脱毛トップ 料金 自宅でできる脱毛の費用と効果についてのまとめ

家庭用脱毛器について調査!

自宅でできる脱毛の費用と効果についてのまとめ

料金ムダ毛家庭用脱毛器自宅自己処理脱毛器調査

脱毛はサロンやクリニックでしか受けることができないと思ってる人も多いですが、実は「自宅」でも可能です。家庭用脱毛器といって、脱毛サロンよりも出力が弱いコンパクトなマシンで簡単にケアすることができるのです。家庭用脱毛器の費用や効果について見ていきましょう。

自宅でできる脱毛の費用と効果についてのまとめ

家庭用脱毛器とは?

サロンやクリニックの脱毛では、光やレーザーで毛根にダメージを与えることで徐々に毛が生えてこなくなるようにしますが、家庭用脱毛器でもそのメカニズムは基本的に同じです。

一番の大きな違いは「照射パワー」で、家庭用脱毛器は出力の弱いものとなります。

安全性を考慮し、どうしても照射パワーが弱いという特徴がありますが、家庭用脱毛器でも根気よくお手入れを続けることで効果を実感することができますよ。

家庭用脱毛器の脱毛方式には 、「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「サーミコン式」の大きく3つです。簡脱毛方式の違いを簡単に説明しますね。

フラッシュ式

フラッシュ式は家庭用脱毛器の中でもメジャーなもので、毛根に光を当ててアプローチしていきます。

ヤケドのリスクがほとんどない程度の光でダメージを与えていくため、比較的安全で痛みも少ないです。美肌効果が期待できる製品もあり、脱毛初心者の人でも使いやすいでしょう。

レーザー式

少ないですが、レーザー式の家庭用脱毛器もあります。レーザー光は毛根深くまで浸透しやすいという特徴があり、フラッシュ脱毛式のものと比較すると効果が高いです。

レーザー脱毛といっても、あくまでも家庭用。医療レーザー脱毛よりは出力が弱く、効果を実感するには定期的なお手入れが必要です。

フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器と比較すると、効果が高い分リスクを伴いやすいという特徴もあり、慎重に扱う必要があります。

サーミコン式

サーミコン式とは、光ではなく「熱」によってムダ毛をカットしていく方法で、仕上がりにチクチク感がありません。

毛根に直接作用しないのが特徴で、ムダ毛処理程度の効果しかありません。毛根に直接作用しないものの、当然ヤケドのリスクもあるため慎重に扱う必要があります。

家庭用脱毛器の費用と効果

家庭用脱毛器にかかる費用は30,000円〜100,000円(脱毛器購入代)

家庭用脱毛器は本体+カートリッジが基本になり、カートリッジ(光源)は消耗したらその都度買い換える必要があります。カートリッジ代や電気代もかかってくるということですね。

気になる効果は、フラッシュ式とレーザー式のものは「脱毛効果」が期待できます。どちらも毛根にダメージを与えていくため、徐々にムダ毛を弱らせていくことができるのです。

脱毛サロンやクリニックのような効果は厳しいですが、ムダ毛が気にならない程度に仕上げたり、全体的に薄くすることは可能です。

おすすめの家庭用脱毛器

家庭用脱毛器が気になるという方のために、おすすめの商品を厳選してみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケノン

ケノンは、数ある家庭用脱毛器のなかでも人気がある商品です。

照射レベル調節は10段階で可能カートリッジの種類も豊富で、脱毛器でもクオリティーの高い脱毛が叶います。ケノンの性能を考慮すると、コスパが良い脱毛器といえるでしょう。

美顔カートリッジは脱毛効果だけでなく美肌効果も期待でき、「化粧のりが良くなった」「肌がなめらかになった」などの意見も寄せられています。脱毛しながら肌トラブルをも改善したい、という人にケノンはおすすめですよ。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4x

レーザー専門家によって開発された製品で、脱毛器の中でも珍しい「レーザー式」の家庭用脱毛器となっています。

高い効果に定評があり、定期的に使用すれば、3ヵ月ほどで効果を実感してくるようです。アメリカのFDAに認可を受けているのも特徴で、試してみる価値はありますよ。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4x同様に、レーザー専門家によって開発された製品。

「レーザー式」の家庭用脱毛器で脱毛効果が高く、フラッシュ脱毛にはないパワーを実現しています。照射口が狭い円形となっており、広範囲のお手入れにはあまり向いていません。部分的な脱毛に向いている家庭用脱毛器となっています。

結局は脱毛したほうが良い?

脱毛効果が高いのは脱毛サロン・クリニックです。

「家庭用脱毛器を使ってみたけど、あまり効果を実感できずに使わなくなった」というケースも珍しくありません。

家庭用脱毛器でのお手入れがめんどうで途中で諦める人もいますし、使い続けられる自信がないのであれば、脱毛のプロにお任せするのが一番です。家庭用脱毛器では効果を実感するまでには時間がかかり、お手入れを続けられる人は少ないのですね。

脱毛サロン・クリニックで脱毛を完了させれば、今後自分で処理する手間が省けますし、カートリッジを買い換える必要もなくなります。長期的に見てコスパが良いのは脱毛サロン・クリニックです。

まとめ

「忙しくてなかなか脱毛に通う時間がない…」「脱毛に通うのがめんどう」という方にはぴったりの家庭用脱毛器。「自宅でできる脱毛」ということで、非常に魅力的ですよね。

家庭用脱毛器で脱毛効果を実感するには、根気よくお手入れを続ける必要があります。広範囲のお手入れには「ケノン」が、狭い範囲で使用するには「トリア」がおすすめです。あくまで家庭用なので効果に限界はありますが、ケノンとトリアは口コミ評価も高いため、興味があれば試してみる価値はあるでしょう。

めんどくさがりの人にはあまり向いておらず、「セルフでのお手入れが好き!」という人に家庭用脱毛器は向いていますよ。

家庭用脱毛器の費用や効果を考慮し、「やっぱり脱毛サロンで脱毛しよう!」というのもアリです。慎重に考え、納得できる方法を選んでくださいね。

3000人の経験者が選んだ!
脱毛サロンランキング

1キレイモ

総合評価 4.3
料金・コスパ 4.0
施術 4.1
接客態度 4.4
予約の取りやすさ 4.4
雰囲気 4.3
脱毛効果 4.4

キレイモのおすすめポイント

キレイモは、脱毛効果が高いのがオススメのポイント。脱毛しながらスリムアップができたり、予約が取りやすいのも大きな特徴です。キレイモでは無料カウンセリングを実施していますので、まずは実際に店舗に訪問して、話を聞いてもいいかもしれませんね。

無料カウンセリングに申し込む

2銀座カラー

総合評価 4.0
料金・コスパ 3.9
施術 4.1
接客態度 4.0
予約の取りやすさ 3.8
雰囲気 4.2
脱毛効果 4.0

銀座カラーのおすすめポイント

銀座カラーの予約の取れやすさは、業界No.1と言われています。また、21時まで営業しているのも大きな特徴かもしれませんね。予約をスムーズに進めたい人にはお薦めの脱毛サロンですよ。

銀座カラーの公式サイトで予約

3ミュゼプラチナム

総合評価 3.9
料金・コスパ 4.1
施術 4.0
接客態度 4.1
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 3.8

ミュゼプラチナムのおすすめポイント

ミュゼプラチナムが人気の理由 ◯ 安全、お手頃価格が魅力 ◯ 店舗・売上・満足度No.1 ◯ 両ワキ+VラインはWEB予約でおトク

ミュゼプラチナムの公式サイトで予約

4シースリー

総合評価 3.9
料金・コスパ 3.8
施術 4.2
接客態度 4.2
予約の取りやすさ 3.1
雰囲気 4.1
脱毛効果 4.0

シースリーのおすすめポイント

シースリーは関東を中心に全国的に多くのサロンをもっています。どの店舗も駅から近いので、長く通いやすい脱毛サロンと言えるかもしれませんね。またネットで24時間予約ができるのも利点の一つ。上手に活用してみてください。

シースリーの公式サイトで予約

人気のエステランキング