脱毛トップ 部位 襟足 襟足脱毛 うなじ(襟足)脱毛って何回行えばいいの?施術別回数や失敗しないコツをご紹介!

きれいなうなじで女子力アップ!

うなじ(襟足)脱毛って何回行えばいいの?施術別回数や失敗しないコツをご紹介!

光脱毛襟足襟足脱毛背中

うなじや襟足に短い毛がたくさん生えていると、アップスタイルの髪型も綺麗にできませんよね。理容室では襟足のシェービングも行われていますが、肌への負担も心配ですし、そんなに頻繁に通うわけにもいきません。プロによるうなじ(襟足)脱毛を行うことで、いつでも気軽にアップスタイルの髪型を楽しむことができるようになりますよ。 施術別に通う回数やかかる料金と期間などをまとめてみましたので、ぜひ参考になさってくださいね。

うなじ(襟足)脱毛って何回行えばいいの?施術別回数や失敗しないコツをご紹介!

うなじ(襟足)脱毛の特徴

うなじ(襟足)は他の部位とどのように異なるのでしょうか?その特徴と、メリット、デメリットをご紹介します。

うなじ(襟足)の毛の特徴は

うなじ(襟足)は、髪の毛と産毛の2種類の毛が生えています。

産毛は色素が薄く、一般的な光を用いる脱毛の施術では時間がかかるのが特徴です。産毛をなくしてつるつるのうなじを手に入れたい場合には、多くの施術回数が必要となります。

一方、髪の毛はメラニン色素が強く、光による脱毛の効果は高いのですが、やけどのリスクなどがあることから、施術できないとされています。ただし、施術場所によっては短い髪の毛は産毛とみなされたり、事前にシェービングを行っていれば施術できたりするため、髪の毛の取り扱いは事前にしっかり確認しておきましょう。

うなじ(襟足)脱毛のメリット

うなじ(襟足)脱毛のメリットは、うなじ周りの短い毛がなくなり、アップスタイルの髪型などの際にすっきりした首元に見えることです。毛が生えている面積が減ると、首も長く見えます。また、産毛がなくなることで肌が明るく見え、毛穴が小さくなるため、ニキビなどの肌トラブルも起こりにくくなります。

うなじ(襟足)脱毛のデメリット

うなじは産毛が主になるので、完全につるつるにしたい場合には期間も費用も長くかかります。その間、ずっと施術ができるように日焼けを防いでおかなければなりません。また、背中の脱毛を行っていない場合にはうなじ(襟足)脱毛を行うことでかえって背中の毛が目立ってしまうということもあります。うなじ(襟足)脱毛と同時に背中も脱毛を行うと料金的にもお得になりますので、ぜひ検討してみてくださいね。

うなじ(襟足)脱毛の施術別回数(それぞれメリット、デメリット、期間、料金も)

うなじ(襟足)脱毛にはどのような施術があるのでしょうか。施術それぞれに必要な施術回数とその特徴を併せてご紹介します。

光脱毛

光脱毛は毛のメラニン色素に反応する光を当てて、毛と毛根にダメージを与える方法です。広い範囲の施術を得意とする一方で、その出力は弱く、脱毛完了までには多くの施術回数が必要となります。うなじ脱毛の場合、施術回数による効果の推移は個人差もありますが、2~6回で効果は実感できるが再び毛が生えてくる状態、6~12回で自己処理がほとんど必要ない状態、12~18回で産毛もすべてなくなりつるつるの状態となっています。

施術の頻度は毛の成長周期に合わせて2か月に一度ほどとなりますので、自己処理を要しないレベルだと1~2年、つるつるになるには2~3年かかることになり、かなり長期間サロンに通い続けることになります。

料金はサロンにもよりますが1回につき2000~3000円程度です。最初から多くの回数を契約したり、他の部位と一緒に契約したりするとさらに安くなることもあります。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は医師の監修の下、光脱毛より強い光で施術を行うので、一回の施術の脱毛効果が大きいのが特徴です。脱毛にかかる回数は、効果が実感できるまでに2~3回、自己処理を要しなくなるまでに3~5回、つるつるになるまでに5~6回と光脱毛のおよそ半分になっています。

施術頻度は光脱毛と同じで2か月に一度となりますので、一年ほどでつるつるになれるのはかなり魅力的ですよね。

料金は一回につき5000円ほどと光脱毛より高いものの、回数が半分で済むことを考えると、脱毛完了までの料金は光脱毛と変わらなくなります。ただし、医療レーザー脱毛は出力が強い分、痛みや施術後の赤み、ひりひり感などが生じやすいというデメリットがあるため、脱毛初心者の方や、肌が弱い方は注意が必要です。

うなじ(襟足)脱毛の施術を選ぶポイント

うなじ(襟足)脱毛において、脱毛効果に対する料金は光脱毛も医療レーザー脱毛もあまり変わりません。早く脱毛を済ませてしまいたい場合には、医療レーザー脱毛を選ぶと良いでしょう。ただし、医療レーザー脱毛は効果が強いため、襟足の施術は抜けすぎて不自然になることもあるといいます。自然な襟足を目指すなら、医療レーザー脱毛を1~2回行った後、様子を見ながら光脱毛を行っていくと失敗しにくいですよ。

また、医療レーザー脱毛は広い範囲になると費用が光脱毛より高額になる場合が多いため、うなじ(襟足)脱毛と同時に背中脱毛を行う場合には光脱毛の方がお得にできるかもしれません。

うなじ(襟足)脱毛を失敗しないコツ

うなじ(襟足)脱毛を失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?実際の失敗談などを元に失敗しないコツをまとめてみました。

回数は多めにする

うなじ(襟足)脱毛で多い失敗談が、コースを終えたものの脱毛効果が実感できなかったというものです。うなじ(襟足)は細くて色素の薄い毛が多いため、効果がでるまでには多くの施術回数を要する部位となっています。心配な方はなるべく回数無制限など多めの回数を契約するといいでしょう。余った分は他の部位に回せるサロンを選んでおくと安心ですよ。

自分にあったうなじのデザインを選ぶ

うなじのデザインには様々な形があります。MW型は首が長く見え、最も人気な形ですが、あまりに現状のうなじと異なる形を選ぶと不自然になってしまうので注意しましょう。

自分のうなじの形を元に、周りの短い毛を処理していく方法が失敗しにくいですが、どうしても理想の形がある場合は事前に理容室などでシェービングを行ってもらい、その形が自分に似合うかどうか確認しておくといいですね。

首・背中の脱毛も視野に入れる

うなじ(襟足)がつるつるになると、つながっている首や背中の毛は目立って見えてしまいます。まだ処理をしていないのなら、同時に脱毛を行ってしまいましょう。最初に契約する脱毛する部位が多いと料金がお得になることも多いので、全身脱毛で契約してしまうのもおすすめですよ。

まとめ

うなじ(襟足)には髪の毛と産毛があり、脱毛の効果がでにくい部位です。そのため施術回数の多いコースを選びましょう。背中や首の脱毛が済んでいない場合には同時の施術がおすすめです。

施術料金は光脱毛も医療レーザー脱毛も変わりません。脱毛完了までの期間は光脱毛で2~3年、医療レーザー脱毛で1年ほどです。医療レーザー脱毛には痛みや肌トラブルが伴うため、脱毛初心者は光脱毛を選ぶといいでしょう。早く済ませたい場合は医療レーザー脱毛がおすすめですが、生え際を自然にしたいなら光脱毛との併用もおすすめですよ。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング