ニーナトップ 自宅 痛くない脱毛は自宅で体験!どんな方法がオススメ?

自宅で痛くない脱毛をするには…?

痛くない脱毛は自宅で体験!どんな方法がオススメ?

光脱毛自己処理ムダ毛カミソリ毛抜き脱毛クリームワックス家庭用脱毛器自宅

美容を意識する女性であれば、肌のスキンケアだけではなくムダ毛処理に気を使われる人も多いはずです。 手や足、脇のムダ毛が目立つと恥ずかしいですし、お気に入りの洋服も着こなせません。 ほとんどの女性が脱毛をすると思いますが、痛くない脱毛を自宅で行うにはどうすれば良いのでしょうか?

痛くない脱毛は自宅で体験!どんな方法がオススメ?

自宅でできるムダ毛処理方法

自宅でムダ毛の処理をされる女性は多いでしょう。

自己処理の脱毛はたくさんあるので、それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

カミソリ

メリット

カミソリのメリットは手軽に自宅で脱毛ができるところでしょう。

時間がない時もカミソリを使えばサッと簡単に手入れすることができます。

さらに、カミソリ自体100円程購入できるので、コスパも良いところがメリットです。

デメリット

カミソリを使うデメリットは、肌が荒れやすいことです。

小さな刃であっても、肌を傷つけてしまうリスクは十分にあります。

カミソリはムダ毛を剃る処理方法なので、毛根は残ってしまうためすぐに生えてきやすいです。

なので、こまめに処理を続けなければなりません。

処理をするだけ肌にダメージを与えてしまうため、カミソリ負けから肌荒れを起こすリスクが高いのです。このリスクを回避するためには、しっかり保湿しましょう。

毛抜き

メリット

毛抜きもカミソリ同様に手軽に行える処理方法です。

カミソリとは異なり、毛根から毛を抜く方法なので仕上がりも綺麗で、しばらく生えてこないことがメリットでしょう。

コスパもカミソリと同じく安価なのが魅力です。

デメリット

毛抜きは1本1本抜く必要があるので、無毛を目指すのであれば根気の作業となります。

さらに手に届かない部分は処理が難しいです。

抜く際に痛みが生じ、抜いたことでの肌のダメージで炎症を起こす、埋没毛が発生するデメリットもあります。

脱毛クリーム

メリット

脱毛クリームは保湿成分が含まれている商品も多く、カミソリでの脱毛に比べて肌を傷つけにくいことがメリットです。

毛抜きのように痛みもほとんどありません。

使用できる範囲も広範囲なので、短時間で脱毛を済ませることができます。

さらに商品によっては抑毛成分も含まれているので、カミソリよりは効果が持続することもメリットです。

デメリット

薬品を使用するため、肌に合わない可能性があります。

肌に合わないと肌にしみたり、赤く炎症を起こしたりする危険性があるでしょう。

また、使用を続けないと抑毛効果をなかなか得られないことがデメリットです。

ブラジリアンワックス

メリット

広範囲のムダ毛を一気に抜くことができる処理方法です。

手や足など範囲が広い場所に使いやすく、毛抜きよりも短時間で脱毛できます。

抜くので生えてくるまで時間がかかり、処理までの間隔が長いことがメリットでしょう。

デメリット

抜く脱毛なので痛みが強いです。

特に皮膚が薄い部分は強い痛みを感じやすいでしょう。

場所によっては脱毛が難しい、ある程度ムダ毛が生えないと次回のケアができないデメリットもあります。

実は脱毛できてない?!

自宅でできる脱毛は上記のような方法がありますが、これらの方法は完璧に脱毛することはできません。

例えば、カミソリや脱毛クリームは皮膚表面のムダ毛だけを処理するので、毛を生やすための毛根を除去することはできないのです。

毛抜きやブラジリアンワックスは効果が高いですが、手が届く範囲でしか使えません

これらの脱毛方法はキレイに脱毛できないだけではなく、痛みや肌を傷つけやすい方法でもあります。

肌にダメージを与え続ければ、やがて肌トラブルに発展してしまうので注意が必要です。

自宅で脱毛するなら家庭用脱毛器

自宅で痛くない脱毛をする方法として、家庭用脱毛器の使用が良いでしょう。

家庭用脱毛器のメリットとデメリットもみていきます。

メリット

家庭用脱毛器は脱毛サロンと同じような光脱毛をすることができます。

脱毛サロンの光脱毛器よりも出力は抑えられているので、素人でも安心して使うことが可能です。

出力が弱いと効果が薄いと思われますが、家庭用脱毛器でも十分サロン並みの効果を実感することができます。

照射レベルも1から10程度に調整できる脱毛器が多く、痛みを抑えた脱毛も可能です。

ご紹介した自己処理方法よりもコストはかかりますが、脱毛サロンよりも比較的に安価で、サロンに行く時間がない人も使いやすいです。

脱毛を繰り返せば他の自己処理方法より仕上がりもキレイで、自己処理の回数も減らすことができるでしょう。

デメリット

効果が高いのでコストがかかることがデメリットです。

また、場所によっては1人で処理するのが難しいこともあるでしょう。

照射レベルが高いほど痛みを感じやすいことやカミソリなどと比べると、処理も時間がかかります。

家庭用脱毛器の中には光脱毛器だけではなく、毛抜きのように抜いていくタイプもあり、そのような脱毛器だと痛みも強く肌トラブルを招く恐れもあるので注意です。

家庭用の光脱毛器は出力が低くても、使い方を間違えるとやけどの恐れがあります。

痛くない脱毛なら脱毛サロンもオススメ

家庭用脱毛器を使えばサロン並みの仕上がりを目指せますが、もちろんデメリットもあります。

脱毛サロンはプロの施術者が脱毛してくれるので、自分では処理が難しい部分もしっかり脱毛することが可能です。

コストは自己処理よりもかかりますが、痛くない脱毛を安価で行ってくれるサロンもたくさんあります。

肌のケアも念入りに行ってもらえますし、肌トラブルのリスクも少ないので安心です。

自己処理の負担を減らしたいのであれば、脱毛サロンを利用してみましょう。

自宅でできる脱毛方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

自己処理は簡単ですが、痛みを生じる方法が多いと言えます。

家庭用脱毛器を使う選択も良いですが、全身キレイに痛くない脱毛したい場合は脱毛サロンがオススメです。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

無料カウンセリングに申し込む

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

無料カウンセリングに申し込む

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

無料カウンセリングに申し込む

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング