脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 家庭用はフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、どちらを選ぶべき?

メリット・デメリットで比較!

家庭用はフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、どちらを選ぶべき?

光脱毛 家庭用脱毛器

わざわざ脱毛サロンに通わなくても、自宅で脱毛をしたいと考えている女性も多いのではないでしょうか? 家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器がありますがどちらの方が脱毛効果が高いのでしょうか? それぞれの特徴やメリット・デメリットについても併せて考えていきましょう。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家庭用はフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、どちらを選ぶべき?

フラッシュ脱毛器の特徴とそれぞれの製品メリット・デメリット

フラッシュ脱毛器は、光のエネルギーを使って毛母細胞を破壊し脱毛するものです。

レーザー脱毛に比べると傷みが少なく一回の照射で広い範囲まで脱毛することができます。

処置後の肌荒れや炎症などのトラブルが起きにくいため、一般の方でも手軽に利用できるのも魅力です。

しかし、レーザー脱毛よりも効果が薄く定期的に脱毛をしないとしっかり脱毛効果が現れません

使い続けていくうちに効果は出てきますが、毛が生えにくくなるのを感じにくいでしょう。

フラッシュ脱毛器の一回の照射時間は、片方のワキでだいたい10~30秒くらいになります。

家庭用脱毛器の中で人気の商品は、ほとんどがフラッシュ式のようです。

数ある商品の中には、脱毛レベルを10段階に調整できたり、傷みが出やすい部位は低い照射で何度も脱毛できるなど自由自在に調節できるタイプもあります。

一回の照射で広範囲の部位を素早く脱毛できるというのもメリットです。照射面積が広いので、眉毛などの脱毛は行えませんが顔の美顔器として使えるものもあり一台二役でお得です。

フラッシュ式は、脱毛サロンで施術をしたことがある人も多いので、サロンなどで体験した脱毛を自宅で行ってみたいという人も多いでしょう。

関連エントリー
家庭用脱毛器で自宅で脱毛!

家庭用脱毛器というものがあることを知っていますか。「家庭用脱毛器の仕組みって?」 「家庭用脱毛器って脱毛サロンに行くのと比べてどうなの?」などというような疑問が出てくるでしょう。実際、家庭用脱毛器の仕組みや使い方などはどのようなものなのでしょうか。今回は、家庭用脱毛器のメリットやデメリットについて紹介しながら効果はどのようなものなのかについて紹介していきます。

レーザー脱毛器の特徴とそれぞれの製品メリット・デメリット

レーザー脱毛器は、レーザーによるエネルギーで毛母細胞を焼き、脱毛していきます。

メラニン色素を含んだ体毛を伝って脱毛していくので、皮膚へのダメージがなく毛母細胞だけを破壊する仕組みです。

出力が強いため、フラッシュ脱毛器に比べると傷みを強く感じることがありますがその分脱毛の威力は期待できます。

レーザ脱毛を採用している美容形成外科では、脱毛効果が高いものの照射範囲が狭いので処理が大変というデメリットもあるようです。

日ごとに「今日は右膝下だけ脱毛する」「明日は左膝下だけ脱毛する」など部位を変えて根気よく脱毛を繰り返す必要があります。

照射範囲が限られているので一日で全身を脱毛するというのは難しいでしょう。

また、レーザー式は照射時間が長く3分くらい照射するため敏感肌の人は、脱毛後に赤くなったり肌荒れを起こしやすいでしょう。

家庭用脱毛器の場合は、医療機関で採用されているマシンよりも刺激が少ないのであまり心配する必要はありませんが、傷みが生じるというのは大きなリスクになります。

痛いのはイヤだけど、脱毛レベルが低くなると効果が感じにくいというのも気になる点です。

毛が薄い人はそんなに傷みを感じないようですが、剛毛になればなるほど傷みが増していきます。しっかり冷やして水分を拭き取り照射すれば脱毛の傷みが軽減しますが、寒い季節では辛い脱毛時間になるでしょう。

また、冷やしてから脱毛をするということ自体ストレスになるものです。

キレイになるためには多少の傷みは我慢するという気持ちの覚悟が必要になりそうです。

結局、家庭用脱毛器はどっちがおすすめ?

家庭用脱毛器の良いところは、自宅にいながらもエステ並みの脱毛ができるということです。

脱毛をエステや美容形成外科などで行うためには予約を取り数あるメニューの中からコースを決めて施術しに足を運ぶことの繰り返しです。

人気サロンの場合は、3ヵ月前くらいしか予約が入れられないところもあります。

例えば2ヵ月に1回の施術で通うことができたとしても、脱毛が完了するまでに2年もしくは3年くらい通わなければなりません。

最近の脱毛サロンは「月額9,800円で全身脱毛できる!」と謳っている脱毛サロンが多くあります。

2ヵ月に1回で12回行っても全身脱毛が12万円程度でできるならお得だと思う人もいますが、よく考えてみると「月額」というのが落とし穴になっているのです。

12回通うのに2年かかれば、24ヵ月分で約24万必要になることになります。

仕事や予定でたくさん通えなくても「月額」で金額が決まっているので、脱毛できてもだきなくても毎月必ず同じ金額が自動的に引き落とされてしまいます

そう考えると家庭用脱毛器は週に1回のペースで脱毛することが可能になるので、1年くらいで脱毛を完了させることもできます。

家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器がありますが、どちらも自宅にいながら自由自在に脱毛できるという点が最大の魅力です。

傷みを多少感じても脱毛をしっかり行いたいという人は、レーザー脱毛の方を採用した方がいいですし、高い脱毛効果は期待できないが傷みがない方がいいという人はフラッシュ脱毛をオススメします。

肌が弱い人は、脱毛後のトラブルが心配なので負担の少ないフラッシュ脱毛の方が安心でしょう。

また、フラッシュ脱毛が人気だからという理由だけで選択するのは、本当に正しい選択方法とは言えません

あくまでも、自分の体質や体毛の状態に合った脱毛器を選択するように心掛けることが大切です。