまって、永久脱毛したいというような考えが広まっていきました。

永久脱毛方法であるレーザー脱毛が開発されていきました。

人は贅沢で今よりももっといいものをと考えてしまいます。

しかし、その考え方があることによって、常に新しい技術がうみだされていくのでしょう。

海外では紀元前から脱毛が始まっていた

海外の脱毛の現在と昔とではどのような違いがあるのでしょうか。

海外の歴史を見ながら、脱毛の種類や脱毛に関しての変化について紹介していきます。

海外の脱毛は人類が誕生した紀元前からはじまっていたようです。

紀元前といえば、だいたいエジプトのクレオパトラの時代から脱毛が行われていたってことですよね。

特に、脱毛に関してはヨーロッパで主に栄えていたようです。

ヨーロッパで行われていたのは今で言う「脱毛ワックス」という脱毛方法が行なわれていたそうです。

現代とは成分も違っていて、水やでんぷん、硫黄などを用いて「脱毛ワックス」が作られていたようです。

また、「脱毛ワックス」以外には紐を指の間で操作して、ヒモに毛を挟み込んで毛を抜いて脱毛していくような方法もありました。

この方法に関しては現在も地中海地方で行われているようです。

海外の脱毛に関しての歴史や種類、問題を年表にしてみていきましょう。

【海外の脱毛の歴史: 紀元前4000年前〜3000年前】脱毛剤を使用

紀元前4000年前から3000年頃のヨーロッパや地中海地方ですでに脱毛剤が使用されていたというような話があります。

その脱毛剤はでんぷんや硫黄や石灰や水などを混ぜて、ペースト状にして作られていました。

古代オリエントのハレムの女性が主に使っていたようです。

地中海沿岸の人々は紐を使って脱毛を行っていたようです。

ヒモに毛を挟んで、毛を抜いて脱毛するというような方法です。

この脱毛方法は今でも地中海沿岸の人々は行っています。

この脱毛が行われていたというような事実は宗教や歴史の文献にムダ毛の除去についての習慣や法律が書かれてありました。

紀元前3000年〜4000年前の脱毛の種類と問題は肌トラブル

紀元前3000年〜4000年前には今でいうと「脱毛剤(ワックス脱毛)」がメインで使われていました。

昔の「脱毛剤(ワックス脱毛)」は今では決して使われることのないような素材でした。

化学反応を起こして毛を抜こうと考えていたので、硫黄や石灰、でんぷんなどを使っていました。

肌トラブルという問題も起こっていた

この頃は脱毛剤が使われていたといいます。

しかし、その脱毛剤はでんぷん・硫黄・水・石灰などを使っていたので100パーセントの脱毛の効果というのはありませんでした。

肌が荒れてしまったりした人もいたようでした。

また、紐を使った脱毛方法もあったようですが、紐を使った脱毛方法は毛を引き抜くというような行為なので、毛が抜けずに途中で切れてしまったり、毛穴が広がってしまったりしていました。

【海外の脱毛の歴史: 紀元前1500年前】 脱毛剤の成分が変化

紀元前1500年前になると、エジプトでも脱毛剤が使われるようになりました。

エジプトで脱毛剤が使われるようになったのは歴史的書物にもかかれてあります。

紀元前4000年前から3000年前に使われていた脱毛剤とは違うものです。

紀元前1500年のエジプトで使われていた脱毛剤は焼いたハスの葉を油と一緒に亀の甲羅の中に入れ、カバの脂肪を加えたものを脱毛剤としていたようです。

紀元前1500年前の脱毛の種類と問題は脱毛効果が薄い

この頃になると、今でいう「脱毛剤(ワックス脱毛)」を使っていました。

しかし、成分が違っていて、化学物質を使用していないので、紀元前3000年〜4000年の頃と比べて肌には優しくなりましたが効果を大して見られなかったようです。

脱毛効果も期待できず肌荒れも起こっていた

紀元前3000年〜4000年の脱毛剤とは違った脱毛剤が作られていました。

それは、焼いたハスの葉を油と一緒に亀の甲羅の中に入れて、カバの脂肪を加えたものになります。

これは実際のところ効果があったのかというのは定かではありませんが、油によって毛を浮きあげらせようとしていたのでしょう。

しかし、100パーセントは効果はありませんし、肌自体が荒れてしまったり、油ぶんが多くなってしまったりして脱毛するぶんにはよかったのかもしれませんが肌にはあまりよくはなかったようです。

【海外の脱毛の歴史: 紀元前30年前】 ワックスからカミソリが主流になった

紀元前30年前頃から40年前頃になると、エジプトの女王クレオパトラも脱毛剤を使って脱毛を行ったとされています。

その脱毛剤は紀元前1500年前の脱毛剤と同じものだったようです。

この紀元前30年前頃は脱毛が流行していたようです。

また、脱毛剤だけでなく、古代エジプトの工芸品の中にブロンズのカミソリや近代の床屋さんが使っているような、長い刃のカミソリも見つかっています。

この時代でも毛を剃るというような行為は行われていました

こんな昔からカミソリを使った脱毛が行われていたのですね!

紀元前30年前はカミソリで脱毛していたがトラブルも絶えなかった

紀元前30年前になると、今でいう「カミソリ」を使うようになります。

もちろん、この時は「カミソリ」と一緒に「脱毛剤(ワックス脱毛)」を使っています。

「カミソリ」は今のような形のようなものではなく、ブロンズの「カミソリ」や床屋さんで使うような長い刃の「カミソリ」を使っていたようです。

個人差もありますが、「カミソリ」で脱毛すると3日程度しか持続しませんが簡単に脱毛することができるので多くの人が「カミソリ」を使ってるようです。

カミソリによるトラブルが問題に

この頃はカミソリを使って脱毛が行われていました。

カミソリについては現在と同じような問題点が発生しています。

その問題点としては、3日程度で毛が生えてきてしまったり、肌に傷がついてしまうというような点になります。

簡単に毛を抜くよりも綺麗に脱毛することはできますが、肌が傷ついてしまったりするのであまり良いとは言えません。

【海外の脱毛の歴史: 17世紀~19世紀】永久脱毛が始まったが人気はなかった

1875年(19世紀)になると、アメリカでは永久脱毛が行われるようになりました。

その永久脱毛を開発したのは、アメリカの眼科医である、チャールズ・E・ミッチェルになります。

直両電流によって、逆さまつげを永久的に脱毛する方法を考案しました。

これが電気脱毛の始まりと言われています。

当時はこの方法しか永久脱毛の方法がなかったので、この方法を使って、顔や脚などのムダ毛の処理に応用しましたが、脱毛するのにあまりにも時間がかかってしまいました。

この方法は永久脱毛することができますが、時間がかかってしまうので、人気はありませんでした。

17世紀~19世紀の永久脱毛の問題点は時間がかかること

今でいう「電気分解脱毛」が行われていました。

この「電気分解脱毛」というのは電気分解作用によって、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させることによって、発毛組織を処理しています。

しかし、この頃の「電気分解脱毛」というのは時間がかかってしまって、顔や脚などの脱毛には向いていませんでした。

画期的な発明方法だったが時間がかかることが問題に

永久脱毛をしようと研究が行われていたような時期であり、直接電流によって永久脱毛する方法が発明されました。

しかし、その方法は逆まつ毛などに効くような医学的な脱毛方法でした。

思っているよりもたくさんの時間がかかってしまい、それが問題点でした。

【海外の脱毛の歴史: 20世紀〜現在】脱毛器の販売開始によって脱毛文化が広がる

1916年になると、アメリカのポール・N・クリーさんが、6本〜10本のプローブが使用できるマルチプルブローブ電気分解脱毛器を販売しました。

脱毛器の本格的な販売が始まることによって、電気脱毛のトレーニングや一般の人々に対する電気脱毛市場の拡大にも貢献することになりました。

その後、プローブが36本使用できる電気分解脱毛器の販売されました。

このくらいの規模になると、電気脱毛は医師から脱毛士に一気に広がりました。

1924年になると、今度はアメリカではなく、フランスのアンリ ボルディによって、高周波脱毛器が発売されました。

また、1940年代に入ると、その高周波脱毛器に真空管が使われるようになったことにより、機器の*確実性と安全性が高まりました。

そのことによって、高周波脱毛器を使うようにと促進されました。

1945年になると、アメリカの電気脱毛技術者である、ヘンリー E.St.ピエールとエンジニアのアーサー R. ヒンケルの共同開発よって、ブレンド脱毛法が開発されました。

電気分解脱毛と高周波脱毛を組み合わせた脱毛方法になり、このブレンド脱毛法は1948年に特許登録されました。

1983年になると、アメリカのハーバード大学のロックス アンダーソン博士が選択的光熱融解理論を発表

この理論というのはある一定のレーザーの波長や照射時間を最適化することによって、そのほかの肌の部分には影響を与えることになく、特定の組織のみを選択的に反応させることが可能になるというのをまとめたものになります。

この理論に基づきながらレーザー脱毛器の開発が進んでいきました。

それからも、アメリカでの脱毛器の発展は凄まじいものでした。

また、ヨーロッパでは脱毛が当たり前のようになり、脱毛大国になりました。

20世紀〜現在は永久脱毛が可能になったが肌トラブルの問題も

20世紀に入ると「電気分解脱毛」や「高周波脱毛」や「ブレンド脱毛法」や「レーザー脱毛」が発明されました。

「電気分解脱毛」に関してはプローブの本数が増えたことによって、一番最初に改良が加えられました。

そして、次に「高周波脱毛」が開発され、今でいう「フラッシュ脱毛」になります。

高周波で加熱することによって、毛の組織を凝固させて、処理していきます。

今現在は高周波が高いものと低いものの2つがあり、広範囲の脱毛が可能になっています。

それから、20年くらいしてから、「レーザー脱毛」の開発が進んでいきました。

「レーザー脱毛」の開発は最初はうまくいきませんでしたが、アメリカの博士によって、選択的光熱融解理論が唱えられたことによって、レーザー脱毛の波長や照射時間を調節することによって、「レーザー脱毛器」が開発されました。

「レーザー脱毛」が開発されたことによって、永久脱毛が可能になりました。

永久脱毛の問題は肌トラブルも少なくなった

20世紀からどんどん脱毛器が開発され、電気脱毛やブレンド脱毛などでした。

この頃の脱毛は肌へのトラブルに関しては全く考えていませんでした。

肌が荒れてしまったり、機械自体が安定しなかったりしました。

このような問題点が最初はありましたが、現在は改良されて、脱毛しても肌が荒れなくなったり、機械も安定するようになりました。

日本における脱毛の歴史は海外に比べると短い

日本の脱毛の歴史というのは海外の脱毛に比べると短いです。

しかし、海外の技術を取り入れていくことで、今では日本の脱毛も海外に名の知れるものになりました。

今では優れた技術をもっている日本の脱毛ですが、昔はどのような脱毛が行なわれていたのかについて詳しく紹介していきます。

毛を剃って脱毛をするという意識は少なかった

日本の脱毛のそもそもの始まりは平安時代(8世紀〜12世紀)です。

貴族の女性たちなどが、額の形を整えるために、余分の毛を抜いて眉墨のように額墨で足りない部分に毛を書き足していたといいます。

また、考古学的には約2万年前から鋭利な石器や貝殻を使って削るように脱毛を行っていたというようなことが推測されています。

もともと、日本人は毛を剃って脱毛するというような行為はあまり行っておらず、脱毛というような行為は最近になって多くの人が行なうようになりました。

平安時代でも庶民は脱毛というような行為はしていなかったようです。

脱毛は位が高い貴族によって行われていたのがだんだんと年数が経つうちに庶民にも伝わっていったのです。

では、日本の脱毛の歴史というのは年代別にするとどのようになっているのでしょうか。

日本の脱毛に関しての歴史や問題、種類の年表形式で見ていきましょう。

【日本の脱毛の歴史:平安時代】脱毛という行為の始まり

平安時代(8世紀〜12世紀)に日本の脱毛というような行為は始まったとされています。

最初は貴族が脱毛を行っていました。

その平安時代の初期の脱毛は表面が滑らかで、同種の貝でさえも別のものでは決して合わないような二枚貝のハマグリを使用していました。

ハマグリの使用方法もハマグリの外縁部を使って、額の生え際を整えるために毛を抜いていたそうです。

脱毛といっても現代の自己処理ようにカミソリや毛抜きなどがなかったので、ハマグリなどの外縁部を使って剃るというより毛を抜いていたのです。

額の生え際の脱毛処理は13世紀頃の英国でもなんらかの方法で行われていたようです。

平安時代の中期は特に美容や脱毛に関して関心が高くなっていました。

中期になると今でいう毛抜きが発明されており、昔の文書には「毛抜きはありがたきもの」というような言葉が残っています。

平安時代には毛抜きが存在していたなんて驚きです!

平安時代の脱毛は毛抜きだったが痛みが問題に

平安時代は今でいうと「毛抜き」が行われていました。

毛抜きはカミソリで剃るのとは違って、痛みを伴いますが毛を抜いてから持続する期間が長くなっています。

個人差もありますが、一度毛を抜くと1週間くらいは持続します。

それ以外の方法はまだなく、「毛抜き」しかありませんでした。

脱毛に伴う痛みの問題

平安時代は脱毛というのが普及し始めたばかりの頃だったので、安全面も整っていませんでした。

その頃の脱毛方法としては、ハマグリを使って脱毛する方法がとられていました。

その脱毛方法は毛を抜く方法なので痛みが伴ってしまいましたし、抜くだけなので毛が生えてこないというようなことはあり得ませんでした。

そして、一本一本抜くのでどうしても毛が残ってしまったりすることもありました。

このような点が平安時代は問題になっていました。

【日本の脱毛の歴史:江戸時代】脱毛剤を使って脱毛が行われていた

江戸時代になると平安時代よりも脱毛するというような人が増えてきました。

また、平安時代は貴族が主に脱毛をしていましたが江戸時代になると庶民や遊女などが脱毛を行うようになりました。

脱毛の箇所も額だけでなく、アンダーヘアや手足の脱毛、ヒゲ、脇や眉毛などの脱毛もしていたようです。

江戸時代の中期には遊女は平たくて小さな軽石を2つ使って、隠毛を間に挟んでこすって切ったり、線香で焼いたりしていたようです。今でいうとシェーバーで脱毛する方法と似ています。線香で毛を焼くと毛の先が丸くなるので剃った後も痒くならずにすみます。

脱毛剤を使用した脱毛が主流になっていた

また、手足の脱毛方法としては日本では脱毛剤がすでに使われていました。

その脱毛剤は木の実からとったあぶらと、軽石を砕いて粉にしたものを混ぜたものを脱毛剤としていました。

これを手のひらで皮膚にすり込んで、毛を磨耗させて脱毛するというような方法になります。

アフターケアも当時は行われ、うぐいすの糞をぬって、へちま水をつけるようにするのが当時のアフターケアの方法でした。

脱毛は遊女などの女性だけが行っていたわけではありません。

江戸時代は男性も脱毛を行っていた

男性も脱毛を行っていました

その理由としては男性の体毛であるヒゲやスネ毛、ワキ毛、陰毛、眉などが嫌われるようになったからでした。

眉に関しては眉を抜いて薄くして粋を競っていたようです。

男性は銭湯で脱毛を行ったいたので銭湯には軽石が2つ常備されていたようです。

スネ毛、ワキ毛、陰毛などを除去していました。

それ以外でも、剃刀で剃っていたというような場合もあります。

江戸後期になると、女性は眉の下の脱毛も行うようになります。

眉毛と目の間を広くしてゆったりと見てもらうためにでした。

この頃になると、頭髪や眉毛の脱毛などが広く伝わっていました。

江戸時代の脱毛は安全面では課題が多かった

江戸時代にもなると、今でいう「カミソリ」、「シェーピング」、「毛抜き」が行われていました。

剃刀というものが今でいう「カミソリ」でしたが、「カミソリ」を使うと、毛が尖ってしまうのでどうしてもチクチクしてしまいます。

なので、線香で毛を焼く脱毛方法を行っていました

これが今でいうと「シェーピング」になります。

線香で毛を焼くので毛の先端が丸くなってチクチクしないで済みます。

江戸時代の人もこのような方法を使って脱毛をしてたのですね!

線香による脱毛は火傷の問題もあった

江戸時代になると、軽石を2つ使って脱毛する方法や、線香を使って焼いて脱毛する方法などが使われました。

軽石を使ってする方法も毛が残ってしまったり、痛みは平安時代の頃の脱毛の方法とは違って軽減はされましたがどうしても毛を引っ張ってしまったりするので痛みは少なからずありました

また、線香に関しては毛を焼いて脱毛するので脱毛する部分を火傷してしまったりすることが多々あったようです。

やはり、安全面においてはまだまだでした。

【日本の脱毛の歴史:明治時代】永久脱毛という考え方が普及した

江戸時代から明治時代(19世紀)にかけて、*永久脱毛というようなものが普及するようになりつつありました。

まだ、明確な永久脱毛方法というものはなかったものの、永久脱毛をできるようにするために様々な脱毛方法が行われていました。

その方法としては、肌に直接硫酸などの薬品を塗ったり、毛を抜いた後でわざと汚れた針を入れるというようなものでした。

この時、毛穴を閉じさせてもう毛を生えさせないようにするというのが目的だったようです。

しかし、実際はというと永久脱毛の効果は全くありませんでしたし、それどころか、肌が荒れてしまって跡が残ってしまったようです。

明治時代の脱毛は試行錯誤するも脱毛効果が薄かった

明治時代になると永久脱毛をする方法を探すようになりましたが江戸時代となんら変わりない方法で脱毛を行っていました。

針を刺したりして毛穴を閉じて永久脱毛する方法も試されましたが、今でいう「ニードル脱毛」とは違って電気を流しての脱毛方法とは違っていたので効果はありませんでした

永久脱毛よりも安全性に問題があった

明治時代になると、永久脱毛をしようと様々な方法が試されるようになります。

その永久脱毛も今の永久脱毛の方法とは違っていて、薬品を使ったり、毛穴を刺激して毛穴を閉じようとしたりしました。

そのどれもが効果はなく、永久脱毛というよりは、逆に肌を荒れさせてしまいました。

【日本の脱毛の歴史:昭和】身だしなみの一部としてワキ脱毛が流行

昭和になると1960年には日本では洋装のファッションが流行してきたり、女性が社会進出するようになってきました。

洋装のファッションや女性の社会進出に合わせて、身だしなみの一部として女性の脇の脱毛が流行しました。

また、1970年代には日本にブレント脱毛器が輸入されました。

エステスティックにおいて電気脱毛技術者による脱毛が行われるようになりました。

脱毛の市場自体も広がってきて、日本国内においても脱毛器の開発や製造がされるようになり、日本人の肌質や毛質、用途に合わせたブレンド脱毛やフレッシュ脱毛のテクニックの使い分けができるような多機能型の脱毛器が市場に出回るようになりました。

昭和時代は電気脱毛で脱毛効果があったが痛みも問題に

昭和になると脱毛器が輸入されるようになり、その脱毛器は今でいうと、「フラッシュ脱毛器」になります。

「フラッシュ脱毛器」というのは高周波の電波を出してそれを肌にあてることによって、脱毛ができるというようなものになります。

「フラッシュ脱毛器」と「ニードル脱毛」を用いて、「ブレンド脱毛」というようなものが行われるようになりました。

その「ブレンド脱毛」は医療行為でもなく、組み合わせることによって、効果を高めており、今でいうと「電気脱毛」と呼ばれています。

脱毛機は高価で痛みも伴った

昭和になると、脱毛というものがメジャーになってきました。

脱毛市場がどんどんと拡大されていきましたが、脱毛市場が拡大されることによって、海外から脱毛器を輸入するまでになりました。

脱毛器を取り扱う資格が制定されましたがまだまだ脱毛器を使ってするというような人も少なく、金額的に今のように安価で脱毛することができないので、その点は問題点でした。

当時の脱毛器は肌に刺激を与えるので痛みも伴いました

【日本の脱毛の歴史:平成】光脱毛のよって脱毛市場が拡大した

平成になると1997年には日本にもレーザー脱毛器が輸入されるようになりました。

1999年には大手の参入もあったことにより、日本のメンズエステ市場が拡大されました。

特に、20代〜30代の若い男性が美容意識が高くなりました。

職業柄、ヒゲのカミソリ負けやムダ毛の解消を目的とした、男性による脱毛美容が始まったようです。

2000年代に入ると、日本のエステスティックでは医療用のレーザー脱毛器とは異なった、光の出力の弱いライト脱毛や光脱毛が開発され、この時に一気に脱毛市場が拡大しました。

平成のレーザー脱毛の改良により問題も解決方向に

初期に「レーザー脱毛」が輸入されました。

また、「光脱毛」や「ライト脱毛」が行われるようになりました。

今は脱毛サロンでするとなると、「光脱毛」がメインになっています。そして、クリニックでするとなると「レーザー脱毛」が行われています。

初期のレーザー脱毛は痛みが強かった

平成になると、永久脱毛ができるレーザー脱毛器が輸入されるようになりました。

しかし、最初の頃はどうしても痛みが伴ってしまうようなレーザー脱毛器でした。

また、肌が荒れてしまったりしていましたが、これは現在では改良されてきており、問題は少なくなってきています。

レーザー脱毛や光脱毛が主流になったのは割と最近なんですね!

海外の脱毛の始まりは日本より1000年以上も前

日本は脱毛の始まり自体が海外よりも遅かったです。

海外では、紀元前3000年前から脱毛が始まっているのに対して、日本で始まったのは平安時代でした。

だいたい、海外と日本での脱毛の始まりは1000年以上もの差があります。

海外の脱毛が始まった時も紀元前3000年前は脱毛剤が使われていたのに対して、日本の平安時代での脱毛方法は毛抜きでした。

海外では脱毛剤を使っていて、効果もあったようですが肌にどうしても影響が出てしまっていたようでした。

毛抜きも同様で毛穴にダメージがいってしまうので肌が荒れてしまうことがあったようです。

カミソリが主流になるのも遅かった

海外では、紀元前30年ほど前には「カミソリ」が使われるようになりました。

日本で「カミソリ」が使われるようになったのは、江戸時代に入ってからだったのでやはり、海外に比べて日本の脱毛というのは遅かったようです。

19世紀に入ると海外では電気分解脱毛が開発されました。

日本での19世紀の脱毛法としてはあまり、江戸時代とは変わりなく、カミソリや毛抜きがメインだったようです。

そして、日本でも永久脱毛をしようと、針を毛穴にさして、毛穴を塞ごうとしたり、薬品を塗って、毛穴を塞ごうとしたりしていましたが効果は全くありませんでした。

脱毛器は海外から輸入が普通だった

20世紀になると一気に海外での脱毛器の開発が進んでいきました。

日本ではまだ開発できるような技術はなかったので最初の頃は、海外から脱毛器を輸入していました。

その海外から輸入した脱毛器も脱毛の効果はありましたが、日本人の肌にはあってはいなかったようです。

また、安全面などにも不安が残っていましたし、機械的な安全面などもまだまだでした。

それから、改良を続けていき、今では日本では日本独自の脱毛企業が脱毛器の開発を行っています。

そして、今では脱毛をしながら美容効果も得ることができる脱毛器も開発されました。

また、時間短縮にもなり、120分くらいかかる脱毛も今ではその半分の60分ほどの脱毛することができます

海外の脱毛の技術ももちろん、優れていますが、日本の脱毛も今では負けないくらいの技術になりました。

脱毛に関して昔と現在の違いについて

脱毛に関して、昔の脱毛方法と現在の脱毛方法とでは違いがあるのでしょうか。
その2つを比較していきます。

昔の脱毛は肌の優しさを考えてなかった

脱毛器が開発されたばかりのころは今の脱毛器とは違って、光の出力なども変えることができませんでした。

また、脱毛ができればいいだろうというような発想しかなかったので肌に優しい脱毛器というものではありませんでした。

脱毛サロン自体も数が少なく、料金的にも高かったのでなかなか脱毛することができませんでした。

自己処理をしている人がほとんどで、自己処理も「カミソリ」「毛抜き」「脱毛クリーム」などで現在あるような「家庭用脱毛器」などはありませんでした。

現在の脱毛は日本人の肌に合わせた脱毛アイテムが登場

「脱毛スプレー」や「脱毛石鹸」などは昔はなく、ここ2年くらいの間で登場してきたものになります。

自宅でも手軽に脱毛することが可能になってきたので便利です。

脱毛では、痛みがないように冷却したり、ジェルを塗ったりすることが可能になっています。

また、脱毛器自体も肌に負担がかからないように日本人の肌にあった脱毛器になっています。

今の脱毛器は広範囲を一気に脱毛することが可能になりました。

広範囲を一気に脱毛することができるので時間もかかることなく、全身脱毛でも60分〜90分程度で終えることができます。

そして、脱毛サロン自体の数も一気に増えて、全国各地に脱毛サロンが存在します。

料金的にも安くなってきて、お試しコースというのも存在し、1箇所脱毛するのにかかるお金は500円くらいで脱毛することができる脱毛サロンもあります。

今は脱毛をしながら美容効果も期待できるような脱毛器もあり、一石二鳥なのです。

脱毛をしたことがないというような人でもお試し程度でやってみるのもいいでしょう。

現在の有力な脱毛法はレーザー脱毛

現在、脱毛方法は種類が豊富にあります。

では、その中から最もおススメな脱毛方法について紹介していきます。

一番のおススメはやはり、レーザー脱毛になります。

レーザー脱毛は永久脱毛することができますし、今では肌に影響のでないような脱毛法をしてくれるのでおススメです。

また、レーザー脱毛はクリニックでの脱毛なので料金も高くなってしまいますが、肌になにかトラブルがあった時などはすぐに対応してもらうことができるので安心です。

もし、レーザー脱毛の前に脱毛の体験をしてみたいというような人はまずは、脱毛サロンで光脱毛をしてみるのもいいでしょう

光脱毛は永久脱毛ではありませんが、脱毛の効果を体験することができますし、安い価格で脱毛することが可能なのでおススメです。

現在脱毛方法と料金について

脱毛サロンやクリニックでのおおよその脱毛の料金というのはいくらになるのでしょうか?

脱毛というのは部位ごとによって、脱毛の料金が異なります

今は、安く脱毛できるようになりましたがそれも、脱毛サロンやクリニックによっては異なります

おおよその平均的な料金や脱毛サロンやクリニックによっての料金の違いについて紹介していきます。
 

ニードル脱毛は時間制と本数制のプランがある

時間制と本数制の料金プランがあります。

時間制は平均的に1分〜になりますが、だいたい脱毛サロンの場合は1分あたり100円〜500円になります。

クリニックの場合は1分あたり300円〜800円になります。

本数制は1本単位からになり、だいたいですが、脱毛サロンの場合は 1本あたり100円〜になります。

クリニックの場合は1本あたり500円〜になります。

本数制の料金プランのお店は時間制の料金プランのお店よりは高めになっており、だいたい1分で5本〜7本くらい施術が可能になります。

シェーピング脱毛は部位によって料金が異なる

シェーピング脱毛はシェーピングしたい部位によって料金が違っています。

回数制とコース制の料金コースがあります。

回数制で1回の施術の場合は顔周辺のフェイスシェーピングの場合は平均的に3000円ほどで脱毛が可能になります。

また、脱毛サロンで施術する場合はクレンジングからアフターケアまで全て入って1回で6000円くらいかかるところもあります。

コース制の脱毛サロンの場合は1箇所だけの脱毛で2000円で施術することができルノで、数回通う時などにはオススメです。

ワックス脱毛は2000円ほどで購入可能

ブラジリアンワックスの脱毛は自宅で自分で行うことができます。

2000円〜3000円ほどで購入できます。

しかし、綺麗に脱毛を行いたいと言う場合はブラジリアンワックス専門の脱毛サロンがあるのでそこで施術してもらった方がいいでしょう。

だいたい、1回の施術で5000円〜10000円ほどになります。

しかし、脱毛サロンによってはこの料金にプラスしてアフターでムダ毛処理プランがあり、1000円〜2000円ほど追加料金を払えば、ブラジリアンワックスで脱毛できずに残ってしまったムダ毛の処理をしてもらえます。

光脱毛は回数制の料金プランがメイン

光脱毛は基本的に回数制の料金プランになっています。

回数制の料金プランがメインになっていますがその他に部位別の料金プランがあります。

今回は全身脱毛の場合の料金を具体例に記載していきます。

脱毛サロンの回数制の1回の施術の料金プランの場合はだいたい、27000円ほどになります。

クリニックの回数制の1回の施術の料金プランの場合はだいたい、670000円ほどになります。

レーザー脱毛は回数制プランがほとんど

レーザー脱毛はクリニックのみでしたか行うことができません。

料金プランも回数制の料金プランがほとんどになります。

今回は、脇の料金プランを具体例に記載していきます。

1回の料金はだいたい5800円ほどになり、回数制の場合は自分で好きな回数を選ぶことができます。

*あくまで平均的な料金になっております。脱毛サロンやクリニックによって異なりますので注意してください。

料金は脱毛の種類別にするとこのようになっています。

最近はお試しで格安で脱毛することが可能なので、本格的に始める前に自分にどの脱毛方法が合っているのか確かめるためにもお試しで安く脱毛してもらうのもいいでしょう

クリニックと脱毛サロンの脱毛料金の違い

クリニックと脱毛サロンの脱毛料金の違いというのはあるのでしょうか?

上記に記載した料金プランを元に違いについて紹介していきます。

クリニックではレーザー脱毛や光脱毛を行うことが可能になります。

脱毛サロンはそれに比べて、レーザー脱毛を行うことができません

また、医師や看護師がいないので何かあった時に対処することができません

その分、料金が安くなっています。

クリニックは途中で何かあっても対応してもらえますし、施術が痛かった場合は麻酔なども使用してもらえるので、その分金額が高めになっています。

料金でいうと、30000円〜50000円ほどの差があります。

そのくらいの料金の違いがあると施術をためらってしまいますがクリニックでのレーザー脱毛は永久脱毛なのでその分料金がかかってしまっても仕方ないでしょう。

部位別の脱毛料金について

部位別の脱毛料金はどのようになっているのでしょうか?

部位別の料金プランについて光脱毛とレーザー脱毛で紹介していきます。

光脱毛は平均2800円ほどで施術可能

脇の脱毛の場合は平均的に2800円で脱毛することができます。

顔の脱毛の場合は6400円で脱毛することが可能です。

今や人気のVIOの脱毛は9800円くらいで脱毛することができます。

このように1回の脱毛でも本格的な脱毛サロンで光脱毛になると、100円ほどで脱毛できるというわけではありません。

どうしても、3000円以上かかってしまいます

しかし、光脱毛で脱毛しても効果がないというより、効果があったほうが金額的にも納得できるのでいいのではないでしょうか。

レーザー脱毛はクリニックより高め

レーザー脱毛はクリニックのみの脱毛になるのでどうしても高額になっています。

脇の脱毛の場合は平均的に24000円になります。

顔の脱毛の場合は22000円で脱毛することができ、VIO脱毛は11000円で脱毛することができます。

このように、脱毛サロンと比べると、やはり高額になってしまいます。

しかし、その分サービスも徹底しているので安心して脱毛することができます。

自宅で脱毛を上手に行うための注意点

脱毛サロンに通う時間がなくて通えないから自宅で脱毛を行うという人もいるでしょう。

その場合の注意点をまとめておきます。

アフターケアを徹底
アフターケアを徹底することによって、脱毛する前もした後も保湿することによって、綺麗に脱毛することができますし肌が荒れなくてすみます

カミソリなどを使う場合はクリームを塗ってから
カミソリを使うときは肌にそのまま刃を当てると肌が傷ついてしまったり、綺麗に処理できなくなってしまいます。

専用のクリームを塗ってから脱毛するようにしましょう。

毛抜きはなるべく使わない
毛抜きは効果的ですし持続もしますが毛穴を傷つけてしまって毛穴が開きっぱなしになってしまって毛症炎になってしまうので脱毛した意味がないので注意しましょう。

脱毛石鹸などはあくまでも気休め
脱毛石鹸は脱毛ができるというわけではなく、脱毛石鹸はあくまでも毛を薄くするというような商品になっているので注意しましょう。

このように脱毛を自分でするときは少し注意するだけで上手に脱毛することができるので、色々と試してみましょう。

オススメの脱毛サロンと料金について

オススメの脱毛サロンとその脱毛サロンの料金オススメの脱毛脱毛サロンについて紹介していきます。また、その脱毛サロンの料金についても紹介していきます。

【予約の取れやすさが人気!】銀座カラー

今最も人気のある脱毛サロンと言われています。

予約の取れやすさや接客など全てにおいて人気があります。

また、料金的にも安くて、全身脱毛の場合は月額で9800円の脱毛し放題になっています。

1箇所脱毛の8回コースは脱毛し放題で37600円になります。

脱毛し放題でこのくらいの金額はとても安いのではないでしょうか。銀座カラーは光脱毛になっており、お試しコースなどもありますので試しに脱毛するのもいいでしょう。

【安く全身脱毛ができる】 キレイモ

脱毛しながら、*スリムアップすることができます。

脱毛もしたいけど美容もきになるし、痩せたいという人にオススメです。

月額脱毛の場合は18回コースで総額342000円になっています。

キレイモは基本的に全身脱毛コースをメインとしているので安く全身脱毛したいという人にはオススメです。

キレイモも光脱毛を行なっています。

【高品質な脱毛が魅力】エピレ

脱毛器は自社開発製品を使っています。

なので、様々なトラブルに対応できます。

料金は全身脱毛コースの場合は1回で70000円になります。

他の脱毛サロンよりも高くなっていますが高品質な脱毛を提供してくれます。

このように、脱毛サロンは様々あります。お試しコースなどもありますので初めて脱毛をするという人はそちらを1度試しにやるのもいいでしょう。

脱毛サロンを選ぶ3つのコツ

脱毛サロンを選ぶコツというのはどのようなポイントがあるのでしょうか?

契約内容の確認、料金の確認、説明をしっかりと聞く

契約内容や料金、説明をしっかりとききましょう。

そして、疑問があったら確認するようにしましょう。

あとから、トラブルにならないためにも、その脱毛サロンがどのようなものなのか知るためにも確認しましょう。

口コミを確認する

口コミを確認しましょう。口コミはあくまでも参考ですが見ないよりは見た方がその脱毛サロンの施術や状態を確認できますし自分に合っているのかを見極めることができます。

脱毛サロンの経営状態を確認する

脱毛サロンの経営状態が悪いと何かしたら原因があると考えられます

なので、経営状態を確認して自分に合っているのかを確認しましょう。

このように確認したり口コミを見たりするだけでも自分に合った脱毛サロンを見つけることができます。

脱毛サロンやクリニックなどで綺麗に脱毛してもらうためのポイント

脱毛サロンやクリニックで綺麗に脱毛してもらうにはどのようにしたらいいのでしょうか?

施術中に自分の状態を伝える

施術中に自分の状態を伝えることで、痛い場合やヒリヒリする場合などはその箇所を省いたり、きちんと冷やしてくれたりするので綺麗に脱毛してもらうことができます。

光の調節をしてもらう

光の調節をしてもらうことによって、綺麗に脱毛してもらえます

光の調節をしたからといって脱毛の効果が薄まるわけではないので肌の状態や痛みの状態を伝えて光の調節をしてもらいましょう。

アフターケアをしっかりしてもらう

アフターケアを徹底することによって、肌のトラブルを防ぐことができます。

アフターケアについては、追加料金になる脱毛サロンもありますが専門のスタッフにアフターケアをしてもらった方が綺麗にできます。

このように脱毛サロンやクリニックでもしっかりと自分の状態を伝えたり、アフターケアをしてもらうことによって、綺麗に脱毛してもらうことができます。

脱毛に関するトラブルもある

脱毛というのはいくら脱毛サロンやクリニックが気をつけていてもトラブルが発生してしまいます。

また、お客様とのトラブルももちろんありますが経営面でトラブルになって、脱毛サロンやクリニック自体が倒産してしまうという場合もあります。

では、そのトラブルの例をいくつか紹介していきます。

【脱毛に関するトラブル①】 契約のトラブル

契約するときや、契約後にトラブルになってしまうことがあります。

契約をしたものの途中で解約しなければならないような事態になった時に解約を申し出たが「解約できない。」と言われて解約できなかった

この場合は、契約する時にしっかりと契約書を確認しておくこと、契約書を手元に残しておくことをオススメします。

脱毛サロン途中解約は絶対できないということはありません。

必ず、どこの脱毛サロンでも解約できるようになっています。

解約した時にお金が戻ってくるかというのは別な話になりますが解約は必ずできるのでしっかりと契約書を残しておいて、解約するときに提示しましょう。

契約書には月額○○円と記載してあったのですがいざ、契約してクレジットカードで支払いをしたら一括請求になっており、○○十万という額を請求されて、相談したところ「リボ払いはどうですか?」と勧められた。リボ払いでは利息が高くなるし、契約内容とは全く違う

この場合はいくら契約書や広告に月額○○円と書いてあっても契約するときに相談したり、話を聞かなくてはならないです。

聞かないで契約する場合はこちらにも非があるのです。

このように契約するときもした後もきちんと確認したり、契約書をとっておかないとトラブルになりかねません。注意しましょう。

【脱毛に関するトラブル②】施術中のトラブルの例(施術された側)

契約についてのトラブルではなく、施術中にトラブルになるような場合もあります。

光脱毛の施術をしていたときに、やけど

顔の脱毛は本来なら、専用のサングラスをかけなくてはならないのですがかけていたのに目に光が入ってしまい、やけどしてしまいました。

このようなトラブルもあったようです。

このような時は契約内容によりますが場合によっては、保証してもらえたりドクターサポートが付いているところではドクターサポートを受けることができます。

なので、すぐにスタッフに伝えましょう

施術中にやけどをしてしまった

通院費や保証などしてもらえるのかわからない。

この時は脱毛サロンによって、保証してもらえる場合と通院費を支払いしてもらえる場合があります。

ドクターサポートが付いているところは無償です。

脱毛サロンのスタッフに確認しましょう。

このように施術中にもトラブルになってしまうことがあります。トラブルになってしまったら、そのときにきちんと伝えて対処してもらいましょう。

【脱毛に関するトラブル③】施術後のトラブルの例(施術された側)

施術後にトラブルになってしまうことがあります。

施術後に肌が荒れてしまったり、赤くなってしまった。この時は保証してもらえるの?

もちろん、ドクターサポートがついているところは提携しているクリニックなどでみてもらえます。

しかし、ドクターサポートがないところは脱毛サロンに電話してから、実費で病院にかからなくてはならない時があります。

なので、ドクターサポートがあるかないかは確認しておきましょう。

施術後に肌トラブルになってしまう場合があります。肌トラブルにならないようにしっかりとアフターケアが必要になります。

【脱毛に関するトラブル④】脱毛サロンのトラブルの例(倒産の場合)

脱毛サロンによっては、会社自体が倒産してしまうというような事態もあります。

脱毛サロンが倒産してしまって通えなくなった

せめて、お金だけでも返して欲しい。

その場合は、返金してもらえるという確率は低くなっています。

倒産するということは資金も全てなくなるということです。

なので、返金してもらうというのは難しくなっています。

いくら、弁護士に頼んで返金してもらったとしても弁護士に依頼するのにかかるお金のほうが高額になってしまうことがあります。

会社自体が倒産してしまいました

その脱毛サロンの従業員だったのですが給与などはもらえますか?

この場合は会社自体に資金が残っていたりしたらお客様への返金よりも従業員への給与の支払いが優先されるので給与がもらえることもあります。

しかし、そこも資金が残っていたらの話なので注意が必要になります。

このように、脱毛サロン自体が倒産してしまうとお客さんも従業員もどちらも迷惑です。

お客さんは脱毛サロンに通う前に通いたい脱毛サロンの内情をしっかり把握してから契約したほうがいいでしょう。

【脱毛に関するトラブル⑤】クリニックのトラブルの例(会社自体のトラブル)

脱毛サロンのトラブルもありますがクリニックでも会社自体にトラブルが発生する場合もあります。

クーリングオフが使えない!?

知らなかったけどクーリングオフが医療脱毛の場合は使えなかった。

脱毛サロンでは、8日以内の解約はお金が全額戻ってきます。

しかし、クリニックでの解約はクーリングオフが使えないのです。

それを知らずに契約したという場合もあるようで解約するときにお金が戻ってこなかったということもあるようです。

クリニックが倒産したんだけど、お金は戻ってくる?


というようなトラブルがあります。

この場合はお金が戻ってこない場合があります。

クリニック自体に顧問弁護士が付いていた場合は戻ってくる確率が高くはなりますが従業員への給与が先に支払いになるのでお客さんに戻ってくるのは後回しになってしまいます。

このようにクリニックでもトラブルになる場合があるので注意しましょう。

【まとめ】次世代や世界を超えた脱毛

脱毛には私たちが知り得ない時代から始まっていたというような事実を初めて知りました。

近年、脱毛するというよう行為は身だしなみを整えるというよう意味も含んでいますが、美的感度の意識も高めになってきています。

昔の人々が美しくなりたいと考えたことによって、様々な脱毛技術を生み出して今現在も脱毛の技術が進化し続けているのでしょう。

海外にいる人たちも、常に脱毛に関して高い意識を持っており、その意識が日本の脱毛技術を高めているというような事実もあります。

自分で脱毛を行なうというようなことは昔から行なわれてきたことですが、今は便利な脱毛スプレーや脱毛石鹸などがあります。

自己処理も脱毛器と共に進化し続けています。昔の人々が様々な脱毛行為を試してくれたことによって、今の脱毛が成り立っているというようなことがよくわかります。

これからも日本の脱毛は海外の脱毛の影響を受けながら、進化し続けることでしょう。これからの脱毛に期待です。



3000人の経験者が選んだ!脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.1
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.0

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも多きな特徴です。まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

キレイモに関する口コミ

avatar

キレイモで脱毛をしてもらっています。脱毛効果は施術をしてもらう毎にでてきてかなり薄くなってきています.../(46~50歳、女性)

キレイモの公式サイトで確認

2エルセーヌ

総合評価 4.1
料金・コスパ 3.9
施術 4.2
接客態度 4.3
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.1

エルセーヌは、創業33年の実績があるエステサロンです。フォロー体制も充実しているのがオススメポイント。きっとあなたの近くにも店舗があるのではないでしょうか。まずは公式サイトで確認を。

エルセーヌに関する口コミ

avatar

私の悩みの一つ(というかとても大きい悩み)の一つにデリケートゾーンのムダ毛が多いことでした。いつも自.../(31~35歳、女性)

エルセーヌの公式サイトで確認

3エピレ

総合評価 4.0
料金・コスパ 4.1
施術 3.9
接客態度 3.9
予約の取りやすさ 3.9
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.9

エピレは、独自開発した脱毛器を利用しているのが特徴の一つ。一般的に、12歳以上から脱毛ができるのですが、エピレは7歳から脱毛が可能になっています。肌に優しい施術と言えるかもしれませんね。

エピレに関する口コミ

avatar

店内はかわいらしい装飾やBGMですが落ち着いており、スタッフの方も優しく話しかけやすい雰囲気でした。.../(21~25歳、女性)

エピレの公式サイトで確認

4銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

銀座カラーに関する口コミ

avatar

脱毛は痛いというイメージがありましたが,初回お試し無料を体験し,痛みの無さに驚きました。カウンセリン.../(26~30歳、女性)

銀座カラーの公式サイトで確認

5シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

シースリーに関する口コミ

avatar

私がシースリーを選んだ理由は、全身脱毛のコストパフォーマンスです。約30万円で回数無制限で全身脱毛が.../(26~30歳、女性)

シースリーの公式サイトで確認