脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ Vio脱毛するなら形はどうする?Vioデザインの種類とオススメをご紹介!

Vio脱毛で人気の形は?

Vio脱毛するなら形はどうする?Vioデザインの種類とオススメをご紹介!

VIO 光脱毛 ハイジニーナ

Vio脱毛を検討したとき、アンダーヘアの形をどのようにしたいか悩んでしまう方も多いのでは? 誰かに相談したくても、デリケートな問題なのでなかなか相談が難しいでしょう。 そこで、今回はVio脱毛の初心者へ向けて、Vioのオススメデザインをご紹介します。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vio脱毛するなら形はどうする?Vioデザインの種類とオススメをご紹介!

Vioの形は意外とみんな迷ってる…

Vioの理想的な形がどのようなものかご存じですか?大半の方が分からないかと思います。Vioの話題は仲良しの同性友達相手でもなかなか話しづらいものです。また、Vio脱毛をするキッカケが、彼氏をはじめとした男性への意識から脱毛を検討する方も多いでしょう。

しかし、男性の意見や本音はさらに聞くことが難しいです。

Vio脱毛をチャレンジしてみたくても、なかなか形が選べず、躊躇してしまう女性もたくさんいます。

そこで、男性ウケも良く、美やデリケートゾーンの不快感から解放されるVioの形をご紹介していきましょう。

関連エントリー
後悔しないVIOの脱毛範囲とおすすめサロン

今回はデリケートゾーンで特に重要となるIラインの脱毛範囲について詳しくまとめました。

Vラインのデザイン、種類とオススメは?

Vラインのデザインを変えるだけでも、美の観点だけではなく不快感ともおさらばできます。様々な種類があるので、どんな種類があるかみていきましょう。

逆三角形型

逆三角形は元々の形を整え、毛が生える範囲が小さくなったデザインです。

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、好きなサイズに応じてVio脱毛ができます。

サイドもしっかり整えるので、下着や水着からはみ出すことなく、自然に近い仕上がりが人気です。

ナチュラルな仕上がりは清潔感があり、男女ともに支持を受けている形でもあります。
初心者にも一番オススメできる形です。

たまご型

たまご型は他の形と比べて柔らかな印象を与えます。

逆三角形に比べるとナチュラルさはありませんが、それでも奇抜なデザインではないので、誰が見ても不快感や違和感を与えられることはないでしょう。

可愛く清楚なデザインに仕上げたい方にオススメです。

スクエア型

生え際の幅を狭くしたスクエア型は、サイドの毛を気にしなくて済むので、小さな下着を好んで着用する方にオススメです。

しかし、逆三角形やたまご型と比べると整えている感があるので、自然な仕上がりを目指す方には不向きと言えるでしょう。

デザイン型

毛量にもよりますが、最近はアンダーヘアをお好みの形に仕上げることも可能です。

特に人気なのが逆三角形とも近い可愛いハート形になります。

星型やバタフライ型などもできるそうです。

こちらもスクエア型同様にナチュラルな仕上がりではありませんが、見えないオシャレやデザイン性を重視したい方に最適でしょう。

ハイジニーナ

ムダ毛と不快感を一斉排除するなら、ハイジニーナがどうでしょうか?

ハイジニーナとはVio全ての毛を脱毛してツルツルにしてしまうデザインです。

この形ならムダ毛も気になりません。

ただし、温泉などでは同性でも驚かれる可能性はあります。

IとOはどうするべき?

Vio脱毛のデザインとなると、大半はVラインのデザインとなります。

では、IラインとOラインはどうするべきなのでしょうか。

Vio脱毛ではIOラインもしっかり脱毛される方が多いようです。

Vラインはあらかじめ形を決めておかないと、後から後悔することも少なくありません。

特に脱毛クリニックの場合は永久脱毛なので、照射したVラインは毛が生えてきませんから、後からデザイン変更は不可能です。

その一方、IOラインはそもそも毛を残す理由がほとんどないことから、脱毛に踏み切る方が多いようです。

IOラインの脱毛やデリケートゾーンの蒸れやかゆみも解消されるので、衛生的にもかなりメリットがあります。

また、男性がIOラインのムダ毛を見て女性に幻滅してしまうケースも少なからずあるのです。

好きな男性の幻想を打ち砕かないためにも、マナーとしてIOラインも一緒に脱毛しておくと良いでしょう。

見えないところまで清潔感があると、男性側も嬉しさを感じるはずです。

ハイジニーナはデメリットもある!

ハイジニーナは清潔感を維持する意味では一番良いデザインです。

しかし、温泉などでも人から注目されやすくなる可能性があるでしょう。

また、ムダ毛が嫌いな男性も全ての毛がなくてもいいという考えではありません。

むしろ、清潔感があるほど整ったVラインの方が好まれる可能性が高いです。

さらに、中にはその姿が元彼や他の男性の趣味と変に勘くぐってしまう方も多く、それが不仲の原因になるケースもあります。

ハイジニーナは全てのムダ毛を脱毛するので、施術期間も長く、そして費用もより高くなってくることもデメリットでしょう。

脱毛サロンの場合は、生えればまた受ける必要があります。

デザインを変えたくても、元に戻すまで時間がかかることもデメリットです。

そして、デリケートゾーンは肌が敏感で、今まで毛で隠れていた肌に下着の摩擦で黒ずみや肌荒れが起きやすくなります。

それを防ぐケアも念入りに行う必要があるので、かなり手間がかかるデザインだと理解しておきましょう。

清潔も常に維持しておかないと、細菌の侵入を防いでいたムダ毛もないので感染症にかかるリスクも高めるので注意です。

Vio脱毛での形をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

ナチュラルに仕上げたいのか、個性やデザイン性に溢れた形に仕上げたいのかによって、整えたい方も変わってきます。

ご紹介した方を参考に、お好みの形をサロンやクリニックで相談してみましょう。

ミュゼプラチナム

住所:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F

ミュゼプラチナムに関する口コミ

2016年から、施術部位が少ない人は、予約が1週間前からしか取れなくなってしまったのが不満です。以前... (46~50歳、女性)

公式サイトで今すぐ予約