脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ 自宅で簡単にできる脱毛器を比較してみました

自宅でできる脱毛器を調査!

自宅で簡単にできる脱毛器を比較してみました

家庭用脱毛器 光脱毛

脱毛サロンでの脱毛は、多くの期間と費用が必要になります。 そのため、自己処理での脱毛をすることになりますが、カミソリや毛抜きで行うと毛穴の目立ちや乾燥など肌トラブルが多くなる危険があるほか、毎日処理を行うことで面倒に感じる人も多いでしょう。 そこでオススメなのが脱毛器です。 綺麗に脱毛できるだけではなく、肌への負担も少ないので安心でしょう。 近年は様々なメーカーから多くの種類の脱毛器が発売されているので、人気のあるオススメの脱毛器を紹介していきます。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で簡単にできる脱毛器を比較してみました

自宅で簡単にできる脱毛器、それぞれの特徴を比較!

まずは、各メーカーから販売されている脱毛器の詳細を紹介します。

パナソニック 光美容器 光エステ〈ボディ&フェイス用〉 ES-WH95

パナソニックから発売されている光エステはフラッシュ式の脱毛器で肌に当てていくだけで簡単に脱毛することが可能です。

また、痛みが少ないことが特徴で肌への負担も少ないでしょう。

ムダ毛が気になるワキや腕、足だけではなく専用のアタッチメントを取り付けることでビキニラインや顔の脱毛も行える優れものです。

光エステの最大の特徴としては、使っていくうちにキメ細かい肌になれる美肌ケアが備えられていることでしょう。

約2ヶ月間使い続けることで肌の明るさが蘇り、ムダ毛が無くなるだけではなく肌の美しさも手に入れることができます。

ヤーマン レイボーテグランデ

ヤーマンから発売されているレイボーテグランデは、照射面積だけではなく出力パワーもシリーズ最高のものを搭載しているので自己処理でも満足できると口コミで話題となっており、使用した多くの人が効果を実感しています。

独自に開発したレイボーテフラッシュによって、ムダ毛の処理だけではなく美肌ケアもできるとあり自己処理による肌トラブルを心配している人にもオススメできます。

豊富なツールがあることも特徴で、細かい箇所に最適のスモールランプや顔のケアが可能なフェイスランプがあることにより、満足のいく脱毛を行うことができます。

また、別売りのクールヘッドを購入すると脱毛後の肌のクールダウンも行えます。

ケノン 家庭用脱毛器

ケノンから発売されている脱毛器の最大の特徴と言えば、コストパフォーマンスでしょう。

カートリッジは交換式となっており本体を買い替える必要がないので長い間使い続けることが可能となります。

また、短時間での脱毛が可能でワキの下であれば片方約10秒で処理を行うことができ、面倒な自己処理も手軽にできるでしょう。

液晶画面では強さを自由に変えることができ、自分の肌に合った処理を行えるので肌トラブルも心配なくケアが行えます

脱毛器初心者であっても、オートモードで光が照射される機能が搭載されているので安心して利用できるでしょう。

効果のある脱毛器を選ぶポイントは?

上記のような人気の脱毛器のほかにも各メーカーからは有能な商品が多数販売されています。

脱毛器の選び方のポイントを知ることで、自分に合った効果的な脱毛器を見つけることができるでしょう。

脱毛方法について

家庭用の脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式があります。

フラッシュ式はメラニン色素に光を当てることで毛根にダメージを与えて脱毛をしていくもので、比較的コストが掛からないことが特徴です。

痛みが少ないことがメリットとして挙げられますが、その分効果を実感するのにも時間が掛かります。

レーザー式は毛乳頭にダメージを与えるためにレーザーを肌に当てて処理を行います。

フラッシュ式よりも効果を感じるスピードが早いですが、痛みが強く感じる人も多いです。

レベル調整について

メーカによって脱毛器のパワーに差異があります。

パワーレベルの調整を行えることで、脱毛初心者でも安心して処理を行えるほか、肌トラブルも無くすことができるでしょう。

ショット単価について

コストのことを考えるとショット単価を考えることが重要になります。

1回のカートリッジで何回照射できるのかを調べ、単価が安いことでコストを抑えた脱毛を家庭で行うことが可能です。

ですが、照射面積が狭いとショット数が多くなってしまうので、照射面積が広い脱毛器を選ぶようにしましょう。

自宅で脱毛する場合の注意事項

肌トラブルが少なくコストパフォーマンスにも優れている家庭用脱毛器ですが、使う際にはいくつかの注意点があります。

使用方法を守る

どの脱毛器にも必ず使用方法があります。

間違った使い方をすることで肌トラブルを招く危険があるほか、効果を得られない場合もあるので気を付けましょう。

目の負担に気を付ける

脱毛器の光を直接浴びると目に大きな負担が掛かってしまいます。

脱毛器の中にはサングラスが付属されているものもありますが、無い場合には自分で用意をして目を保護しながらケアをしていきましょう。

処理後のケアが大切

肌に負担を掛けない脱毛器であっても、処理後のケアは大切です。

しっかりとクールダウンした後、保湿ケアを行うと綺麗な肌を保つことができます。

家庭用の脱毛器には様々な種類があります。

どの脱毛器にもメリットがあり簡単にケアをすることができるので、自己処理が面倒に感じている人にもオススメできます。

注意事項を守って処理をした後はケアを怠らずにツルツルの肌を目指しましょう。