医療脱毛のvio脱毛、脱毛サロンとの違い | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 医療脱毛のvio脱毛、脱毛サロンとの違い

vio脱毛は医療機関それとも脱毛サロン?

医療脱毛のvio脱毛、脱毛サロンとの違い

光脱毛 VIO 鼠蹊部

剃刀やシェイバーを使って自分で脱毛をする方もいますが、他にも医療脱毛や脱毛サロンに通う方法があります。 vio脱毛をしたい時は医療脱毛とサロン、どちらでの脱毛が良いのでしょうか。 ここでは医療脱毛の特徴やデメリット、サロンの脱毛とはどんな違いがあるかご紹介します。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医療脱毛のvio脱毛、脱毛サロンとの違い

医療脱毛の特徴

医療脱毛とは、美容皮膚科などの医療機関が行うクリニックです。

医療脱毛で使われる脱毛機は医療レーザー脱毛機で、脱毛力が強力であるため施術が完了すれば永久的にムダ毛が生えてこないことから人気があります。

ムダ毛が生えてこなくなる仕組みは、毛のメラニン色素に反応する波長のレーザーを照射することにより、レーザーが毛根に当たって毛根組織を破壊します。

毛根は毛を生やすための重要な組織なので、それが破壊されると毛が生えなくなってしまうのです。

レーザーだから肌を傷つけてしまわないか不安ですが、毛の黒色に反応するレーザーなので、直接肌を傷つけることはありません。

万が一に施術中や施術後に肌トラブルがあらわれても、医師が迅速に対応してくれるので安心感も強いでしょう。

なお、レーザー脱毛機には様々な種類があり、クリニックによって使う脱毛機も異なり、部位や肌質、毛質に応じて複数の脱毛機を使い分けるクリニックも多いです。国内で使われているレーザー脱毛機をみてみましょう。

ダイオードレーザー

脱毛範囲が広範囲なので、1回の脱毛を素早く終わらせることができます。

低刺激なところも魅力でしょう。

アレキサンドライトレーザー

この脱毛機では冷却を同時進行させながらレーザーを照射していきます。

冷却効果により痛みが軽減され、さらにジェルの塗布が不要なので肌が弱い人やアレルギーが心配な方も安心です。

ロングパルスヤグレーザー

レーザーの波長が長く、エネルギーが深部まで届きやすいため、濃いムダ毛やひげ、色黒の人でも脱毛ができます。

vioラインにも効果が高いです。

YAGレーザー

通常のレーザー脱毛機はメラニンが多い日焼けした肌や色黒の肌にも反応してしまいますが、こちらは日焼けや色黒な肌でも脱毛ができます

ライトシェア・デュエット

吸引で皮膚を伸ばしながら、レーザー照射で脱毛するのが特徴的です。

出力は控えめですが、毛を選んで照射できるため低刺激で効果的な脱毛をすることができます。

照射範囲も広く短時間施術で済み、導入するクリニックも多いです。

関連エントリー
医療脱毛もエステ脱毛も満足だった私の感想

脱毛を始めようとする時、医療脱毛にするか、エステで脱毛を行うか、悩まれる方も多いと思います。それぞれのメリットやデメリットがあるので、しっかり調べた上で、お手入れを始めるのが一番ですが、初めから「医療脱毛だけに通う」とか「エステ脱毛にだけ通う」と決めてしまうのはもったいないかもしれません。私はエステサロンに勤務していますが、エステ脱毛だけでなく、医療脱毛も経験していますし、反対に医療脱毛の現場で働いている看護師さんでも医療脱毛と併用してエステの脱毛を行っている方もいます。一人一人毛質、体質や、求める効果に違いがあるので、それによっても、選ぶクリニック、サロンを考え選んだほうが良い場合もあります。今回は医療脱毛、エステ脱毛で体験した事をご説明をしていきたいと思います。

なぜ、vioは医療脱毛がいいの?

vioは他の部位よりも敏感であるため、脱毛で痛みを感じやすい部位です。

冷却や低出力でも痛みに敏感な方はすぐに反応し、断念してしまうこともあります。

しかし、医療脱毛はクリニックで行われる脱毛であるため、麻酔を打つことが可能です。

麻酔を打てば痛みを感じることなく、スムーズに施術を受けられます。

医療脱毛は強力なので毛が太くて濃いvioにも効果的で、完了までの期間も短いため肌への負担も最小限に抑えることができるのです。

また、永久脱毛なので脱毛が完了すれば、自己処理もほぼ不要となるので、医療脱毛で行うvio脱毛は安全で効率の良い方法だと言えます。

デメリットはない?

毛が生えてこないことは大きなメリットですが、デメリットでもあります。

アンダーヘアを自分好みの形にしたいと思う方も多いでしょうが、医療脱毛ではデザインの融通が効かないことがデメリットです。

もしvラインを全部脱毛してしまった場合、生えてこないので後からアンダーヘアをデザインしたくてもできません。

また、形を決めても後で変更することは困難なので、あらかじめ形をしっかり決めておく必要があります。

また、医療脱毛はサロン脱毛に比べて価格が高額なところもデメリットでしょう。

痛みは麻酔で軽減できるとはいえ、脱毛機によっては肌に合わず肌トラブルが発症する可能性もあるので、その点を理解しておきましょう。

医療脱毛とサロンとの違いは何

サロンではレーザー脱毛機ではなく、光を照射するフラッシュ脱毛機を使用します。

レーザー脱毛機と同じく毛のメラニンに反応してムダ毛を処理しますが、フラッシュ脱毛機は出力がレーザーより劣るため、毛根組織の破壊はできません。

そもそも、毛根組織の破壊は医療行為に当てはまるため、医療脱毛はクリニックでしか行うことができないのです。

つまり、サロンの場合は永久脱毛ではなく、毛を薄くする抑毛効果の脱毛となります。

また、医療脱毛で医師とのカウンセリングや診察があり、施術でも医師や医師の指示で看護師が行います。

サロンではカウンセリングも施術も研修を積んだサロンスタッフが行う違いもあるのです。

サロンは医療機関でないため、肌トラブルが発生しても直接治療や薬の処方ができません。

しかし、医療脱毛ならトラブルもその場で対処し、薬の処方もあります。

強力な脱毛力を誇る医療脱毛であれば、vio脱毛も安心して行うことができます。脱毛に関する不安や悩みも医学の視点から答え、麻酔ができるので痛みに弱い人も気軽に脱毛が受けられるでしょう。

サロンとは異なる魅力がある一方、価格や形のデメリットもあるので把握したうえで医療脱毛をはじめてください。