脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ Vio脱毛は自宅でするべき?脱毛サロンでするべき?

Vio脱毛、安全に行えるのは?

Vio脱毛は自宅でするべき?脱毛サロンでするべき?

光脱毛 自己処理 VIO

Vio脱毛は恥ずかしいので、自宅で自己処理したいと思う方も多いでしょう。 しかし、見えにくい場所だからこそ自己処理の方がいいのか、それともお金と時間をかけて脱毛サロンで行って方がいいのか悩むところです。 今回は自己処理と脱毛サロンのメリットとデメリットを説明しつつ、どちらがVio脱毛に向いているのかご紹介します。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vio脱毛は自宅でするべき?脱毛サロンでするべき?

Vio脱毛を自宅で行うメリット・デメリット

Vio脱毛を自宅で自己処理する人は多いようですが、Vioを自己処理するメリットは何なのでしょうか?

まずはメリットから見ていきます。

人に見られない

Vioは人に見られたくない部分なので、恥ずかしさから脱毛できない方が多いです。

しかし、自己処理であれば誰から見られることがないので、恥ずかしがり屋な方も気軽に行えます。

コスパに優れている

最近は格安の脱毛サロンも増えていますが、コスパを考えると自己処理の方が優れています。

また、Vio脱毛だけにお金をかけたくないという意見も多いようです。

いつでもできる

脱毛サロンへ通う場合は予約を入れる必要があるので、時間に余裕がないと難しいです。

しかし、自己処理では剃刀やシェイバーがあれば、いつでも処理できることがメリットでしょう。

自己処理は人に見られず好きな時に処理ができ、脱毛サロンよりお金をかけずにできることに大きなメリットがあると言えます。

関連エントリー
ハイジニーナ脱毛、VIO脱毛

VIO脱毛とは、一般的にデリケートゾーンに生えているアンダーヘアーのムダ毛を処理することを指します。「VIOライン」「ハイジニーナ」とも呼ばれ、最近、女性として身だしなみとして人気が出ています。「VIOライン」の言葉の意味は、Vライン、Iライン、Oラインを統合した総称で、デリケートゾーン全ての範囲をこれで表現しています。今回は注目度が高まっている「VIO脱毛」について詳しく見ていきましょう。

その一方、デメリットは何なのでしょうか。

綺麗に仕上がらない、怪我や炎症のリスク

Vioは場所によって自分では見ることが難しい部分です。

なので、自己処理ではムラができ綺麗に仕上がらない可能性があります。

また、見えにくい場所だからこそ肌を傷付けやすく、アフターケアを怠ると炎症や黒ずみ、埋没毛などが起きやすいでしょう。

定期的に脱毛の必要がある

自己処理の場合、脱毛はその場しのぎでしかないので、生えてくれば再び処理をする必要があります。

手軽にできる一方、処理の回数が増えて、肌にも負担が大きくなるでしょう。

Vio脱毛を脱毛サロンで行うメリット・デメリット

自己処理に不安を感じる人はお金と時間をかけてでも脱毛サロンでVio脱毛を行っています。

それでは、Vio脱毛をサロンで行うメリットからみていきましょう。

仕上がりが綺麗

脱毛サロンでは厳しい研修を乗り越えたプロが施術を行います。

また、人が施術を行うので自分では見えない部分も丁寧に処理してもらえるので、自己処理よりも綺麗な仕上がりになるのです。

自己処理の回数が減る

脱毛サロンの場合は永久脱毛ではありませんが、それに近い状態にすることは可能です。

その場しのぎの処理とは異なるので、完了すればしばらくは処理をする必要がありません

プロの施術者に脱毛をしてもらえるので仕上がりも綺麗で、さらに自己処理の回数が減ることも大きなメリットです。

自己処理が減れば、肌の負担も軽減されるでしょう。

続いて、デメリットの方もみていきます。

予約が取りづらく、定期的に通う必要がある

人気脱毛サロンの場合は自分の都合に合わせて予約をとるのが難しいと言われています。

サロンを選び時は予約がとりやすいかどうかもポイントです。

また、脱毛効果は最低でも6回近く行わないと効果を実感できないので、脱毛サロンは即効性に欠けています。

毛周期に応じて定期的に通わなくてはいけない、さらに予約が取りづらいと通うことが負担になってしまうでしょう。

料金が高い

脱毛サロンでのVio脱毛は自己処理に比べて料金が高くなりがちです。

低価で受けられるキャンペーンなどを上手に活用すれば、料金を少し抑えられることができるでしょう。

自己処理には色んなリスクが…

自己処理には様々なリスクがあります。

そのリスクとはどんなものなのか、みていきましょう。

剃刀や脱毛クリームで肌トラブル

Vラインは比較的に処理が簡単でも、ioラインに剃刀を使うのは肌を切る可能があるので危険です。

また、剃刀が怖くて脱毛クリームを使う方もいますが、Vioは特に敏感な部分なので、肌が弱い方はかぶれや炎症を起こしやすいでしょう。

家庭用脱毛機やワックスは痛い

最近は光脱毛ができる家庭用脱毛機も人気で、それを利用してVio脱毛をする方もいます。

しかし、家庭用は照射パワーも弱く、しっかりしたVioの脱毛は難しいでしょう。

さらに、Vioは黒ずみが気になる部分なので、光が黒ずみに反応して痛みを生じやすいです。

ワックスで使用する薬品は脱毛クリームより肌への負担は少ないものの、シートで毛を抜いて脱毛する方法なので、強烈な痛みがあります。

さらに、毛を抜いてしまうので埋没毛にもなりやすいです。

手間と安全性を考えるなら、断然脱毛サロン!

自己処理でのVio脱毛は手軽ですが、繰り返せば繰り返すほど肌に大きな負担をかけ、仕上がりも綺麗ではありません。

自己処理が難しい部分でもあるので、セルフで行うよりも脱毛サロンでの処理の方がとても安心で、仕上がりも綺麗です。

特に敏感肌の人は自己処理だと肌トラブルのリスクが高まるので、負担が軽い脱毛サロンの方が良いでしょう。

このように、Vio脱毛の自己処理は肌に大きな負担を与えてしまうデメリットがあります。

脱毛サロンにもデメリットはありますが、自己処理に比べて安全にVio脱毛が行えるでしょう。

また、脱毛サロンなら個人の肌質や毛質に応じて照射レベルや脱毛機で施術をしてくれるので、安全性や仕上がりの質を重視するなら脱毛サロンがおすすめです。

ミュゼプラチナム

住所:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F

ミュゼプラチナムに関する口コミ

2016年から、施術部位が少ない人は、予約が1週間前からしか取れなくなってしまったのが不満です。以前... (46~50歳、女性)

公式サイトで今すぐ予約