ニーナトップ 部位 デリケートゾーン VIO Vライン脱毛はどんなメリットがあるの?

施術の方法、恥ずかしさは?

Vライン脱毛はどんなメリットがあるの?

陰毛永久脱毛減毛色素沈着デリケートゾーン部位光脱毛医療レーザー脱毛サロンVIOハイジニーナ自宅医療脱毛部分脱毛自己処理シェービング家庭用脱毛器鼠蹊部ムダ毛料金施術回数

定番の脱毛箇所ともいえるVライン、しかしその施術範囲が近頃変わってきているのをご存知ですか?ちょっと恥ずかしいVライン脱毛ですが、そのメリットはたくさんあります。 最近はサロンでも恥ずかしさを感じにくくするよう様々な工夫が行われているんですよ。 Vライン脱毛の基本情報や施術の種類、実際の施術の流れや注意点についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてVライン脱毛にチャレンジしてみてくださいね

Vライン脱毛はどんなメリットがあるの?

Vライン脱毛とは

Vライン脱毛の対象となる範囲はどのように決まるのでしょうか?そのメリット、デメリットも併せてご紹介します。

対象となる範囲

Vラインとはビキニラインとも呼ばれ、本来はビキニを履いたらはみ出す部位、つまり足の付け根あたりの毛のことを言います。

しかし、最近Vライン脱毛として様々な形を決めることができるようになり、恥骨を覆う毛全体を指す場合も出てきました。

このため、Vライン脱毛の定義はサロンによって異なります

Vラインプレートという台形のプレートを当ててはみ出した部分が脱毛箇所、とするサロンもあれば、恥骨上の毛に対してまずデザインを決めてそれ以外の毛を脱毛箇所とするサロンもあります。

事前にしっかり対象部位を確認し、自分に適したサロンを選ぶようにしましょう。

メリット

Vラインを脱毛してきれいにすることで、下着や水着姿の際に毛がはみ出る心配がなくなります。

また、Vライン、Iライン、Oラインといったアンダーヘアは排泄物やおりもの、経血などが付着しやすく不衛生になりやすい部分です。

毛がなくなることで清潔を保ちやすくなり臭いの軽減などにもつながります。

デメリット

Vライン脱毛のデメリットとして施術中の恥ずかしさと痛みが挙げられます。

Vラインは皮膚が薄く、痛みを感じやすい部位です。特に医療レーザー脱毛の場合、強い痛みを感じることもありますので、心配な方は麻酔クリームの仕様などを検討しましょう。

また、Vライン脱毛をする際にはどうしてもその部位をスタッフに見られなければならないため、恥ずかしさはどうしようもありません。

スタッフはいつも施術を行っていて、それほど気にしていないので、こちらも気にしないようにできるといいですね。

Vライン脱毛の施術法

Vライン脱毛の施術法にはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの特徴、メリット、デメリットをまとめてみました。

自己処理

Vラインは人に見せづらい部位ですので、自己処理を行いたいという方も多いですよね。

今は家庭用脱毛器なども簡単に手に入れることができますがどの処理が最も適切なのでしょうか?

まず、最も手軽な剃刀ですが、平面でないVラインに対しては使いにくく、肌を傷つけたり、剃り跡がちくちくしたりと肌トラブルを招く原因となります。

また、Vラインは非常に皮膚が薄くデリケートな部位ですので、除毛クリームや脱毛ワックスなどを用いた方法も皮膚を傷めてしまうことが多いようです。

一方、皮膚に優しいとされているのが電気シェーバーを用いた方法です。

電気シェーバーは脱毛サロンの施術前処理でも用いられることが多く、皮膚に触れる外刃がやわらかくなっていて、皮膚への負担が軽い他、剃り口もとがらないようになっているものがあるなど、使い心地が優しいのが特徴です。

また、家庭用脱毛器も正しく使えば肌への負担は少ないのですが、サロンのものと比べると出力はかなり弱いため、脱毛効果を実感するには長い期間を要します。計画的に用いましょう。

脱毛サロンで光脱毛

脱毛サロンで行われる施術は光脱毛と呼ばれ、毛のメラニン色素に反応する光を施術部位に当てて毛および毛根にダメージを与える方法です。

広範囲に照射することができるため、曲がった毛などに効果的で、Vライン脱毛には向いた施術と言えます。

医療レーザー脱毛に比べ出力が小さいため脱毛効果を実感するには少し時間がかかりますが、比較的安価で、痛みが少ないのがメリットです。

光脱毛で自己処理が必要のないレベルまで脱毛を行うには毛の状態にもよりますが、およそ15回以上の施術が必要となり、期間としては2年以上かかります。

料金は1回5,000円弱のところが多いですが、最初から多くの回数を契約したり、施術の部位を複数契約したりすることでさらに安くなります。

クリニックで医療レーザー脱毛

クリニックでは医療レーザー脱毛が行われていますが、脱毛の仕組みは光脱毛と同じです。

医師の監修がある分、強い出力で光を照射することができるため、脱毛効果が高く、短期間で脱毛を終わらせられるというメリットがあります。

回数にして6回ほど、期間としては1年弱で脱毛が完了します。

料金は施術場所によって幅がありますが、一回につき5,000円から1万円といったところです。

一方で、出力が強いので痛みを感じることが多いです。

医療機関での施術ですので、痛みに対して麻酔クリームなどを使うことはできますが、別料金となります。

そもそも医療レーザー脱毛は光脱毛と比べると比較的費用がかかりますので、痛みに弱い方、脱毛が初めてという方は光脱毛を選ぶのがおすすめです。

Vライン脱毛の流れ

Vライン脱毛を行う際の実際の流れをまとめてみました。

Vラインの完成形を決める

まず、脱毛後のVラインの完成形を決めます。

施術場所によって自由に形を決められたところもあれば、サロンで定められているVラインプレートにそって脱毛範囲を決める場合もあります。

施術前のシェービング

脱毛を行う前に完成形に合わせて、シェービングを行います。

シェービングは施術前に自分で行っていくサロンが多いです。

この際に肌トラブルが起こると施術をしてもらえない恐れもありますので電気シェーバーなどを使い、慎重に剃りましょう。

どうしても自己処理を行うのが心配な方は、施術時にシェービングから行ってくれるサロンもありますので検討してみてくださいね。

施術時はどんな格好をするのか

施術時には上半身はガウン、下半身は紙製のショーツに履き替えます。

あおむけに横になり施術を行う部分以外はタオルなどをかぶせられ、そのとき照射していく部分だけショーツをめくりながら施術が行われます

施術時の恥ずかしさは

施術時、Vラインは露出することになるため、誰しも恥ずかしさはあると思います。

ただ、一度に露出するのは照射を行う部分だけですし、照射を行うスタッフは目を傷めないようゴーグルをかけているので見られているという感覚はさほどないと言います。

口コミを見ていても思ったより恥ずかしくなかったという声がほとんどでした。サロンのスタッフも慣れていて何も思わないはずですし、あまり気にせず、施術に臨みましょう。

Vライン脱毛の注意点

Vライン脱毛は他の部位とは異なる注意点がいくつかあります。事前に知っておかないと施術を受けられないこともありますのでチェックしておきましょう。

生理中は施術できない

Vライン脱毛は紙製のショーツを履いて施術を行うので生理中の施術はできません。

生理がずれて施術日にかぶってしまった、なんていうことにならないよう、なるべく生理予定日から遠い日に予約を取っておくと安心です。

施術の痛みが強い

Vラインは皮膚が薄く、痛みを感じやすい部位です。

特に医療レーザー脱毛では強い痛みを感じることがあります。

痛みに弱い方は、光脱毛を選ぶか、医療レーザー脱毛を行う際に麻酔クリームなどの使用を検討しましょう。

また、麻酔を使うほどではないが痛そうで心配、という場合には事前のカウンセリングでスタッフに伝えると、弱い出力から施術を始めてもらうこともできますよ。

色素沈着によるやけど

Vラインは下着と擦れる機会が多く、肌の黒ずみが起こりやすい部位です。

光脱毛や医療レーザー脱毛の光はメラニン色素に反応するため、色素沈着が強く起こっているとやけどの恐れがあり、施術を受けることができません。

施術を受けられない色素沈着の範囲はサロンのスタッフの判断となりますので、Vラインの黒ずみが気になる方は事前に確認しておくといいでしょう。

肌トラブル

施術前のシェービングなどにより、施術時に肌トラブルがあると施術を行ってもらえない場合もあります。

シェービングは肌に優しい電気シェーバーを用い、シェービング後の保湿をしっかり行うことが大切です。

肌の弱い方はプレシェービングローションを使ってシェービングを行うことでより肌への負担を減らすことができます。

また、脱毛により肌の赤みやひりひり感が生じ、ひどいときには毛嚢炎などに発展する場合もあります。

肌が弱い方は施術後の保湿をしっかり行い、心配なら早めに皮膚科にかかりましょう。クリニックで脱毛を行えば、トラブルが起こった時にすぐ対応してもらえるので安心ですよ。

まとめ

Vライン脱毛は下着や水着から毛がはみ出るのを防げるほか、衛生面でもメリットがあります。

施術範囲や事前のシェービングはサロンによって異なるので事前に確認が必要です。

施術時は照射する部位だけを露出して行っていくため、それほど恥ずかしさはありません。

生理中や色素沈着、肌トラブルによって施術を断られることもありますので注意しましょう。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング