ムダ毛処理を自宅でする!カミソリのおすすめってあるの? | 脱毛・脱毛サロンの口コミなら NII-NA[ニーナ]

脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ ムダ毛処理を自宅でする!カミソリのおすすめってあるの?

どんなカミソリを使えばいいのだろう?

ムダ毛処理を自宅でする!カミソリのおすすめってあるの?

自己処理 カミソリ 敏感肌 ムダ毛 脱毛 保湿

皆さんは、どのような方法でムダ毛処理を行っていますか? 美容クリニックや脱毛サロンという選択もありますが、ムダ毛の程度が軽度であればカミソリでも大丈夫です。 しかし、その場合は正しい方法で行うようにしてください。 そうすることで、肌の負担も最小限に抑えながらキレイに処理できます。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ムダ毛処理を自宅でする!カミソリのおすすめってあるの?

自己処理の方法として人気がある

ムダ毛処理をカミソリで行う場合、まずその正しい方法をマスターしておくことが大切です。

毎日のムダ毛処理を、カミソリで行っている人も多いと思います。

手軽に自己処理ができるとても便利なアイテムとして人気がありますが、皆さんは正しい使用法が出きているでしょうか?

少しでも使用方法を間違えてしまうとトラブルや危険が起こったりしますので、十分に注意する必要があります。

ムダ毛処理といって油断する人も少なくありませんので、今一度正しい方法を確認しておくと良いでしょう。

カミソリの正しい使い方

カミソリを使って自己処理を行う場合、まずムダ毛を剃る手順からチェックしてください。

自己処理を安全に、かつキレイに行うには次の手順で進めることをオススメします。

まず、蒸しタオルなどを使用して脱毛部分の肌や毛を温めてください。

肌が十分に温まったら、シェービング用のクリームやジェルなどを患部につけましょう。

患部全体にクリームやシェービングが行きわたったら、最初に毛の向きに沿って剃ります。

これがいわゆる「順剃り」です。

順剃りが終ると次は逆剃りで、今度は毛の向きと逆の方向に剃ります。

これらの行為を繰り返した後、患部を拭き取ったり洗ったりしてキレイにしてください。
そして、肌がキレイになったところで保湿を行います。

以上が正しい手順になりますので、間違って行っていた方はこの機会に改めておきましょう。

ひとりひとりムダ毛の状態が異なりますので、実際に行う時は患部をしっかりチェックする必要があります。

例えば、何もしないままのムダ毛は比較的硬いことが多く、そのままでは剃りづらいことが多いです。

また、その状態で処理を行うと赤みや血が出たりなど、肌トラブルが生ずることも少なくありません。

そのため蒸しタオルの利用や、湯船に浸かって剃りやすくするのが大切です。

患部に蒸しタオルなどを当てて温めておくと、ムダ毛部分にたくさんのが水分を浸透して軟らかくなります。

ですので、処理もしやすくなります。

そして次のポイントは、ムダ毛処理を行うための準備です。

皆さんの中で、肌に何の処置をしないでいきなりカミソリを使用している方はいませんか?

上記の手順にもあるように、シェービング用のクリームやジェルなどを患部につけることをオススメします。

いきなり剃るのは絶対に避けてください。

何の処置も施していない肌は、そのまま剃ってしまうと大きなダメージは負ってしまいます。

また、実際に行ってみると分かりますが、肌の上にクリームなどの潤滑油がないと、カミソリ自体の滑りも悪くなります。

このままの状態で剃ってしまうとスムーズに剃るのはもちろん、肌に対するダメージも計り知れません。

特に敏感肌の方は、十分に注意する必要があります。

自己処理行う前に、必ずジェルやクリームなどを塗るようにしてください。

逆剃りにも注意してください

ムダ毛処理でカミソリを使用する場合、この逆剃りにも気をつけてください。

たくさんの人が自己処理を行っていますが、その中にはいきなり逆剃りを行う人がいます。

逆に剃る行為自体は問題ありませんが、いきなり剃るのは危険です。

特にムダ毛が長い方は、いきなり逆剃りをしてしまうと、毛が引っ張られて肌トラブルに繋がります。

このような長い毛がある時は前もってハサミなどでキレイしておき、その後シェービングやクリームなどを塗って毛の向きに剃る、順剃りを行いましょう。

なお逆剃りを行う際は、根元から剃ると肌に大きなダメージを与える可能性がありますので、力を入れないで肌を少し引っ張る感じで行ってください。

そして剃り終わった後のケアも忘れないでください。

患部を剃り終わった後はタオルなどでしっかり拭き取り、お湯などでキレイに洗い流すことが大切です。

このように逆剃りを行う際は、アフターケアもしっかりしてください。

カミソリのNG行為にいて

カミソリを使用して自己処理を行う場合、次の点に注意してください。

まず、お風呂での処理です。

入浴の際にムダ毛処理も一緒に行う人も多いと思いますが、これはNG行為です。

お風に入る時にムダ毛も一緒に処理すれば、周りを汚すこともなく効率が良いというイメージがあります。

しかしお風呂に入り、肌が濡れた状態のままで処理を行うと、肌の表面にある大切な角質を削ってしまう恐れがあります。

さらにお風呂場は水気が多いので、油断すると滑ってケガをしてしまうことも考えられます。

ですので、処理する場合はお風呂から出てから行うようにしましょう。

また、石鹸にも注意してください。

専用のシェービングフォームであれば問題ありませんが、石鹸やボディソープなどを使用すると、潤滑油の役目を果たしてくれないことがあります。

石鹸はカミソリから肌を保護してくれるイメージがありますが、実際は滑りが良くなりすぎることが多いです。

そのため、滑りすぎて上手く剃れなかったり深剃りになったりすることも少なくありません。

このようにNG行為がありますので、使用する際は注意してください。

オススメのカミソリ

自己処理としてカミソリを使用する場合、自分に合った製品を選ぶようにしてください。

女性の場合、「ハイドロシルクトリムスタイル」が良いでしょう。

この製品は敏感肌の人も安心して使用できます。

製品は5枚刃になっていますので剃り味が良く、肌の表面をしっかりカバーしてくれます。

また、男性には「フェザー エフシステム サムライエッジ」がオススメです。

こちらはコスパも良く、確かな品質を誇っています。

ムダ毛もキレイに処理できますので試してみると良いでしょう。

ムダ毛処理の方法も様々ありますが、カミソリも便利なアイテムとして人気があります。

実際に利用している人も少なくありませんが、使用する際は正しい方法を身につけておくようにしてください。