ニーナトップ 永久脱毛 針脱毛 ニードル ニードル脱毛ってほかの脱毛とどう違うの?

メリット、デメリットをご紹介!

ニードル脱毛ってほかの脱毛とどう違うの?

永久脱毛針脱毛料金医療脱毛都度払いニードルムダ毛部分脱毛肌トラブル電気脱毛施術回数脱毛サロン所要時間色素沈着アフターケア毛根

永久脱毛を調べていると度々目にするニードル脱毛ですが、他の脱毛とはどのような違いがあるのでしょうか。 その具体的な施術方法やメリット、デメリット、痛みについての口コミもまとめてみましたのでご紹介します!

ニードル脱毛ってほかの脱毛とどう違うの?

ニードル脱毛とは

光脱毛、レーザー脱毛などと違い、あまり聞きなれないニードル脱毛ですが、一体どのような施術なのでしょうか。

メリット、デメリットも併せてご紹介します。

施術方法

一つ一つの毛穴に細い針を通して微弱な電流を流し、毛根を破壊することで脱毛を行う脱毛法がニードル脱毛です。

医療機関でのニードル脱毛では、絶縁体で覆われた絶縁針を使うことで、電流が皮膚にダメージを与えることはほぼありません。

サロンでは絶縁針は使えませんが、施術時のあらゆる条件の電流を用いることができ、強さや時間を調整しながら痛みや肌ダメージを減らす工夫が行われています。

メリット

光脱毛や医療レーザー脱毛では対応できない、色素沈着した部位に生えた毛や白髪、埋没毛の脱毛も行うことができるのがニードル脱毛の大きなメリットの一つです。

また、一つ一つの毛根を電流によって破壊していくので、再び毛が生えることはほとんどありません

また、汗や腋臭の抑制にも効果があると言われています。

デメリット

施術を一本一本の毛に対して行うため、非常に時間がかかります

施術前に少し毛を伸ばしておく必要もあります。

費用も光脱毛や医療レーザー脱毛と比べると高額です。また、針に電流を流す際には強い痛みがあります。

ニードル脱毛を受けられない人は

妊娠中は原則として母体に刺激を与えて胎児に悪影響が起こる可能性を避けるため、どの脱毛法でも施術を受けることができません。

ただし、脱毛中に妊娠がわかったとしても、具体的に何か悪影響があるというわけではないので、行ってしまった施術は気にせず、その時点で脱毛を中止すれば問題はないでしょう。

未成年の方の施術はサロンやクリニックの条件によりますが、ニードル脱毛では受け入れないところが多いようです。受け入れがある場合も必ず保護者お同意書が必要となります。

なお、金属アレルギーがある場合は施術が受けられないことがあります。必ず事前に問い合わせておきましょう。

ニードル脱毛の効果

ニードル脱毛と他の脱毛の効果の違いについてご紹介します。

ニードル脱毛と他の脱毛の違い

光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に光を当てて毛根にダメージを与える脱毛方法です。

一度に広範囲に施術が可能で痛みが少ない一方で、メラニン色素の多い色素沈着した部位では皮膚を焼いてしまう恐れがあるので使うことができません。

メラニン色素のない産毛・白髪や、埋まって色が薄い埋没毛なども施術不可です。

対してニードル脱毛は一本一本の毛にアプローチするため、どんな状況の毛も確実に抜くことができ、その効果は永久的に持続すると言われています。

ニードル脱毛は本当に永久脱毛なのか

ニードル脱毛を施術した毛穴から再び毛が生えてくることはまずありません。

対して最も安価な光脱毛は毛根にダメージを与えるだけで破壊するには至らないことが多いため、毛を生えにくくしたり細くしたりする制毛効果しかありません。

医療レーザー脱毛は光脱毛より威力が強く、毛の成長周期にあわせて照射を行えれば永久脱毛と言えますが、照射のタイミングは成長期とずれてしまったり、産毛の成長が成長したりすることで、また生える可能性があります。

ニードル脱毛も条件によっては生えてくることもあるとのことですが、かなり稀です。

絶対に生えないとまでは言い切れないまでも、数ある脱毛法の中では最も永久脱毛という言葉に見合う方法であると言えるでしょう。

ニードル脱毛を効果的に使うには

ニードル脱毛のデメリットは広範囲の施術が難しく、高額となることです。そのため、比較的安価で広範囲に施術できる医療レーザー脱毛との併用をおすすめします。

まずは医療レーザー脱毛を行ない、施術できない色素沈着した部位や、産毛・白髪や埋没毛といった施術が効かない毛に対してニードル施術を行うことで、短期間で脱毛効果を実感でき、費用も抑えることができるでしょう。

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛のネックとなる痛みですが、施術されるまでわからないだけに怖いものです。

実際の体験談や、痛みが生じる仕組みを調べてみました。

実際に体験した人の声

ニードル脱毛の痛みは男性でも涙が出るほどとのことで、中にはタトゥーよりも痛いという声もあり、痛みのあまり施術を挫折したという方もいました。

一方で、慣れてくる、といった声や、細い毛なら痛くないとの声もあり、感じ方はかなり人それぞれのようです。

痛みが生じる仕組み

ニードル脱毛は一本一本の毛穴に針を刺して電流を流していくので、針が刺さる痛みと、電流を流した際の焼けるような痛みの二つを感じます。

医療レーザー脱毛でも毛根を焼いていくときには痛みが生じるようですが、ニードル脱毛はそれに針が刺さる痛みも加わるため、痛みは強くなります。

痛みが少ない施術法は

施術を行う前に麻酔効果のあるクリームを塗ることで、多少痛みが緩和できるようです。

吸うタイプの麻酔である笑気ガスが用いられる場合もあります。ただし、麻酔を使うことができるのは医療機関のみなので注意しましょう。

ニードル脱毛後のトラブル

ニードル脱毛の施術後は肌に赤みがでてヒリヒリしたり、毛穴に膿が溜まってニキビのような状態になったりすることがあります。

どちらも毛穴に針をさして刺激によるもので、通常は放っておけば治っていきますが、ひどい場合は保湿剤や抗生剤入りの軟膏などを処方してもらいましょう。

また、サロンで施術を行う場合は絶縁針が使えないため、周辺の皮膚にやけどを負うことがあります。

脱毛後、痛みが生じたり水ぶくれができたりした場合はすぐに皮膚科にかかりましょう。

トラブルを回避するには

ニードル脱毛の施術中の痛みや、施術後のトラブルを回避するために、施術は医療機関で行うことをおすすめします。

医療機関にはほとんどの施設でテスト脱毛が行われており、痛みや肌への負担を実際に体験してからの施術となるのも、安心できるポイントです。

どうしてもサロンで行いたい場合にはわからないことを予め聞いておき、キャンセルやトラブルも視野に入れて、カウンセリングをしっかり行いましょう。

ニードル脱毛の料金

ニードル脱毛はその他の脱毛法に比べて高額、と言いますがどの程度の違いなのでしょうか?サロンと医療機関の違いもご紹介します。

ニードル脱毛の料金体系

施術機関にもよりますが、大抵ニードル脱毛の施術は毛一本当たり、もしくは時間当たりで計算されることが多いようです。

また、脱毛の料金だけでなく、針の料金や事前検査の料金、麻酔の料金なども上乗せされるので注意しましょう。

具体的には、毛一本につき500円ほど、もしくは5分施術につき2,000円ほどで、絶縁針がおよそ5,000円となり、一部位で10~20万円くらいかかることも珍しくありません。

施術場所による料金の変化

脱毛の施術量(毛の本数、時間)に対する値段は医療機関とサロンでの違いはあまり大きくありませんでした。

医療機関の場合、初診料、血液検査、針、テスト脱毛代などの料金が上乗せされますので、初期費用は少し高額となります。

ただし、サロンでも全く別の料金が上乗せされないわけではなく、施術に使うプローブなどは買い取りとなります。

医療機関とサロンの大きな差は定額プランの多さです。双方定額のプランはありますが、サロンの方が部位ごとにポッキリ価格のプランが多いのでうまく使えば安く施術を受けられます。

ニードル脱毛に通う回数は

ニードル脱毛に通う回数は条件によって異なります。

例えば、レーザー脱毛を行った後の残りの数本を抜くといった場合でしたら、一回で施術を終えることも可能です。

ニードル脱毛の施術は1分に10本ほどしか行えないため、普通の脱毛のように、腋などの一部位をまるまる脱毛しようと思うと、5、6回は通う必要があるようです。

毛の成長周期に併せると二ヵ月に一度の施術がベストですので、大体一年くらいかかることになるでしょう。

まとめ

ニードル脱毛は高額で痛みを伴う施術ではありますが、その脱毛効果の持続性は非常に高く、医療レーザー脱毛と併用することで効率的に永久脱毛ができることがわかりました。

料金はサロンの方がお得なことが多いものの、安心を取るなら医療機関で施術してもらった方がよさそうです。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング