脱毛・脱毛サロンの口コミならNII-NA[ニーナ]

脱毛 NII-NA[ニーナ]トップ ビキニラインのムダ毛を自分で処理する方法

処理をする際の注意点を確認!

ビキニラインのムダ毛を自分で処理する方法

自己処理 VIO カミソリ 脱毛 保湿 料金

ビキニラインのムダ毛が、気になる人もいるのではないでしょうか。 このようなデリケートゾーンは、自己処理が難しい部分として知られています。 Vラインの自己処理を自分で行う場合、いくつか注意する点がありますので確認しておきましょう。

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビキニラインのムダ毛を自分で処理する方法

ビキニラインについて

皆さんは、Vラインの正確な位置を知っているでしょうか?

この部分は脱毛サロンや美容クリニックによって、その範囲が異なることが多いです。

サロンやクリニックの中には、パンツを履くことによって隠れる前面の部分をVラインとしているところもあれば、次のように分けているところもあります。

具体的には、Vラインが両足の付根部分、トライアングル上部が中央上部、そしてトライアングル下部が中央下部として分類しています。

様々な分類がありますが、これらすべてをVラインと見て良いでしょう。

このデリケートゾーンを自己処理する場合、注意して行うようにしてくだい。

ビキニラインの自己処理前の準備

ビキニラインのムダ毛処理を行う方法は様々ですが、安全な方法としては電気シェーバーがオススメです。

電気シェーバーは肌に優しいので、カミソリなどのようなトラブルを回避できます。

ちなみに脱毛サロンや美容クリニックでは、脱毛処理を行う前の前シェービングを電気シェーバーなどで行っています。

そしてシェービングを行う時期ですが、イベントなどの2日前に行うのがオススメです。

また、シェービングを行った後は肌が敏感になっていることが多いので、ある程度の時間肌を休めるようにしてください。

自己処理で用意するものとしては、顔専用電気シェーバー、クリームやワセリン、水性ペンなどです。

水性ペンは、実際に処理を行う部分に印をつける時に使用しますので、それぞれの利用用途によって用意しておくと良いでしょう。

ビキニライン処理は比較的細かい作業が多いので、ボディー用ではなく、顔専用の電気シェーバーが望ましいです。

顔専用の用電気シェーバーがあれば、Vライン以外にIラインやOラインの処理も可能です。

また、専用のシェーバー1つあればVIOのムダ毛処理もできますので、この機会に揃えておくと良いでしょう。

専用シェーバーはインターネット通販にもありますので、ネット環境がある方は確認しておきましょう。

また、実際に購入する際は刃が肌に直接当たらないよう、しっかり保護された製品を選んでください。

製品の価格もピンキリですが、3000円程度のものに人気があるようです。

ビキニラインの自己処理手順

Vラインを処理する前に、まず該当部分をキレイに洗いましょう。

処理を行う前にお風呂に入ったり、専用のお尻拭きなどを使用するのも良いでしょう。

洗浄が終わったら、次は実際に処理を行う部分を確認します。

どの部分まで自己処理を行うのか、しっかり決めることが大切です。

人によって処理の目的は異なりますが、例えば水着を着るために処理するのであれば、水着を実際に着用して見ると分かりやすいです。

希望する部分が決まったら、水性ペンなどで目印をつけておきましょう。

そしてある程度の毛を残したい方は、すべて剃って良い部分と長さを整える部分に分けてください。

以上までの手順が終わったら、ムダ毛の処理を行います。

皆さんの中にはカット方法で悩む人も多いと思いますが、理想は3~5mm程度です。

毛があまり長過ぎると、剃るのに時間がかかったり場所が見えずらくなったりすることがあります。

ですので、事前にハサミなどで毛をカットしておくことをオススメします。

この時に3~5mm程度の長さに揃えておくと、その後の処理もやりやすくなります。

カットが終わったら、蒸しタオルなどを使用して5分程度温めましょう。

皮膚を温めると皮膚表面や毛が柔らかくなり、処理の時に便利です。

私たちの皮膚の表面や毛は、ケラチンと呼ばれる数種類のアミノ酸から構成されています。

ケラチン自体は温めることで柔らかくなる性質を持っていますので、前もってしっかり温めておくと良いでしょう。

また肌や毛が柔らかいと、電気シェーバーが引っかかるなどのトラブルも回避できます。

なお、お風呂に入った後など肌が温かい状態であれば、そのまま処理しても問題ありません。

皮膚が温まったらシェーバーを肌にあてて、毛の流れに沿って処理を行います。

この時は電気シェーバーを肌にしっかりあて、毛の流れに沿う感じで剃るのがポイントです。

ここでは逆剃りに注意してください。

毛の流れに逆らう、いわゆる逆剃りは毛と一緒に皮膚までも削り取ってしまう可能性があります。

ですので、必ず毛と同じ方向に沿って処理するようにしてください。

また、水着や下着を着るために処理する場合は、実際に服を着て毛の長さを確認しながら行うと良いでしょう。

希望する長さの処理が終わったら、タオルなどを使用して肌を拭いて取ってください。
これにより、肌の炎症リスクを回避できます。

その後、クリームやワセリンなどを使用して、しっかり保湿を行ってください。

なお、電気シェーバーを使用する場合、刃の摩擦で肌が乾燥してしまうことがあります。

肌の乾燥は様々なトラブルに繋がりやすいので、保湿を忘れずに行いましょう。

ビキニラインの自己処理を行う場合、以上の点に注意して行うようにしてください。

丁寧に行いましょう

Vラインは、他の部分である、IラインやOラインと比べて、比較的自己処理しやすい場所と言われています。

しかし、他の部分と比べてデリケートな部分でもありますので、丁寧に行うことが大切です。

間違ったままの方法で自己処理をしてしまうと、肌荒れや痒みなど様々な肌トラブルを招きかねません。

一度トラブルが発生してしまうと、その部分が完治するまで処理もストップしてしまいます。

そのためデリケートゾーンの自己処理を行う際は、正しい手順に沿って行うことが大切です。

自己処理の方法としては、その他にもカミソリや毛抜きなどがありますが、肌の負担を考慮するのであればやはりシェーバーがオススメです。

ビキニラインなど、デリケートゾーンのムダ毛は自己処理が難しい部分でもあります。

やり方を間違えてしまうと肌トラブルを引き起こすことがありますので、行う際は慎重にしてください。

自己処理を行う際は、自分に合った方法を選びましょう。