脱毛トップ 自宅 自己処理 効果的なセルフ脱毛はどれ?

自宅でできる脱毛の費用と効果を徹底比較

効果的なセルフ脱毛はどれ?

シェービング除毛クリームワックスカミソリ脱毛器自己処理家庭用脱毛器自宅料金

脱毛サロンや医療脱毛に通う時間がない方、費用を抑えたいと考える方は多いはず。自宅で気軽にできるセルフ脱毛には、費用が抑えられ好きな時間に脱毛ができる等のメリットがありますが、種類も方法もいっぱいあって迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は自宅でできる脱毛の効果と費用を徹底比較します。

効果的なセルフ脱毛はどれ?

シェービングと除毛クリーム

現在、全身脱毛の需要が高まり、自宅でできるセルフ脱毛の種類も数多くあります。
その中でも費用が安く短時間で手軽にできるのがカミソリを使ったシェービング除毛クリームによる処理です。どちらも1,000円以下〜2,000円以内で購入できます。

カミソリでのシェービング

セルフ脱毛と言えば、カミソリでのシェービングをイメージする方は多いのではないでしょうか。

最も手軽にできて、時間も費用も抑えられるメリットがあります。しかし、毛を剃ることにより、毛先が平になり毛が濃く見ていまう、チクチクする、怪我のリスクが高いといったデメリットがあります。

除毛クリーム

除毛クリームに含まれる有効成分によって、ムダ毛を溶かして処理する方法です。

費用面はもちろん、再び生えてきた毛がチクチクしない、怪我のリスクが少ないなどのメリットがあります。敏感肌の方でも使える肌に優しい成分の商品もありますが、メーカーによって成分が異なり、刺激が強いものもあるため、注意が必要です。

根本的なムダ毛の変化がない

カミソリでのシェービングと除毛クリームにはムダ毛が減ったり、毛周期が長くなるなどの根本的なムダ毛の変化はなく、処理を繰り返す必要があるため長期的に見ても肌を傷つける可能性が高くなるため、摩擦による乾燥や色素沈着、肌が傷つくというデメリットがあります。

家庭用脱毛器の費用と効果

セルフ脱毛として最も人気があり、自宅にいながら脱毛サロンと同程度の脱毛効果が得られると言われているのが家庭用脱毛器です。

現在では、数多くのメーカーから様々な家庭用脱毛器が販売されています。大きく分けて光フラッシュ脱毛レーザー式脱毛サーミコン方式の3つの種類に分けられます。ここでは、減毛が可能な光フラッシュ脱毛とレーザー式脱毛の費用と効果を紹介します。

光フラッシュ脱毛

最も人気があるのが光フラッシュ脱毛という方法の脱毛器です。

光脱毛、IPL脱毛とも呼ばれています。毛の黒色(メラニン色素)に反応し、熱で毛根にダメージを与える方法で、多くの脱毛サロンでこの方法の脱毛器が使われています。

費用

費用は約10,000円〜100,000円の商品が多いようです。ただ、照射できる回数が決まっているため、カートリッジの交換もしくは本体ごと買い換える必要があります。

効果

初めての照射から2〜5回で毛が抜けてくる場合が多いようです。

永久脱毛ではないですが、使い続けることで自己処理をしなくてもムダ毛が気にならなくらい綺麗に脱毛できると言われています。痛みが少なく、広範囲に照射できるという特徴があるため、初めてセルフ脱毛をする人にも扱いやすく、続けやすいと言われています。

レーザー式

複数の波長で広範囲に照射する光フラッシュ脱毛と違い、レーザー方式の脱毛は一つの波長で集中的に照射するため、威力が強く高い脱毛効果が得られると言われています。医療機関でのみ行えるレーザー脱毛ですが、家庭でも安全に使えるようにパワーを抑えたレーザー式の家庭用脱毛器も販売されています。

費用

約4万円〜約5万5千円の商品が多いです。

カートリッジ交換は不要ですが、バッテリーの寿命が2年程度なので、バッテリー交換が必要になります。

効果

初めての照射から2〜3回で毛が抜けてくる場合が多いようです。

家庭用にパワーが抑えられているとはいえ、光脱毛より強い威力で照射できるため、高い脱毛効果が期待できます。ただ、痛みがある上、照射範囲が狭いため時間が掛かって辛いと感じる方も多いようです。

ブラジリアンワックス

蜂蜜が原料である、粘着力のあるワックスにムダ毛を絡め、根元から毛を引き抜く方法です。

費用

3,000円以下〜10,000円程度の商品が多いです。

効果

永久脱毛ではないため、ワックス脱毛を繰り返してもムダ毛は生え続けます

個人差はありますが、ワックス脱毛をしてから1〜2週間で次の毛が生えてきます。定期的にワックス脱毛をすることで、毛周期が長くなったり、毛が細くなる効果が期待できるようです。

レーザー式でVIOラインを脱毛した際に、肌が黒くてレーザーを照射できない、または、痛みが強くて続けられないという方はワックス脱毛でVIOラインを処理することをオススメします。しかし、ワックス脱毛は正しいやり方を知らないと痛みを伴うので、しっかりと練習をしてから行うようにしましょう。

セルフ脱毛の注意点

日焼け、乾燥がある時など、肌が敏感な状態になっている時、無理に脱毛を進めることで、埋没毛や肌荒れ、傷など思わぬ肌トラブルの原因となります。

脱毛サロンや医療脱毛に通う場合、スタッフの方に相談したりアドバイスを貰いながら脱毛を進めて行くことができますが、セルフ脱毛の場合は自己責任となります。

前処理や保湿などのアフターケアをしっかり行い、正しいやり方で脱毛しましょう。

まとめ

自宅でできる脱毛の費用と効果を紹介しました。

セルフ脱毛の最大のメリットは、いつでも好きなタイミングで脱毛できることです。家庭用脱毛器で長期的なツルスベ肌を目指しつつ、プールや旅行、大切な日の前は即効性のある脱毛をして、使い分けるのもおすすめです。

肌のケアもしっかりして、自分にあった脱毛法が見つかるといいですね。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

銀座カラーの公式サイトで予約

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

ミュゼプラチナムの公式サイトで予約

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

シースリーの公式サイトで予約

人気のエステランキング