脱毛トップ 部位 腕脱毛は何回施術が必要?成功させるポイントは?

ノースリーブを着こなしたい!

腕脱毛は何回施術が必要?成功させるポイントは?

ムダ毛部位脱毛 期間施術回数

薄着になってくると気になる腕の毛。手が届きやすい部分なので自己処理を行っている人も多いかと思います。しかし、腕は範囲が広く二の腕の内側などは見落としがちですし、利き手の処理は利き手じゃない方の手で行わなければならず、意外と難しいものです。さらに自己処理を頻繁に繰り返していると肌荒れの原因にもなります。プロによる脱毛で、腕の毛の自己処理をやめてみませんか?腕脱毛の施術回数や成功させるポイントなどをまとめてみました!

腕脱毛は何回施術が必要?成功させるポイントは?

腕脱毛とは

まずは腕脱毛の基本情報を知っておきましょう。具体的な範囲とメリット、デメリットをまとめてみたのでご紹介します。

腕脱毛の範囲

多くのサロンにおいて、腕脱毛はヒジ上、ヒジ下で部位が分かれていることが多く、ヒジ上は方の手前からヒジまで、ヒジ下はヒジから手首までとなっています。手の甲や指先、ワキなどは含まれません。しかし、一部クリニックでは腕全体として手の甲や指先まで含むとされており、細かい部位の設定は施術場所によって異なるため、必ず確認が必要です。

腕脱毛のメリット、デメリット

プロによる腕脱毛を行うことで、毛がなくなり、毛穴も小さくなるので腕の肌自体も綺麗に見えます。また、自己処理の場合は薄着のシーズンだけという方も多いと思いますが、秋冬暑くなったときなどに困りますよね。腕脱毛を終えていれば季節を問わず、自信をもって腕まくりできますよ。

腕脱毛のデメリットは腕の毛がきれいになることで、肩や手首から先の毛が目立ちやすくなることです。腕はヒジ上とヒジ下に分かれていてそれだけで2部位となりますが、大体のサロンは3部位以上か全身脱毛で割引が受けられます。肩や手の甲などの毛が気になる場合は同時の施術がお得です。

腕脱毛の施術と回数

腕脱毛にはどのような施術があるのでしょうか?施術回数による効果の推移や、毛の質による回数の変化についても併せてまとめてみました。

光脱毛

光脱毛は毛の色素に反応する光を用いた脱毛法です。出力が弱めで、痛みや肌への負担がほとんどありませんが、その分何度も施術しないと効果が感じにくいというデメリットもあります。

施術回数としては6回以上で効果を実感でき、12回以上で自己処理の頻度が減ります。自己処理がいらないようになるまでには15回以上の施術が必要です。毛の色素に反応する脱毛法では毛の成長周期にあわせて2、3ヵ月に一度の施術となるので、期間としては2~3年かかります。料金はヒジ下とヒジ上それぞれ1回あたり6000円ほどです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛も光脱毛と同じ仕組みで脱毛を行いますが、医師の監修の下、出力が強い光で施術が行われるため、施術回数は光脱毛の半分ほどになります。その分、痛みや肌への負担は大きいのですが、腕の場合は比較的皮膚が強く、痛みを感じにくい部位であるため、あまり問題とはならないようです。

2回ほどの施術で脱毛効果を実感でき、4回ほど行えば自己処理の頻度が減っていきます。自己処理がいらなくなるには6回ほどの施術が必要で、期間としては1年ほどです。料金は5、6回で1パックとなっているところが多く、腕全体で7~8万円です。

毛の質による回数の変化

腕の毛の状態は人によって様々です。黒々とした剛毛の場合もあれば、ほとんど色素がない産毛のみという場合もあるでしょう。基本的に、多くのサロンやクリニックで行われている脱毛は毛の色素に反応して脱毛を行うため、毛の色が濃いほど脱毛効果は早くでます。一方、色素の薄い産毛は光脱毛や医療レーザー脱毛では効果が出づらく、多くの施術回数が必要です。

処理したいのが産毛の場合、行っているサロンは少ないのですがSHR脱毛やハイパースキン脱毛など毛が生える前段階にアプローチする脱毛法をおすすめします。どちらも6~10回ほど施術を行えば毛が生えなくなり、料金は腕全体で1回1万円ほどです。また、施術間隔が2~4週間と非常に短く済むため、最短半年ほどで脱毛を終えることができますよ。色素に反応する脱毛法ではないので日焼けや色素沈着でも施術が行えるのも嬉しいですね。

腕脱毛を成功させるポイント

最後に、腕脱毛を成功させるために気を付けておきたいことをまとめてみました。

日焼けしない

腕は日焼けしやすい部分ですが、日焼けで肌が黒くなっていると、色素に反応する光脱毛や医療レーザー脱毛では施術を断られることがあります。また、日焼けした肌はすでに荒れている状態ですので、施術による赤みやひりひり感がでやすくなります。脱毛の施術の間にはなるべく日焼けをしないように気を付けましょう。

乾燥させない

肌が乾燥していると、表面が硬くなり光が内部まで吸収されにくくなるため、光による脱毛全般で効果がでにくくなります。また、肌トラブルの原因にもなるので注意が必要です。腕は露出する機会が多く乾燥しやすい部位ですので、施術前後だけでなく、日常生活においてもしっかり保湿に気を配りましょう。

施術範囲を明確にしておく

最初に書いたように腕脱毛のパーツの設定は施術場所によって微妙に異なります。契約するときにしっかり確認しておきましょう。また、腕につながる肩や手の甲などについての処理をしていない場合には境目が目立つことになってしまいますので、同時に脱毛してしまうのがおすすめです。

二の腕のぶつぶつについて

二の腕にぶつぶつがある、皮膚がざらざらしている、という場合は毛孔性苔癬という皮膚の病気の可能性があります。あまりひどくなければそのまま施術を行ってもらえて、かえってよくなるといったこともあるのですが、ひどい場合はぶつぶつが黒ずんだりしてきてしまうので、色素に反応する脱毛法では断られてしまいます。二の腕のぶつぶつが気になる肩は、まず施術できるかどうかスタッフに確認しておきましょう。

なお、施術を断られた場合も、皮膚科で治療を行うことで改善できますので、治療が終わってから脱毛を行うといいですよ。

まとめ

腕脱毛は毛の種類によって施術回数が異なり、光脱毛や医療レーザー脱毛は毛が濃いほど効果が出やすいです。光脱毛は15回以上(2~3年)、医療レーザー脱毛は6回以上(1年ほど)で脱毛完了となります。産毛が多い場合はSHR脱毛やハイパースキン脱毛を行えば6~10回ほど、最短半年という短さで脱毛を終えられます。

なお、腕が日焼けしていたり、二の腕にぶつぶつがある場合は施術できないことがありますので注意が必要です。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング