脱毛トップ 部位 鼻の下 鼻下脱毛は何回で終わる?自己処理とどっちがいい?

産毛というより、もはやヒゲ!

鼻下脱毛は何回で終わる?自己処理とどっちがいい?

肌荒れ自己処理鼻の下

鼻下の毛は女性らしさを損なうため、処理したいと考えている方が多いでしょう。しかし、その範囲の狭さなどから、眉毛などと同様に自己処理で済ませがちですよね。しかし、毎日の自己処理は肌を傷める原因になりますし、時間もかかります。 そこで、プロによる鼻下脱毛の施術回数、料金、注意点などをまとめるとともに、効果的な自己処理についても調べてみました。

鼻下脱毛は何回で終わる?自己処理とどっちがいい?

鼻下脱毛

鼻下脱毛にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?その特徴とあわせてまとめてみました。

鼻下の毛は目立つ?

鼻下の毛は割と目立つにも関わらず、自分自身では気づきにくい場所です。自宅で化粧をしているときには他の場所ばかり目が行って、特に意識しないまま、化粧直しのときに初めて気付いてショックを受けるという場合も多いのではないでしょうか。黒々とした目立った毛がなくても、産毛は肌の印象をくすませてしまいます。光の加減によっては産毛が目立ってひげのように見えることもありますので、色の濃さに関わらず処理しておきたい無駄毛の一つです。

鼻下脱毛のメリット

プロによる鼻下脱毛を行うことで、肌がつるつるになり、化粧のりがよくなります。毛穴の開きがなくなり、肌のきめも整って見えますし、汚れが溜まりにくくなってニキビなどの肌トラブルを防げるのも嬉しいですね。

また、自己処理を行っていると剃刀負けや毛抜きで抜いた場所に雑菌が入って起こるニキビ、埋没毛などができる可能性がありますが、そういう心配は無用となります。貴重な朝の時間を鼻下の毛の処理に割かなくてよいのも助かりますね。

鼻下脱毛のデメリット

プロに鼻下脱毛を行ってもらうデメリットはお金と時間がかかることです。鼻下の脱毛は細く色素が薄いので、光脱毛や医療レーザー脱毛では比較的脱毛に時間のかかる部位と言えます。料金は安くても3万円ほどかかりますし、光脱毛だと脱毛完了までに2、3年要することもありますので、わざわざプロに頼むのも・・・と二の足を踏む方も少なくなさそうです。

ただ、プロによる施術は長期間かかってもその後は行く必要はありません。自己処理を繰り返すと、色素沈着や埋没毛により、余計に鼻下が黒ずんで、女性らしさを失う可能性もありますので、毎日処理をしなければ気になる、という場合には、ぜひプロによる脱毛も検討してみてくださいね。

鼻下脱毛の施術の回数は?

プロによる鼻下脱毛は何回ほどの施術で脱毛を終えることができるのでしょうか?施術の種類ごとにその基本情報も併せてご紹介します。

光脱毛

光脱毛はメラニン色素に反応する光を当てて、毛と毛根にダメージを与える脱毛法です。出力が弱いため、痛みや肌ダメージ等がほとんどありませんが、脱毛効果は弱めで、脱毛完了までに要する施術回数も多いのが特徴です。毛の質にもよりますが自己処理を要しない状態となるまでには、回数にして12~18回、期間にして2~3年かかることになります。鼻下脱毛のみの料金は施術1回につき3000円ほどです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛では光脱毛より強い出力で施術が行われ、脱毛効果が強い一方、痛みが強く肌へのダメージが残りやすいのが特徴です。鼻下脱毛において、自己処理を要しないレベルまで行うのに必要な施術は5~8回程度で、期間としては長くて1年半ほどになります。料金は1回あたりで考えると6500円ほどとなっており、光脱毛より高額ですが、その部分施術回数は少なくて済むため、脱毛完了までにかかる料金はあまり変わらず、3~5万円ほどです。

鼻下脱毛の注意点

インプラントや歯列矯正などで、鼻下の皮膚の下に金属がある場合には、施術を行うことができません。また、自己処理や日焼けなどにより鼻下に色素沈着がある場合も施術ができない場合があります。黒ずみが気になる方は事前に施術ができるか確認しておくといいでしょう。

また、鼻の下は痛みを感じやすい部位ですので、特に医療レーザー脱毛においては施術時に強い痛みを感じることがあります。医療レーザー脱毛は医療機関のみで行われ、麻酔にも対応している場合が多いので、痛みに弱い方は検討してみてくださいね。

鼻下脱毛の自己処理とその頻度

鼻下脱毛をプロに任せたくても時間やお金がない場合、やっぱり自己処理を行うことになりますよね。なるべく色素沈着や肌トラブルを防ぐためには、どのような方法が一番いいのでしょうか?施術の頻度やデメリットについてまとめてみました!

剃刀、毛抜き

最も手軽で持っている人も多いであろう剃刀と毛抜きですが、鼻下の自己処理にはおすすめしません。剃刀はもちろん、毛抜きで抜いた場合でも毛根にダメージはないのでまた生えてきてしまい、繰り返しの処理が必要です。何度も処理を繰り返していると、剃刀の場合、肌トラブルや色素沈着の原因になりますし、毛抜きで抜くと毛穴が広がってニキビや埋没毛の原因ともなります。

手早く気軽に使えるのはメリットですが、極力行わないようにしましょう。

電気シェーバー

電気シェーバーは肌に直接刃が当たらないため、最も肌に負担がかからない自己処理法と言われています。毛の流れに逆らって使用したりしない限りは、肌トラブルが起こることはほとんどありません。最近は顔専用の電気シェーバーも多く販売されており、女性が使いやすいものも増えています。

ただし、電気シェーバーは表面にある毛のみを剃るため、毛がすぐに伸びてきてしまいます。毎日処理しなければ心配、という声も多くありました。また、プロによる脱毛ほどではないものの、電気シェーバー本体は5000円~1万円ほどするので剃刀や毛抜きと比べるとコストは高くつきます。

ブラジリアンワックス

最近話題のブラジリアンワックスですが、一度に多くの毛が処理できると言うだけで、毛抜きによる自己処理と変わりません。毛根にダメージはなく、1か月もすればまた毛が生えてきてしまいますし、毛を無理やり抜いているので毛穴が広がって汚れが溜まり、肌トラブルが起こりやすくなります。また、痛みも非常に強く、ワックス自体も5000円以上と高額ですので、あまりおすすめしない方法の一つです。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かして抜く自己処理方法です。毛が溶けるわけですから、当然同じタンパク質である肌にも強いダメージがあります。顔専用のものも発売されており、肌への負担は比較的小さくなっていますが、それでも赤みやただれなどの症状が出る可能性はあります。使用の際は必ず目立たない場所でパッチテストを行いましょう。

除毛クリームもまた毛抜きなどと同様毛根にダメージを与えるわけではないため、1か月ほどで生えてきてしまいます。肌への負担を考えるとなるべく避けた方がいいでしょう。

まとめ

鼻下は自己処理を繰り返すと色素沈着や埋没毛により、余計に濃く見えてしまう恐れがありますので、プロによる脱毛がおすすめです。光脱毛なら12~18回(2~3年)、医療レーザー脱毛なら5~8回(1年~1年半)で自己処理を要しない状態まで脱毛できます。

脱毛完了までの料金はどちらも変わらず3~5万円ほどです。どうしても自己処理を行いたい場合には肌に優しい電気シェーバーを用いましょう。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング