脱毛トップ 部位 すね毛脱毛はどのような方法がベスト?

ツルツルにしない方法とは?

すね毛脱毛はどのような方法がベスト?

永久脱毛減毛光脱毛料金医療脱毛ムダ毛足の脱毛施術回数脱毛サロン肌トラブル部位医療レーザー自己処理シェービングワックス除毛クリームカミソリ

最近は女性だけでなく、男性もすね毛脱毛を行うことが増えてきました。 最も身近な脱毛であるすね毛脱毛ですが、そのような施術が一番向いているのでしょうか?また毛をなくしたいわけではなく、減らしたいという場合にはどうしたらいいのでしょうか? すね毛脱毛の基本情報を始め、向いている施術法、すね毛の減らし方について調べてみましたのでご紹介します!

すね毛脱毛はどのような方法がベスト?

すね毛を脱毛するには

ある意味、一番身近なムダ毛とも言えるのがすね毛ですよね。

脱毛を考えている方も多いことと思います。そのメリット、デメリットはどのようなものでしょうか?

すね毛を処理するメリット

すね毛を処理するメリットは何と言っても清潔感が出ることではないでしょうか。

すね毛が濃い足と比べると、すね毛を処理した足の方が異性の受けもよくなります。

足を出すことにためらいを感じなくなりますので、服装も選べる幅が増えるでしょう。

また、すね毛は特に夏場など蒸れの原因となり、肌トラブルを引き起こすこともあります。

肌の弱い方だと、夏場以外でも毛先が肌に擦れて痒くなるということもありますので、すね毛脱毛は肌トラブル改善にも役立つということになりますね。

すね毛を処理するデメリット

先ほどすね毛脱毛は肌トラブルを防ぐと言いましたが、間違った脱毛処理によって肌トラブルが起きてしまいます。

すね毛の自己処理を行う場合には、頻繁に施術を行わなければならないため、肌への負担が大きいのです。

サロンの施術なら肌トラブルの心配は薄いですが、費用は高額となってしまいます。

理想のすね毛の状態は?

女性の場合、すね毛は全て脱毛し、つるつるの状態を望む方がほとんどです。

しかし、男性の中にはすね毛が濃くて悩んでいるものの、つるつるにしたいわけではないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際男性のすね毛について女性に尋ねたアンケートでは、薄いのがいいという答えが6割ですが、つるつるがいいという声は1割程度でした。

実際、男性がすね毛脱毛をする場合には、毛を薄くする、というのを目指す方が多いようです。

自宅で処理する方法

一口にすね毛の自己処理と言っても今は様々な方法があります。肌に負担が少ないのはどの方法なのか調べてみました。

剃刀、電気シェーバー

自己処理で一番すぐに思い浮かぶにが、剃刀や電気シェーバーを使って剃るという方法ではないでしょうか。

最も手軽な方法ですが、剃刀は剃る際にどうしても皮膚にもダメージを与えてしまいます。直接刃があたらない電気シェーバーが最も肌に優しく、おすすめです。

ただし、電気シェーバーでも毛流れの逆向きに当てたりすると肌を傷つける危険性があるので注意しましょう。

また、剃毛は効果が非常に短いのがデメリットです。あまり頻度が高いと肌トラブルの原因ともなりますし、毛が濃くて毎日処理が必要、という場合などは別の手段を用いた方がよいでしょう。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かす成分が入ったクリームです。

肌になじませてしばらくしてから専用のヘラでクリームを取り除いていき、その際に溶けた毛も一緒に取り除かれます。

毛も皮膚も同じタンパク質ですから、当然皮膚への刺激が強く、おいておく時間を長くしたり、肌が弱かったりすると皮膚も溶けてしまうこともあります。

また、男性など毛が太い場合には毛を溶かしきることができないため、効き目が薄いことも多いようです。

なお、毛を溶かすといっても見える部分の毛だけで毛根にダメージを与えることはできないため、脱毛効果はそれほど持続しません。

ブラジリアンワックス

最近メディアにも取り上げられることも多くなり、ブラジリアンワックスも手軽に手に入れられるようになりました。

ワックスを脱毛したい部位につけて、専用のシートを貼り付け、それごとはがすという非常に単純な脱毛法です。

一瞬で広範囲の毛を根本から抜き取ることができ、慣れれば時間がかからないため愛用している人も多いようです。

最近は水溶性のものなど、自宅で使いやすいものも多く販売されています。

しかし、一度に多くの毛を抜き取るため、かなりの痛みはあるようです。

肌が弱い場合は角質を一緒にはがしてしまい、肌トラブルを引き起こすこともあります。

また、ブラジリアンワックスはあくまで毛を抜くだけで永久脱毛ではありません。繰り返しの施術が必要となりますので、それなりの費用、痛み、肌への負担を覚悟しておいた方がいいでしょう。

最も肌に負担が少ない自己処理は

最も肌トラブルが起こりにくいのは、電気シェーバーを用いた方法でしょう。

電気シェーバーは肌に触れる外刃がやわらかく、肌に傷が付かない仕組みになっています。

ただし、電気シェーバーといっても様々ですので、肌に優しそうなものを選びましょう。

より肌に優しい施術を行いたい場合はプレシェービングローションを使い、処理後の保湿をしっかり行いましょう。

サロン、クリニックで処理する方法

自己処理は手軽ですが、やはり日々の手間はかかります。

サロンやクリニックで施術する場合、どれくらいの費用・回数で、どの程度の持続性があるのでしょうか?

光脱毛

多くの脱毛サロンで行われているのは光脱毛です。

光脱毛は特定の波長の光を当てて毛のメラニン色素を焼く方法です。

毛の成長周期に併せて最初は1か月、次は2か月と周期を伸ばしながら施術を行っていき、一年ほどでつるつるになるようです。

また、面で光を照射するので施術が広範囲にでき、痛みが少ないのが特徴です。

値段はサロンにもよりますが両足で5万~10万円ほど、初回キャンペーンなどを使えばさらに安く施術することもできます。全体を通して、女性よりも男性の方が高額です。

なお、脱毛効果の持続性については毛の濃さにもよるようですが、施術終了後に太い毛がまた元通りに生えてくるということはまずないようです。

ただ細い毛がたまに生える、ということは割とよくあるようで、そういった毛は時々自己処理を行っているという声が多くありました。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛も光脱毛と原理は同じですが、小さめの照射口から強い出力で光を照射するのでその脱毛効果は高いです。

永久脱毛、と謳われている場合もあります。

ただ、毛が広範囲に及び、毛が色んな方向を向いているすね毛の脱毛においては、面で施術する光脱毛の方が短時間で済み、脱毛効果も十分であるため、多くの人が安価な光脱毛を選ぶ傾向にあるようです。

ただし、男性の濃いすね毛の場合、は光脱毛の1コースでは完全に脱毛が終わり切れない場合もあります。

男性は光脱毛でも割と高額ですし、2コースするなら、最初から医療レーザー脱毛を選んだ方が費用を抑えることができるかもしれません。

なお、医療レーザー脱毛も期間や回数は光脱毛と同じで、費用はクリニックによりますが平均15万ほどのようです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を通して電気を通して毛根を完全に破壊する方法ですが、毛一本一本に対して施術を行っていくため非常に高額で時間もかかります。

毛数が多く、範囲も広いすね毛脱毛には向きません。

一方で他の脱毛法では抜けきれない色素沈着した部位の毛や白髪などに対応していますので、どうしても他の脱毛法で抜けない毛がある場合のみ、補助的に用いましょう。

すね毛を薄くしたい場合には

すね毛をなくすのではなく薄くしたい場合、どういう処理をすればいいのかまとめてみました。

電気シェーバーですく

すき刈り機能のある電気シェーバーなどですね毛をすくと、自然な感じに毛を薄くできるのでおすすめです。

長さ、すき具合などを調整できるシェーバーもありますのでぜひ使ってみてください。大体5,000円ほどで購入できます。

脱毛サロンでデザイン脱毛する

男性向けの脱毛サロンの場合、毛をなくすのではなく薄くするデザイン脱毛が行われていることがほとんどです。

カウンセリング時にきちんと自分の理想とするすね毛の濃さを話合い、施術してもらいましょう。

その他

毛そのものを減らさなくても、毛を細くする抑毛クリームを使ったり、毛を脱色したりすることですね毛を薄く見せることができます、どちらもクリームを塗るだけで手軽なので脱毛を行う前に一度試してみるのもいいですね。

まとめ

すね毛の脱毛は清潔感のある印象を与えてくれますが、肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

自己処理なら電動シェーバー、脱毛サロンで施術してもらうなら光脱毛を用いると良いでしょう。

すね毛をなくさず薄くしたい場合もこの二つの方法で対応できます。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

人気のエステランキング